キャッシュレスでもっとお得に!3つの基本ワザ

2019/05/11

最近話題の「キャッシュレス化」。クレジットカードや電子マネーなどで買い物をすると「ポイントが貯まってお得」という話を耳にしますが、キャッシュレス決済でいかに得するかは「ポイントのため方」にあるんです。よりポイントを増やすためのワザを専門家に聞きました。

<教えてくれた人>
菊地崇仁さん
ポイント情報サイト「ポイ探」を運営。80枚以上のクレジットカードを保有し、特典やポイントに精通する第一人者。自身も、ポイ活で年間10万マイル以上をためている。

得ワザ1 ポイントを二重取り

共通ポイントのカード(またはアプリ)をレジで提示すれば、キャッシュレス決済でたまるポイントとは別に、共通ポイントも二重にためられます。店舗やネットによってはポイントアップデーなどもあるので、その時期を狙って買い物するとさらにお得!

■ポイントの二重取りで得をするためには……
・今ためているポイントを一覧にしてみる
ポイントカードやクレジットカードを一覧にし、どのくらいポイントがたまっているか、実際どこで使うかをチェック。あまり使わないポイントや特典なら、管理の手間が増えるだけなので手放してOK。

・ポイント還元率は、「どこで使ってもお得か」で比較する
クレジットカードのポイント還元率は高いほどお得。一般的には、年会費無料で〝常に1%還元〞が目安に。特定の店舗以外は還元率が0.5%になる場合もあるので、自分がどこでよく使うか見極めましょう。

・年会費がかかるカードは元がとれるか確認する
年会費が必要なカードは、いくら使えば年会費分のポイントがたまるか計算してみて。1%還元で年会費2160円なら、年間約22万円使わないと赤字に。もし、元がとれないカードがあれば解約するのがベターです。

得ワザ2 ポイントはメインを決めて集中

どんなにポイントをためても、結局使わなければ宝の持ち腐れになってしまいます。最終的にどこでポイントを使いたいかを考えて、そこから逆算してポイントを選ぶことが大事。1つか2つに集約すると効率よくためられ、お得な情報も集めやすくなります。

得ワザ3 共通ポイントとの連動性を生かす

共通ポイントは、それぞれ対象店舗や相性のいいクレジットカードが異なります。ネット通販、コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど、自分がどこをよく利用するか考えて、クレジットカードやポイントを選ぶとより効率的!

*ここに注意!
ポイントには有効期限があります。それを逃すと、せっかくためてもムダに。アプリやWeb明細で、ポイントの有効期限や残高を確認する習慣をつけ、期限が迫ったものから優先的に使うようにしましょう。

参照:『サンキュ!』5月号「初めてのキャッシュレス生活 完全ガイド」より。掲載している情報は19年3月現在のものです。イラスト/辻本真美 構成/宮原元美 取材・文/大上ミカ 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND