和食の朝食

夕飯が楽になる、子だくさんママが考案する献立とは!?

2019/07/02

毎日の献立を考えるのは大変なことですよね。7人の子どもがいるワーママの2525mitsucoさんは、献立の立て方が上手です。毎日の夕飯づくりが楽になるような、献立を考えるコツについてまとめました。

週の頭に5日間の献立を決める

和定食。
Hiromi Kudo/gettyimages

2525mitsucoさんは、週の頭に平日の献立を決めるようにしています。とくにいそがしい日は「時短メニュー」と献立を最初に決めて、週に1度はヘビロテメニュー、新メニューを入れるようにしています。残りの2日は、子どもの好物や季節のもの、決まらないときは肉野菜炒めと決めているのだとか。これで簡単に1週間の献立が決まりますね。

時短には肉野菜炒め

沖縄料理、ゴーヤと豚肉の炒め揚げ
jreika/gettyimages

2525mitsucoさんはバタバタといそがしい日には、時短メニューとして肉野菜炒めをつくっています。朝のうちに肉と野菜をボールに入れてタレに漬け込んでおき、夜は焼くだけです。ボリュームもあり、いっしょに野菜も食べることができるので、あとはお味噌汁があれば十分なのだとか。味つけを変えれば、飽きることはないそうですよ。

風邪が流行っているときの献立

出典:サンキュ!ブロガー2525mitsucoさん

家族の間で風邪が流行っているとき、感染を防ぐために2525mitsucoさんは献立に工夫をしています。大皿からみんなで取り分けるようなメニューは避けて、マスクをしていない時間を短くするためにも、短時間で食べれるように丼ものや一皿のメニューをメインにしているのだとか。

出費のあとは冷蔵庫の整理メニュー

カレーライス
flyingv43/gettyimages

2525mitsucoさんは出費が多かったイベントのあとの1週間の夕ご飯は、冷蔵庫の整理メニューにしています。カレーの次の日はカレードリアにするなど、食材をムダにしません。カレーは玉ねぎをすりおろして入れるとおいしいのだとか。冷蔵庫の残りもので立てた献立でも、工夫次第で満足できる夕ご飯になるようですね。

疲れた日の超簡単メニュー

出典:サンキュ!ブロガー2525mitsucoさん

2525mitsucoさんが、疲れて帰った日は包丁を使わない簡単メニューをつくります。おすすめは、高菜とご飯を炒めて塩こしょうと醤油で味つけするチャーハン。チーズや明太子を入れても合うようです。本当に「なにもつくりたくない!」という日は、海苔にマヨネーズとしょうゆを塗ってご飯を巻く、セルフ海苔巻きもおすすめだそうです。

大家族ならではの工夫がこらされた献立は、わたしたちの日々の献立に生かすことができそうですね。簡単で、子どもたちが満足できるような献立という点もいいですよね。日々の献立が楽になるように工夫しみましょう。

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND