スマート フォンで家計簿を維持する日本人女性

必見!節約家が実践している「買いものルール」4選

2019/07/06

節約家は、ただ安いものを買い求めているのではなく、買いものにルールを設けているようです。今回は、節約家が実践している「節約につながる買いものルール」を4つご紹介します。節約したい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ネットスーパーでムダをなくす

近くのラップトップやミニ ショッピングカート ホワイト バック グラウンド トップ ビューに銀行カード。
nastinka/gettyimages

ネットスーパーを活用し始めてから、食費予算を守れるようになったあっちゃんさん。買いものに行くためのガソリン代と、レジ袋代の節約にも成功!週に1度のまとめ買いは、配送料が無料になる6,000円~7,000円までと決めたら、調節して買いものができるようにもなったそう。もっと早くから活用すればよかった……と思っているそうです。

お米と日用品はネットスーパーで購入

出典:サンキュ!ブロガー幸愛mamaさん

幸愛mamaさんは、月に2回ネットスーパーでお米と日用品を購入しています。お米と日用品のみをネットスーパーで購入することにより、食費予算との混同も防いでいるのだとか。高いイメージがありますが、価格は店頭価格と変わらないため、送料無料になるように購入し、カード払いにすることで、手数料もかからないそうです。

買いものするお店をしぼる

ベーカリー製品の店でクレジット カードで支払い
RossHelen/gettyimages

まるやまひろこさんは、買いものするお店をしぼり、ポイントカードはつくりすぎないように心がけています。また、クレジットカードは1枚にしてポイントを集中。ポイントサイトも活用して、クレジットカードのポイントにまとめるんだとか。そして、貯まったポイントで子どものプレゼントを買ったり、旅行費にあてたりするそうですよ。

自分へのご褒美はLINEポイントで

ショッピングのコンセプトです。スマート フォンを用いたショッピング バッグの女性。
metamorworks/gettyimages

JUMIJUMIさんはLINEポイントを活用して、自分へのご褒美を賄っています。LINEポイントは、友達追加するだけでポイントがもらえて、LINEデリマやLINEショッピングなどで購入してもポイントがもらえるそうです。貯めたポイントをデザートに交換すれば、家計に響くことなく自分へのご褒美を楽しめますね。

高いイメージがあるネットスーパーですが、上手に活用すれば節約につなげることができます。また、ポイントはなるべく1つにまとめて、貯めたポイントを有効活用することもおすすめです。これらのルールを設ければ、楽しく節約できるはずですよ。

(参照: 口コミサンキュ! )
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ポイントの獲得には条件があります。詳細は各社のホームページなどをご確認ください。
※ご紹介しているアプリの情報は個人的見解です。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND