【管理栄養士が解説】「オイスターソース」の代用レシピを検証!おすすめの組み合わせも紹介

2021/05/23

レシピをチェックしていざ料理をつくろうとしたところ、必要な調味料が切れていた……なんてこと、だれしも一度は経験があるでしょう。

でもその調味料、もしかしたら代用できるかもしれません!

今回ご紹介するのは「オイスターソース」の代用アイデア。

東南アジアや中華料理のレシピに使われることが多く、焼きそば、チンジャオロースー、ホイコーローなどの野菜炒め、ガパオライスやチャーハンなどのおいしさをUPしてくれるオイスターソース。スープ、煮物、和え物と幅広く使えるのも魅力的な調味料です。

管理栄養士と食生活アドバイザーの資格を持つライターのゆかりさんに、オイスターソースの代用アイデアをレシピつきで紹介してもらいます。

管理栄養士、食生活アドバイザー。4歳女児のママで出張料理、料理教室、講演、栄養相談も手掛けるほか、ライターと...

>>>管理栄養士 ゆかりの記事をもっと見る

オイスターソースの中身は?

オイスターソースとは、海のミルクとも呼ばれる「牡蠣(かき)」を発酵させた調味料。うま味成分が濃縮されていて、「牡蠣油」と呼ばれることもあります。牡蠣は英語で「オイスター」なので、オイスターソースの名で一般的に知られています。

そんなオイスターソースには、牡蠣以外にも含まれているものがあります。一般的な原材料には、

・牡蠣エキス
・砂糖
・食塩

これらが入っているものが多いようです。メーカーによっては、味・粘度・色の調整のために、水あめや醤油などの調味料、小麦粉、添加物などが使われていることも。

<うま味>・<甘味>・<塩味>をバランスよく含むところが、オイスターソースのおいしさの決め手といえます。

代用できる調味料は?

オイスターソースを使わずに、ほかの調味料で味を再現する方法はいくつもあります。ここからは、筆者の自宅にあった調味料でつくれる代用レシピをご紹介します。

【1】 鶏がらスープの素 × 醤油 × 蜂蜜
【2】 粉末だし × 醤油 × 蜂蜜
【3】 お好み焼きソース × 鶏がらスープの素 × 醤油
【4】 たこ焼きソース × 鶏がらスープの素 × 醤油
【5】 いしる(魚醤)× 醤油 × 蜂蜜
【6】 たこ焼きソース × 粉末だし × 醤油
【7】 ウスターソース × 蜂蜜 × スルメの戻し汁
【8】 アサリの煮汁 × 醤油 × 蜂蜜

持ち合わせていなかったのですが、麺つゆやナンプラーを使うレシピも。また、隠し味に味噌を加えるというのもありますが、今回は材料3つまでのシンプルなものを選びました。

【1】~【6】は地域性や好みにもよりますが、ご家庭で使われやすい調味料を中心としたもの。【7】と【8】はひと手間加える食材も組み合わせてみました。

つくり比べてみた結果……

オイスターソースは、商品によって原材料や製法の違いから、見た目や味に差があります。

一般的に、オイスターソースは黒くてサラッとしたものをイメージする人が多いと思いますが、前述のとおりメーカーによって原材料が異なるため、味だけでなく見た目にも違いが現れます。今回比較したオイスターソースには、基本の原材料以外に醤油、水あめ、酒精などが入ったドロッとしたペースト状のものでした。(写真左端)

上段左から順に【1】~【4】、下段左から順に【5】~【8】と混ぜ合わせたものを並べたのですが、見た目はさまざま。

このなかから個人的に味が気に入り、オイスターソースを使う料理に合いそうと感じたのは、次の3種です!

【1】鶏がらスープの素 × 醤油 × 蜂蜜

醤油の分量が多いとその香りとしょっぱさが際立つので、醤油を控えめにすればGood。鶏がらスープの素がない場合は、中華スープの素でも使える可能性大。蜂蜜を加える前に、スープの素を醤油に溶かしておくと◎。

<配合比率>鶏がらスープの素 …1.7g(小さじ1/2強)/醤油 …9g(大さじ1/2)/蜂蜜 …4.5g(小さじ2/3)

【5】いしる(魚醤)× 醤油 × 蜂蜜

色も薄く、さっぱりとした味だが、優しいうま味がGood。いしるは一般家庭での常備率は低いが、いわしを原料に発酵させた調味料(和製ナンプラー)で、醤油よりも低塩分、さっぱりとした麺つゆ感覚で使いやすい◎。

<配合比率> いしる(魚醤)…6g(小さじ1)/醤油 …1.5g(小さじ1/4)/蜂蜜 …6g(小さじ1弱)

【8】醤油 × アサリの煮汁 × 蜂蜜

あさりから塩味が強く出るので醤油を少なめに加え、蜂蜜で甘味を調えるようにするとGood。アサリの煮方にもよるが、コクがしっかりとしていてうま味を強く感じる(わが家では砂抜き後、アサリが浸るほどの水と料理酒大さじ1を加えて弱火でコトコト)。味噌汁づくりで味噌を溶く前に取り分け、小分けに冷凍しておくと使いやすい◎。

<配合比率>アサリの煮汁 …6g(小さじ1強)/醤油 …6g(小さじ1)/蜂蜜 …4.5g(小さじ2/3)


※配合比率は筆者が試してみておすすめと感じたもので、でき上がり目安は大さじ1杯分となります。調味料のメーカーによって味や風味が異なるので、お好みで加減してみてください。

※蜂蜜は1歳未満のお子さんには与えられない食材ですが、通常1歳未満のお子さんにオイスターソースを使うことはないので、甘味とトロミを加える目的で使用しています。ない場合は、甘味のバランスを合わせるために重量比1.3倍の砂糖で代用できます。

代用オイスターソース作成時の注意点

・代用レシピの【3】【4】【6】【7】で利用しているお好み焼きソース、たこ焼きソース、ウスターソースは、いずれも野菜が主原材料で酢を含んでいることから、フルーティーな風味が混じり、個人的には「代用に向かない」と判断しました。

・代用レシピ【2】で利用している粉末だしは、うま味が強くておいしいが、煮出した汁を使った方が舌触りはなめらかです。溶け切る顆粒タイプを使えばいいが、料理に混ぜるのであれば気にならずに使えそう。だし素材によって味にバラつきが出る懸念があります。

代用オイスターソースの楽しみ方は?

アジア系の料理の味つけだけでなく、マヨネーズと同量を混ぜて生春巻きやサラダのドレッシングにしたり、おでんのスープや唐揚げの下味に使うなど、料理のおいしさを格上げするのに役立つオイスターソース。

結局は個人の好みに合うものや、持ち合わせている調味料でつくればいいのです◎。

また、単体で使うことは少ないからこそ、そもそもオイスターソースにこだわらなくても、この記事で紹介したような調味料を加えたり、レシピの表記よりも増やして使うことで、うま味とコクのある味に仕上げることだって可能!

ぜひ、そういったことも参考に、料理作りに役立ててみてくださいね。

■記事監修・・・

管理栄養士・ゆかりさん

管理栄養士、食生活アドバイザー。4歳女児のママで出張料理、料理教室、講演、栄養相談も手掛けるほか、ライターとしても活動。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND