そのままレンチンしないで!電子レンジの危険なNG行為まとめ

2021/09/27

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなど、暮らしにまつわることならなんでもおまかせ!

この記事では、「こまった」を抱える人と、それを解決するプロをつなぐオンラインサービス「くらしのマーケット」さんに、いますぐ役立つ暮らしのテクニックを紹介してもらいます。

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンライン...

>>>くらしのマーケットの記事をもっと見る

そのままレンチンしないで! 電子レンジの危険なNGまとめ

おうち時間が増え、家庭で料理をするようになった方も多いのでは?ふだん何気なく使っている電子レンジ、今のままの使い方では危険かも!

今回は、電子レンジを使う時の注意点をまとめて紹介します。

×ソーセージをそのまんまレンチンする

ソーセージなど、薄い膜が表面を覆っている食材をそのままレンチンすると、爆発してしまう可能性があります。

電子レンジではマイクロ波を使って、食材の内側から温めることが原因です。

どうしてもレンチンしたい場合には、ソーセージに切り込みなどを入れ、爆発しないようにしましょう!

×焼き芋を長時間レンチン

サツマイモなどの根菜類には、あまり水分が含まれていません。

水分が少ない状態で長時間レンチンしてしまうと、焦げの原因や、最悪の場合、発火してしまう可能性があります…!

庫内の様子を見ながら、低いワット数でジワジワ温めるようにしましょう。

×ホーローの器でレンチンする

ホーローの器をレンチンすると、火花が散ります!これは、ホーローの素材である金属が原因で、電子レンジのマイクロ波を跳ね返してしまうから。

また、マイクロ波を跳ね返すせいで、中の食材がほぼ温かくなりません。

ホーローの器で温めたい場合には、直火などで!

×庫内が汚れたままレンチンする

庫内に食材の飛び散りなどがついた状態で、レンチンしていませんか?そのままでは、発火する恐れが!

というのも、電子レンジのマイクロ波が食材のカスに集中して反応してしまう可能性があるから。

また、効率よく食材を温めるためにも、庫内の汚れは普段から拭き取っておきましょう。

■教えてくれたのは・・・

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のインターネット商店街です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND