動揺カップルの議論

「妻の年収>夫の年収」になった夫婦に起きることとは?

2019/12/17

共働きが一般的になった現代。妻の収入が夫の収入を超えるケースもあるでしょう。しかし、そのような状態になったとき、夫婦間に「ある不幸」が生まれてしまうのだとか。「恋人・夫婦仲相談所」の所長である三松真由美さんに解説してもらいます。

妻の年収が増えるのは夫にとって苦痛!?

筆者は「妻が稼ぐ夫婦は、夜の営みも半減する」という認識を長年持ち続けていました。ただそれを実証するためには膨大な調査が必要になるので、寄せられるお悩み相談を聞いていておぼろげに考えていたのです。

しかし先日、この筆者の考えを実証する調査結果を元にした記事を読みました(※)。いわく、妻の収入が世帯収入の40%を上回ると、夫はそれを苦痛に感じるのだそうです。記事の内容を要約すると、妻が無職で夫が家計を支えている場合、夫はストレスを感じるが、妻が働き始めるとストレス軽減する――しかし、妻の収入が世帯収入の40%を超えるとまたストレスが増加する、というものです。

この記事を読んで、自身の認識に間違いがなかったことを確信するとともに、約20年前に夫婦仲相談所へメールで届いた、A子さんの話を思い出したのです。

◇◇◇
私はフルタイムで働いています。子どもができても仕事は続けると決めた上での結婚です。夫とはなんでも話し合うようにしています。おかげで家事協力も、育児への参加もまったく不満はありません。やさしいし、気がきくし満点の夫です。

でも、一昨年からセックスレスです。寂しいのでこちらから誘いますがはぐらかされます。これも話し合いの議題に挙げてみたのですが、疲れてるからなど当たり障りないことを言って、理由を明らかにしてくれません。

ひとつ思い当たることがあるとすれば、私が会社で昇格し給与が大幅に上がったことです。50万くらい夫の年収を超えました。そのときにふざけて「おごってあげるよ」とか言ったことがよくなかったのかもしれません。私のほうから夫に謝ったほうがいいでしょうか。
◇◇◇

当時は「妻が夫より昇格したからセックスレス」という事例はほとんど聞いたことがなく、筆者は「男性のプライド問題なのかな?」と考えていました。しかし、似たような相談は以降も続くことに。給与だけでなく、役職が付いた、海外転勤を命じられた、エリート部署に異動が決まったなど……あきらかに社会的に妻が脚光を浴びる地位に上がった状態でのセックスレス相談の可能性です。

そして、前述のとおりそれは数字のうえでも証明されることになりました(記事ではセックスレスに触れてはいませんが、夫がストレスや苦痛を感じながら妻と営むことができるか、と言えばNOでしょう)。

なぜ、夫は苦痛に感じるのか?

人間関係の問題を考慮したイライラの夫のクローズ アップ
fizkes/gettyimages

苦痛を感じる男性の気持ちを推し量るとこんなロジックになるのでしょうか。

「妻のほうが俺より稼ぎ始めた」
 ↓
「妻のほうが俺より能力が高い」
 ↓
「妻のほうが社会的に認められている」
 ↓
「俺は妻よりダメじゃないか」


夜の営みは、古来から男性が女性を誘う、リードする、オーガズムに導く、というパターンが典型的です。時代とともに平等意識が高まり、女性から誘う、女性の意のままに営む、女性だけがオーガズムに達するパターンも出てきましたが、男性側の意見を聞くとやはり「ベッドの上では主導権を取りたい」と考える方が多数です。

よって「妻より稼げない俺」がベッドで主導権を取れるかというと、心理的にちょっと……という状態に陥る。「あんた、何偉そうにしてんのよ、稼ぎが少ないくせに」と妻に思われてるのではないかというプレッシャー。これが苦痛の原因ではないかと筆者は推測します。

夫の収入を超えたとき、妻はどうするべきか……

間のカップル
Ridofranz/gettyimages

さて、結婚してからも仕事を続ける女性が増加中の昨今、A子さん夫婦のパターンは間違いなく増えるでしょう。同じ会社で妻が上司、夫が部下という構図もあるかもしれません。

そう言えば、収入の高いキャリア女性が、アルバイトの男性と恋愛し「私が養う」と決めた話を聞いたことがあります。その夫婦は子どもが生まれると、夫は家のことを全部こなし、いまだラブラブなんだとか。筆者のまわりの女性起業家、漫画家、お店のオーナーなども家事をこなし、家を守ってくれるやさしい夫のことをのろけています。

つまり夫が最初から「うちの妻は、仕事バリバリで稼いでくれてかっこいい」と思っているのであれば、苦痛を感じることもなく、結果、収入格差によるセックスレスは回避できる。

しかし、そういったケースは稀。では、もし夫の収入を超えそうになったとき、妻はどうすればいいのか?

男性はプライドが傷つくと、一番先に夜の営みのモチベーションが下がります。それを考慮して、ふるまわなければなりません。

昇進したけど、あなたが頼り。
あなたのおかげでがんばれた。
家ではあなたが一番上のポストにいる。
あなたがいないと私はダメになっちゃう。
あなたが気持ちよくさせてくれる夜の営みが好き。
etc

……このレベルの「あなたがいてこそ幸せな私」をアピールするしかありません。

もちろん妻からすれば、それこそ自身のプライドが傷つく行動であり、それは否定できません。しかし、円満な夫婦関係を維持するためには、どちらかが大人になるしかないのです。それに、もし妻の態度を受けて夫がやる気を出し、収入が増えるようであれば、万々歳ではありませんか。


◆監修・執筆/三松 真由美
会員数1万3,000名を超えるコミュニティサイト「恋人・夫婦仲相談所」所長として、テレビ、ラジオ、新聞、Webなど多数のメディアに出演、執筆。夫婦仲の改善方法や、セックスレス問題などに関する情報を発信している。『堂々再婚』『モンスターワイフ』など著書多数。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND