野菜だけど野菜室に入れちゃダメ!?「カット野菜」のNG保存方法をチェック

2021/03/08

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなど、暮らしにまつわることならなんでもおまかせ!

この記事では、「こまった」を抱える人と、それを解決するプロをつなぐオンラインサービス「くらしのマーケット」さんに、いますぐ役立つ暮らしのテクニックを紹介してもらいます。

カット野菜の保存方法に注意!

何かと便利で、買うことの多いカット野菜。
じつは、普通の野菜とは違う保存が必要だったり…と、意外な注意点があるんです。
今回は、カット野菜を安全に食べるための注意点を紹介します

こんなこと、やっちゃダメ!

×野菜室に入れて保存する
×野菜を洗わずに調理している
×洗ったカット野菜をそのまま冷蔵庫に入れている

どのようにすれば良いか、 チェックしてみましょう。

×野菜室に入れて保存する

野菜室の方が、冷蔵庫内全体の温度より少し高く設定されていることを、知っていましたか?

野菜室は、カットされていない状態の野菜にとって適した温度を維持できます。

ただし、傷みやすいカット野菜は、より温度の低い状態が推奨されているために、冷蔵庫に入れて保存すべきなんですね!

×野菜を洗わずに調理している

「水洗いする必要はありません」といった記載がない場合は、必ず水洗いで汚れを落としてから調理を!

では、水洗い不要の野菜があるのはなぜでしょう?

それは基本的に、包装される前に電解水(人が飲んでも安全な殺菌水)で洗浄されているから、お家で洗浄いらずなんですよ。

×洗ったカット野菜をそのまま冷蔵庫に入れている

洗ったカット野菜を冷蔵保存するなら、水気を拭いてから!

カット野菜に付着した水分を拭き取らず、そのまま冷蔵保存すると…劣化を早めることに。

【番外編】一度で食べきれない…そんな時は

袋から野菜を出し、ジッパー付きポリ袋に入れて、空気を抜いた状態で冷蔵庫に入れましょう!

劣化を早めないように密閉できるものに野菜を入れ、温度の低い状態を維持できるよう、野菜室ではなく冷蔵庫へ入れるのがミソ!

■教えてくれたのは・・・

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のインターネット商店街です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND