自粛生活で下腹が…アラフォーヨガ講師が実践している「下腹ぽっこり撃退」宅トレ

2020/05/12

不要不急の外出を控えた生活が続き、運動不足やストレスからくる暴飲暴食による体型の変化が本格化してきている人も少なくないかもしれません。そもそもアラフォー世代というのは代謝の低下から体型が変わりやすいお年頃……。

「下腹なんか、常にポッコリしている」というそこのあなた。

体型の崩れとは無縁に思えるヨガインストラクターの高木沙織さんも、自粛期間中に下腹ポッコリになってしまったそうですが、次の“宅トレ”で引き締めたと言います。

リビングで気が向いたときに「下腹引き締めエクササイズ」

今回おこなうエクササイズは、特別な道具は不要。思い立ったときに自宅のリビングなどで気軽に取り入れられます。

(1)ひざを立てて座り、両手をお尻のうしろにつく
→指先は自分のほうに向ける
→背筋は伸ばしたまま

(2)上半身をややうしろに倒してひじを曲げ、ひざを伸ばして足を床から持ち上げる

(3)ひざを曲げ、太ももをお腹に近づけるように引き寄せる
→へその辺りに力を入れておこなう

「引き寄せる」~「ひざを伸ばす(2)の姿勢」を足を下ろさずに30回。

もし、このエクササイズがキツく感じたら、次の写真のように片方ずつ交互にひざを曲げておこなってもよいです。

反対に、余裕がある人は、ひざを曲げた状態で足を右側・左側のそれぞれに向け、腹部のサイドにも利かせてみてはいかがでしょうか。

ねじっている間はゆったりとした呼吸を繰り返し、90秒キープします。

もちろんすべてのエクササイズをおこなっても、何種類かを組み合わせておこなってもOK。

筆者はリビングでテレビを見ながらすべてのエクササイズを2セットずつおこなっていますが、1週間ほど続けた頃から効果を感じられるようになりました。
※ 個人差あり

終了後はじんわりと汗がにじみ、腹部に心地よい疲労感を感じられるでしょう。「今日は運動をした!」という達成感も得られて、体への意識も高まるはず。

もともと下腹ぽっこりが気になっていた人も、外出自粛期間中に体型の変化があらわれ始めてきた人も、自宅でのちょっとした時間に試してみてはいかがでしょうか。

教えてくれたのは・・・

高木沙織さん

ヨガインストラクター/ライター。骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスを得意とし、体の内外から美しさをサポートする。「美」と「健康」には密接な関係があることから、野菜や果物、雑穀に関する資格を複数所有。スーパーフードにも造詣が深く“スーパーフードエキスパート”としてイベント講師も務める。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND