ズボラママが初めて1週間キレイをキープ!超カンタンな「7つのルール」大公開

2019/07/13

片づけが苦手で、部屋がいつもごちゃっとしている……。そんなお悩みをお持ちの方は、今回ご紹介する「家をキレイにする7個の習慣」を試してみてはいかがでしょうか。実際に片づけ苦手ママが1週間やってみたところ、驚くほど部屋がきれいになったんです!具体的にどのようなことを行ったのか見てみましょう。

<試してみた人>
サンキュブロガー 涼さん(島根県 31歳)
夫、長男(6歳)、長女(3歳)の4人家族。フルタイム勤務。「片づけたい気持ちは強いので、片づけ本を読んだり夫と担当分けをしたりいろいろ工夫してます! ただ、片づかないんです(涙)」

1 起きたら、まず窓を開ける

朝が弱いので、寝起きはいつもついダラダラ。でも、カーテンを開けると「よし、やろう!」とスイッチが入り、一気に朝食やべんとう作りに向かう気持ちになれました。

2 水きりカゴをからにする

水きりカゴに食器がたまっていると、料理中ちょこちょこ洗いができずどんどんカオスな状態に……。この習慣のおかげで、料理も片づけもスムーズにできるようになりました!

3 出かける前に整える

「リモコンをテーブルに戻す」ルールから始めて、最終的にはテーブル全体を片づけて出かけるように。目につく場所が整っているだけで、帰宅後の気持ちが全然違いました!

4 洗面台はついでに拭く

1日目は少ししっかりと掃除。2日目、朝晩の歯みがき中についで掃除をすると、汚れがたまっていないので気になった所を手でこするだけでキレイに。「ついで」でキレイが続くなんて感動!

5 座らない

「一度座ると動けない」、これは前から感じてました。なので、やり始めは「座らない、座らない」と唱えて奮闘(笑)。4日目にはすぐごはんを作るクセがつき、夕食時間も早められるようになりました。

6 食事の前にテーブルを片づける

3の「外出前のテーブル片づけ」を始めて、ふだんから物が置いてあることが減りました。スッキリに慣れたのか食事の前は、子どもたちがおもちゃを片づけてお手伝いもしてくれるように。

7 食後に床をリセット

食後、掃除機をかけるのは面倒なので、ティッシュでテーブル下をサッと拭くことに。それだけで、翌日から床のホコリが減ったのを感じました。

1週間やってみた感想

今まで週末は「夫が子どもを外に連れ出し、私が家でまとめ掃除」をしていました。でも、ふだんから片づいていると平日にちょこちょこ掃除をする気持ちになり、週末の掃除が不要に。家がキレイになって、家族も喜んでいます!

参照:『サンキュ!』7月号「家中スッキリが続く7個の習慣」より。掲載している情報は19年5月現在のものです。構成・文/出下真紀 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND