なんと「パンに水」!冷凍のパンに"もちふわ"を取り戻すひと工夫

2021/02/22

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなど、暮らしにまつわることならなんでもおまかせ!

この記事では、「こまった」を抱える人と、それを解決するプロをつなぐオンラインサービス「くらしのマーケット」さんに、いますぐ役立つ暮らしのテクニックを紹介してもらいます。

ひと工夫でもちふわが取り戻せる!

パンって、冷凍したらしなっとする…。まあ、我慢するしかないのかなあ。

いえ、我慢しなくてイイんです!あるひと工夫だけで、冷凍前のパンの食感を取り戻しましょう!

今回は、冷凍したパンでも美味しく食べられるコツを紹介!

冷凍したパンを美味しくするには

2つのポイントがあります。

①乾燥したパンに水分を含ませる
(冷凍したパンは、作りたてから時間が経過し、乾燥してしまっています。)

②パンを高温で一気に焼き上げる
(余計な水分だけを一気に飛ばすことで、カリッとした食感に!)

【ポイント1】乾燥したパンに水分を含ませる

①パンを冷凍庫から取り出し、10分ほど常温で自然解凍する
②パンを流水にサッとくぐらせて、表面を少々濡らす

(水分が抜けて乾燥した状態のバゲットに水分を含ませましょう)

【ポイント2】パンを高温で一気に焼き上げる

③200℃で3分程、トースターを予熱しておく
④アルミホイルでパンを覆い、200℃で3分を目安に加熱する

(熱を通しやすいアルミのおかげで、加熱のムラがなくなります)

フワッとしているのに、サクッとした食感もあって…安いジャムでも美味しく(笑)

もっとパンをフワッとさせるには、鍋で蒸すべし!

蒸すことで、失われていたパンの水分が隅々まで補われ、フワッと蘇ります!

(先ほどの①②の代わり)
①水をはった鍋の中に、逆向きでザルを入れ、その上に耐熱皿を載せる
②皿の中にパンを入れ、そのまま沸騰させたら、蓋をして2分ほど放置する

【番外編】パンは冷蔵よりも冷凍庫がベター!

パンの主成分であるデンプンは冷蔵庫の温度帯で劣化(老化)しやすいため、美味しさが損なわれてしまうんです…!

■教えてくれたのは・・・

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のインターネット商店街です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND