青い空のバックグラウンドと一緒に小指を持つ男と女

「セックスレスだけど夫婦円満」な友達夫婦が抱える危険性

2019/05/05

セックスレスと聞くと冷めきった夫婦関係を想像しがちですが、実際には「なかよし夫婦だけどセックスレス」というケースも意外と多いそうです。夫婦関係が良好なら問題ないようにも思えますが、実際にはある危険性をはらんでいるんだとか……。夫婦関係のスペシャリストである「恋人・夫婦仲相談所」の所長・三松真由美さんに解説してもらいます。

「セックスレスでもなかよし!」な夫婦、将来は想像できてる?

男女間の問題
LittleBee80/gettyimages

セックスレスという言葉をメディアで目にするようになったころから夫婦仲相談所でセックスレス問題に悩む方々と向き合ってきました。

日本性科学会がセックスレスの定義をつくった1994年は、日本の景気が本格的に下向きになってきた時期にも重なります。そして年月が流れ、国がバックアップしてセックスレスに関する調査を実施するようになりました。「セックスレス夫婦、過去最高の47.2%」という数値を聞いたことがある人もいるでしょう。しかし、それ以上に筆者が驚かされたのは、出生動向基本調査の「彼氏がいない女性60%、彼女がいない男性70%」というデータでした。

コミュニケーションの苦手な男女が運よく結婚できたとして、究極のコミュニケーションであるセックスを継続することができるのか!?と。

実際、20~30代前半の夫婦からは「なんでセックスしをないといけないんでしょうか。子どもができたら、もうしなくていいでしょ?」「家族をつくるための結婚だから、性愛はなくていい。友だち夫婦がラクでいい」「セックスレスでもなかよしならいいじゃないですか」「夫も妻もセックスが苦手なら、そのままでいいと思います」「セックスより楽しいことがあります」などの言葉を聞きます。

今が平和ならもちろんよしです。しかし、現時点で「セックスレスでもなかよし!」であるからと言って、将来の2人を想像しないことは危険です。

人間の性欲求は経年により株価のように変動します。いや、経年のみならず、環境の変化も関係します。女性の場合は月経、妊娠、出産などでホルモン値も変動するので、セックスの捉え方も連動します。

突発的に起こり得る性的事象も性欲変動の原因になります。男性の場合、出張先の繁華街でかわいい笑顔の女性に、それ系の店に引っ張り込まれて別世界を体験してしまったとか。女性の場合、ママ友会でお酒が入り「最近の寝室事情暴露会」となり、ママ友たちが意外にしてることで気分が高騰したとか。好きだったイケメン俳優が出演している映画を観たらR18の性的描写が多く、その俳優と抱き合う夢を見るようになったとか。

何かのきっかけでジワっと蘇る性的欲望。

年齢を重ねるにつれ、ものの考え方が変わってゆくように、セックスの捉え方も変わってきて当然です。

さて、そのときどうする?

友だち夫婦の3大特徴とその危険性

関係の問題
KatarzynaBialasiewicz/gettyimages

夫婦仲相談所で聞くミドル女性のセックスレス相談は切羽詰まった悲しみを感じます。子どもが生まれてから20年以上のセックスレス。家族のために必死で切り盛りしてきたけれど、子どもが独立して自分を見つめる時間ができた。白髪やシワが増え、骨ばったボディラインに落ち込み、さらに夫に20年間女性として見てもらえなかったと気付づき涙が止まらない。

50代以上の女性では閉経・更年期症状を突きつけられ「女性として輝く瞬間の終焉」を感じるかたもいます。最近は40代のセックスレス女性が増加し、せまりくる更年期の前に焦ってしまい、恋愛やセックスに意識が向くかたもいます。

「時すでに遅し」と将来思い悩まないためにも、「セックスレスでもなかよし!」な若い夫婦は、性の欲求は変動するからアイドリングしておこうと、寛容な気持ちになることをおすすめします。

子育てに一生懸命な若い世代が「なかよしだからセックスなんかいらない」と思うのはいいですが、「いつまでもいらないってことはないかも」という意識は忘れないでください。

なかよしセックスレス夫婦は、一般的に“友だち夫婦”と呼ばれています。手をつないでデートもするし、楽しい会話もある。お互いの生き方を認めている。そんな友だち夫婦の3大特徴を挙げてみます。

友だち夫婦の3大特徴

特徴1:妻と夫はライバル
同じように仕事をして稼ぐ。自立した2人は家事も子育てもフィフティフィフティ。行動を束縛しない分、お互いに妥協点は見つけにくく、干渉しあわない自由を愛します。自分の理想像にリーチするまで各自でがんばる、ライバルのような関係です。

 
特徴2:妻は夫のママ
まさにプロデュース妻。妻が家庭をチャキチャキ仕切ってくれて夫は楽チン。女性上位のほうが家庭はうまく回るとすら言われていますので、いい面もあります。夫は指示待ちしてミッションをこなせば家族円満。頼りがいがある妻は、気持ちの安定を与えてくれます。

特徴3:お互い本音を探らない
友だちですから、相談をされれば向き合いますが、あえて本音を探ったり、気持ちの中を覗いたりはしません。泥試合は避けます。夫が(妻が)何か悩んでいる、隠していると気づいても「あっちから言うまで待てばいい」と待ちます。個を大切にする。自分のことも干渉されたくないので、いざこざを避けて淡々と時が流れます。


この3大特徴こそが、セクシースイッチをオンにすることを妨げる原因なのです。

お互いに気づかいしすぎて、本音を聞くのを避けることはセックスにとってご法度。究極のコミュニケーションだからこそ、何が苦手で何が好きで、何に性的魅力を感じるのかを聞き出したり、相手の顔つきや肌の状態から汲み取ったりしなければなりません。性的欲求の本音をそっとしておいて、上等のセックスができるわけがありません。

結果、友だち妻(夫)とのセックスが楽しくないから、しなくていいや……となります。

レスでもなかよしの友だち夫婦は、性の欲求の変動を見据えておかなければ、どちらか一方に「このまま終わりたくない」感情が芽生えたときがやっかいです。

10年以上性的接触がない夫婦に、改善方法を尋ねられますが、正直なところ「時すでに遅し」です。ひと筋縄ではリカバリーできません。帰宅拒否夫、浮気、熟年離婚など目に見えるリスクだけでなく、前述のような「夫に女性として見てもらえなかった恨み」からイライラしたシニア妻になったり、定年後、家にいる夫を疎ましがったり。

熟年夫婦のいがみ合いは、日々聞こえてきます。そのいがみ合いの原因のひとつとして、かつての「友だち夫婦だった時代」が関係していることは少なくありません。

セックスはコミュニケーションの一環と捉えましょう。面倒くさい行為という概念を捨て去り、自分たちならではの面倒くさくないアイドリングを考えてみてください。30代でセクシースイッチに切り替える方法を知っておくことこそ、100歳になるまでラブラブ夫婦でいることができる秘訣です。


◆監修・執筆/三松 真由美
会員数1万3000名を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」所長として、テレビ、ラジオ、新聞、Webなど多数のメディアに出演、執筆。夫婦仲の改善方法や、セックスレス問題などに関する情報を発信している。『堂々再婚』『モンスターワイフ』など著書多数。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND