ジーンズや黄色ピンクの背景のベルトではなくテープを測定します。減量、ダイエット、デトックス、細いウエストの概念

リバウンド知らず?しっかり食べて痩せるダイエット

2020/01/29

せっかくダイエットに成功しても、リバウンドで積み重ねた努力がふりだしに……。そんな悲劇を起こさないためにも、しっかりとした食事管理が大切です。今回は、菅理栄養士の女性が実践している、リバウンドしない食生活のコツをご紹介します。

リバウンドしないダイエットで常に美しく

出典:Instagramアカウント「emi.i0304」

リバウンドしないダイエットをサポートしている管理栄養士のemi.i0304さん。食べることを我慢せず、1日3食しっかりと食べ、野菜や水分もとるように心がけています。また、自分の食欲を自分でコントロールできるよう、加工食品や食べ物の偏りはなるべく避け、自炊するようにしているそうです。

1日に食べるべき野菜の目安は?

出典:Instagramアカウント「emi.i0304」

1日の目安として、両手に3杯の野菜を食べることを目標にしています。味噌汁や炒め物、お浸し、サラダなど食べ方はさまざま。ただし、サラダとして食べるときは、ドレッシングのかけ過ぎには要注意!野菜だけを食べるのではなく、肉やご飯などをバランスよく食べることも大切ですよ。

ビタミン摂取も忘れない!栄養フルコース型朝食

出典:Instagramアカウント「emi.i0304」

この日の朝食は、栄養フルコース型のワンプレート。糖質・たんぱく質・野菜はもちろん、果物と乳製品でさらに栄養素をプラス!ビタミンは毎食摂取することが理想です。

ダイエットに最適のヘルシーベジカレー

出典:Instagramアカウント「emi.i0304」

夕食に、雑穀米でベジカレーをつくりました。お肉の代わりに厚揚げを使い、スパイスから手づくりしたカレー粉・みそ・しょうゆ・しょうが・酢・トマトピューレで味つけ。重ね煮で野菜に火を通せば、油も不使用のヘルシーメニューに♪

お惣菜を選ぶときに気をつけたいポイント

出典:Instagramアカウント「emi.i0304」

いそがしい日は、夕食のおかずにお惣菜を買うこともありますよね。そんなときは、刺身・焼き魚・煮魚などの魚類、サラダ、煮物の盛り合わせといった、なるべく余分な油脂をとらずにすむメニューを選ぶようにしています。サラダにはツナ缶をのせてアレンジすれば、たんぱく質も補えて◎。

ちょっとした意識で実践できそうな、太りにくい食生活のコツをご紹介しました。あわせて、適度なトレーニングで筋力をつけることも重要とのこと。毎食しっかりと栄養のある食事をとりながら、リバウンドしにくい体をつくっていきましょう!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND