健康的なライフ スタイルのコンセプト。痩身

4カ月で-10kg達成!腸内環境を整える腸痩せダイエット

2019/12/19

多くの人が悩む、産後のダイエット法。しっかり食べながら健康的にやせるには、どうしたらよいのでしょうか?今回は、腸内環境を整えることで産後-10kgの減量に成功した、腸痩せダイエットインストラクターの女性をご紹介します。

産後ダイエットで10kgの減量に成功!

出典:Instagramアカウント「choyase_aya」

第一子の出産後ダイエットに挑戦し、10kgの減量に成功したchoyase_ayaさん。当初は糖質制限をおこなっていましたが、便秘や生理周期の乱れなどに悩んだことをきっかけに、本格的な腸活をスタート。現在は腸痩せダイエットインストラクターとして活躍しています。彼女が実践する、腸を整えるための食事や習慣を見ていきましょう。

食物繊維をたっぷりとれる混ぜご飯

出典:Instagramアカウント「choyase_aya」

栄養バランスがよく、食物繊維もたっぷりとれる混ぜご飯レシピ。鶏胸肉またはささみ、人参、ごぼう、こんにゃく、油揚げ、レンコン、キノコをみじん切りにします。弱火で蒸し焼きにし、だしと醤油麹で味つけをしたら、ご飯に混ぜ合わせて完成。混ぜご飯は、できあがりの味やご飯の量を好みで調整できるなど、メリットが多いのだそう。

野菜たっぷりのみそ汁で腸活

出典:Instagramアカウント「choyase_aya」

腸活に最適なみそ汁は、ほぼ毎日飲むようにしています。朝に飲むと、体が目覚めてポカポカ温まっていくのだとか。野菜をたっぷり入れて具だくさんにすると、うまみが増してだしを入れなくてもおいしく食べられるといいます。みそを数種類ブレンドするのもおすすめです。

おから蒸しパンをパフェにアレンジ

出典:Instagramアカウント「choyase_aya」

ダイエッターに人気のおから蒸しパンをパフェにアレンジ。つくり方は、豆乳ヨーグルト、冷凍ベリー、カカオニブ、ココア味のおから蒸しパンをお皿に盛るだけ。酸味と甘さがほどよくミックスした、罪悪感なく食べられるスイーツです。果糖が少なく脂肪になりにくいベリー類、植物性乳酸菌がとれる豆乳ヨーグルトをチョイスするという工夫も◎。

睡眠時間も意識してダイエット

寝室
byryo/gettyimages

腸の調子を整えるために、睡眠時間も意識。1日6.5時間から8時間の睡眠がとれるように、起床時間と朝食を食べる時間から逆算して就寝時間を決めています。寝る30分前には携帯の使用を控え、脳をリラックスさせることで、睡眠の質もアップ!よい睡眠をとることで、脂肪燃焼効果も期待できるそうですよ。

腸内の環境を整えれば、便秘、下腹ぽっこり、肌荒れなど、さまざまな悩みの解消につながっていくといいます。せっかく痩せるならば、体の健康も維持したいところ。体質改善に興味のあるかたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND