金融資産のイメージを増やす

【あと1万円!】お金のプロが実践している「貯金額を増やすコツ」を伝授!貯金できない人の特徴とは?

2020/09/16

家族のことを考えると、少しでも増やしたいのが「貯金」ですよね。できれば毎月少しでも多く貯蓄していきたいものです。そこで今回は、お金のプロが教える「毎月1万円でも多く貯金するコツ」をご紹介していきます。

貯金できない人の特徴は?

お金が尽きる
boku0203/gettyimages

FPのたかのゆかさんが教える、貯金ができない人の特徴は「行き当たりばったり」「時間をむだにする」「周囲の情報に惑わされどうしていいか分からない」「貯金の目標や計画は明確なのに現実的行動がとれない」なのだといいます。一度自分を客観視して、当てはまる項目がないかチェックすると良いそうです。自分の現状を理解することが大切なのだとか。

貯金できる人の特徴は?

お金の成長 お金を節約します。成長ビジネスの概念を示す上の木のコイン
sarayut/gettyimages

次にたかのゆかさんが教える、貯金ができる人の特徴は「計画的」「時間の使い方が上手」「自分との約束が守れる」「情報や流行に惑わされず自分に合った方法を知っている」「貯められる額を意識して貯金習慣を身につけている」だといいます。貯金できる人の特徴を参考に、こういった考えを持てるようにするとよさそうですね。

貯金のためにやめるべき習慣とは

女性は手のひらに刻印で手のひらを示す 「停止」
Serghei Turcanu/gettyimages

たかのゆかさんによると、貯蓄できない人がやめるべき習慣は「用事もないのにコンビニに立ち寄る」「自分で決めた時間を守ることができない時間にルーズな生活」「『私に貯金なんて……』と自分へダメ出しをする」などを上げています。自分に必要なものはなにか、自分に合った貯金方法はどれか考えることを習慣化するとよさそうです。

あと1万貯金を増やすためにできることは?

女性の手は、ガラス瓶にコインを入れて、茶色の木製のテーブルにコインの山を置いています, 投資ビジネス, 退職, 金融と将来のコンセプトのためのお金を節約.
sorrapong/gettyimages

たかのゆかさんが教える、1万円貯金するコツは「先取貯金」として5,000円貯金することだといいます。次に「毎日貯金」として100円ずつ、一カ月3,000円ほど貯金し、さらに1カ月で2,000円分節約し、その「節約成功貯金」を貯金するのだとか。先取貯金と毎日貯金、節約成功貯金を合わせると1万円分が貯金できるようになるそうです。

お金のプロが教える、あと1万円貯金を増やすコツを紹介しました。貯金額を増やすには日々の意識や習慣が大切だということが分かりましたね。今からでも実践できる方法なので、ぜひ挑戦して毎月の貯金を増やしていきましょう!

(参照: サンキュ!STYLE
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND