片づけのプロがキッチン収納を見直したときに”捨てたもの”ベスト3

2021/08/06

キッチンが使いにくい、調理や片づけに時間がかかってしまうなどのお悩みはありませんか。その場合はまず収納の中身を見直してみることが大事。

今回は主婦がラクするための片づけ術と家事アイデアを得意とする整理収納アドバイザー、たけうちゆうこさんに「キッチン収納を見直す際に捨てたものベスト3」を教えてもらいました。

「くらしとこころ ここちよく」を軸にした、自宅で家族と快適に過ごすための片づけ術や、家事アイデアが人気の整理...

>>>たけうちゆうこの記事をもっと見る

第3位 調理器具

ステンレス鍋のセットし、木製白地ガラス蓋付きパン
Bet_Noire/gettyimages

おたまやフライ返し、トング、菜箸など、収納を見直したときに思いのほかたくさん出てくるのがキッチンツール。たくさん持っていても使っているのは決まったものばかりではありませんか?

また、鍋やフライパン、調理家電なども使われていないものが収納の奥に眠っていることがよくあります。1年以上使われていない場合は処分を検討しましょう。

使われていないものには必ず理由があります。ステンレス製のフライ返しはフライパンが傷ついてしまう。土鍋は重くて洗うのも大変。ブレンダーは部品が細かくて洗いにくくて使うのがめんどうになった、など。

使えるものであっても「今」使いたいかどうかを基準にすることが大切です。

第2位 食器類

ホワイトの陶器のスタックを嗜む、グリーンのボウル
Martin Poole/gettyimages

食器類は壊れない限り捨てることがほとんどないので、どうしても増えてしまいがち。

ポイントを集めてもらったお皿、実家から持ってきたマグカップ、引き出物でもらったティーセット、100均でかわいいと思って買った豆皿などがスペースをとっていませんか。

「なんとなく」ではなく「好き」という理由で食器を選ぶと食器棚の中がスッキリします。一度にやるのは難しいので、じっくり食器と向き合う時間をつくってみるのもいいかもしれません。

番外編:収納グッズ

汚い汚れたキッチン
saruservice/gettyimages

第1位、の前に番外編。

番外編は収納グッズです。収納の見直しをすることで多くの場合収納グッズが不要になります。収納スペースを有効に使うためのコの字ラック、キッチンツールを吊るすためのフックや仕切りとして使うプラスチックのボックスなど。

収納に対してものが適正な量であれば、収納スペースを増やすための収納グッズは処分しても問題ありません。

第1位 食材

パントリーの食品貯蔵、手に砂糖の瓶を持つ女性。
Valeriy_G/gettyimages

そして第1位はやはり食材です。こちらは賞味期限があるので捨てるか捨てないかが明確。

パントリーに眠っている大量のストック食材、冷蔵庫の奥にあるいつからあるか分からない調味料、一つ一つチェックしていくと賞味期限が切れてしまっているものが出てきます。

賞味期限切れは食品ロスにつながってしまいます。食品ロスを出さないためには、自分が管理しきれる量の食材しか持たないということが大切です。スーパーで安かったから、いつか使うかもしれないから、たくさん持っていた方が緊急時には安心だから、そんな理由でたくさんの食材を抱え、結局管理しきれず賞味期限切れで捨てる。

そのようなケースは少なくありません。自分の管理しきれる量を見極め、たくさんのものを管理できないタイプであればあまり多くの食材を持つのはおすすめしません。


以上が片づけのプロがキッチン収納を見直したときに"捨てたもの"でした。

キッチンがスッキリしていると調理や片づけがサッと済ませることができます。散らかった収納を見てみないフリをせず、引き出し一つ、棚の1カ所から始めてみてはいかがでしょうか。



■執筆/たけうちゆうこさん…「くらしとこころ ここちよく」を軸にした、自宅で家族と快適に過ごすための片づけ術や、家事アイデアが人気の整理収納アドバイザー。インスタグラムは@yuko_ismart

編集/サンキュ!編集部

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND