女性 ドロップにガラスの瓶硬貨

2年で500万円貯めた貯蓄上手さんが実践する節約・貯蓄テク4選|貯金のために意識して行うべきこととは

2021/06/26

節約が長続きせず、貯蓄を諦めてしまった人は多いのでは?そこで今回は、2年で500万円貯めた貯蓄上手さんが行っている、節約・貯蓄術をご紹介します。簡単にできるものもあるので、ぜひマネしてみてくださいね!

貯金専用口座をつくって先取り貯金をする

机の上で通帳を開こうとする若い女性
west/gettyimages

元々は浪費家だったというちぃこさんは、先取り貯金を始めたことで貯金できるようになったそうです。方法は、貯金専用口座に毎月お金を入れるだけと簡単。一定の金額が強制的に貯金にまわるため、残った予算でやりくりする方法が身につくといいます。今ではこの方法で、年100万円以上貯められているのだとか。

週1回家計簿で使ったお金のふり返りをする

出典:サンキュ!STYLEライターちぃこさん

今まで記入だけで満足していた家計簿を、週1回のムダづかいのチェックと、前月のお金との増減を比較できるよう使い方を変えたというちぃこさん。使ったお金を数値化してふり返ることで、自分のお金の使い方のクセや改善点を把握できるようになったといいます。おかげで、貯蓄額も増やせたそうですよ。

好きなことは積み立て貯金で楽しむ

sutlafk/gettyimages

ちぃこさんは節約疲れをしないよう、旅行などの好きなことはできるだけ我慢しないそうです。毎月計画的にお金を積立てておけば、ムダづかいせずにレジャーを楽しめるのだとか。クレジットカードのポイントが使える宿泊予約サイトや、タダで楽しめる工場見学などを積極的に取り入れることもポイントだといいます。

自分だけの買いものリストをつくって衝動買いを防ぐ

出典:サンキュ!STYLEライターちぃこさん

ふだん買うべきものやほしいものを、ノートにリストアップしてから買いものに出かけているというちぃこさん。ほしい理由や値段を書き出し、本当にほしいのかどうかをじっくり考えることで、自分に本当に必要なものが見えるようになったといいます。衝動買いやムダ買いも防げるようにもなったのだとか。

日ごろのお金の使い方や貯金の仕方を少し工夫するだけでいいので、どれも取り入れやすいのではないでしょうか?みなさんも今回ご紹介した節約や貯蓄術を参考に、楽しく計画的にお金を貯めてみてくださいね。

(参照: サンキュ!STYLE
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ポイントの獲得には条件があります。詳細は各社のホームページなどをご確認ください。
※ご紹介しているアプリの情報は個人的見解です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND