キムチを混ぜれば体がいっそうぽかぽかに!たらの韓国風野菜雑炊

2021/03/25

『サンキュ!』2021年3月号の「別冊:特売肉&魚の免疫力UPおかず」よりたらの韓国風野菜雑炊をご紹介します。

材料(4人分)

ご飯…茶碗2杯分(300g)
生たらの切り身…2切れ
大根…150g
にんじん…1/2本
しいたけ…2個
にんにく(みじん切り)…1かけ
酒…50ml
しょうゆ…大さじ1
ごま油…大さじ1
万能ねぎ…適量
韓国のり、白菜キムチ…各適量

作り方

■調理時間:25分

(1)切る
大根とにんじんは皮をむき、1cm角に切る。しいたけは石づきを取り、幅5mmに切る。万能ねぎは小口切りにする。たらは一口大に切る。

(2)炒める
鍋にごま油、にんにくを入れて中火で熱し、香りが立ったら、たら、大根、にんじんを加えて炒める。

(3)煮る
油が回ったら酒、水600mlを加えて煮立て、しいたけ、ご飯、塩小さじ1/3、しょうゆを加え、時々混ぜながら弱火で15分ほど煮る。塩少々で味をととのえ、器に盛る。万能ねぎを散らし、韓国のり、キムチを添える。

(熱量236kcal、塩分1.5g)

【POINT】

にんにくをきかせ、魚と根菜を炒めて煮汁にすれば、栄養たっぷりの雑炊に。

<教えてくれた人>
コウケンテツさん
料理研究家。世界各国、国内各地で出合った料理をヒントにしたレシピが人気。YouTubeはフォロワー56.2万人超え(20年12月時点)。

※熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。 
※塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は7.5g未満、女性は6.5g未満です。

参照:『サンキュ!』2021年3月号「別冊:特売肉&魚の免疫力UPおかず」より。掲載している情報は2021年1月現在のものです。調理/コウケンテツ 撮影/野口健志 栄養監修、熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND