家族でやることで暖房費が節約できる「ウォームシェア」ってなに?

2020/12/17

「ウォームシェア」という言葉を聞いたことはありますか?環境省が推進する冬の節電アクションで、「これがけっこう暖房費節約に役立つんです」と節約アドバイザーの丸山晴美さんもおすすめしています。ウォームシェアの方法と、メリットについて解説してもらいます。

なお、今回ご紹介する情報はすべて2020年12月時点の取材情報を基にしています。

みなさまこんにちは。節約アドバイザーの丸山晴美です。

お金にはトレンドがあって、その情報をキャッチできるか否かで、得する人と損する人に分かれます。でも経済に関するお金の情報は、ちょっとむずかしいですよね。私はみなさまに“お金の旬の情報”を“わかりやすく”お届けしていきたいと思います。今回のテーマは「2020年型ウォームシェア」!

2020年型「新しい生活様式」でするウォームシェアとは?

ウォームシェアとは、家族それぞれが自分の部屋で暖房を使うのではなく、1つの部屋に集まったり、暖房を消してみんなで外に出かけることによって、消費電力を抑えて地球温暖化防止につなげる取り組みのこと。環境省が、夏のクールビズなどと共に推進しているアクションです。

ウォームシェアは消費電力を抑えることにつながるので、家計にとっても暖房費や光熱費の節約になります。

昨年までは、家庭の暖房を止めて、家族全員で公共施設や飲食店、各種イベントなどに出かけ、家庭のエネルギー消費を減らす方法が主にすすめられてきました。しかし、2020年の冬は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ウォームシェアにも「新しい生活様式」を組み込むことが求められています。

「3密回避」「手洗い・手指消毒の実践」「咳エチケット(咳・くしゃみをする際にはマスクやハンカチ、袖などで口や鼻をおさえること)の徹底」「定期的な換気」などを実践しつつ、ウォームシェアを行って暖房費の節約をしましょう。

家族が1つの部屋で過ごすことが節約にもつながる

2020年型ウォームシェアでおすすめしたいのは、「家族が仲よく1つの部屋で過ごす」ことです。リビングなどで家族いっしょに過ごせば暖房をシェアできますし、照明やテレビなどの家電製品も共有する時間が増えます。個別の部屋で過ごすときに比べて消費電力を大きく節約でき、暖房費や電気代の節約につながります。できるだけ意識して実践してほしい節電アクションです。

また、いっしょに過ごすことで家族のコミュニケーションも深まります。皆で鍋を楽しんだり、友人家族を呼んでホームパーティをするのもよいでしょう。地元の食材を選べば、地域も元気になりますね。

節約習慣を家族みんなで身につけることで効果がアップ!

節電は1人でやるよりも、家族みんなでやることでいっそう効果が高くなります。日が暮れたらすぐにカーテンを閉めて部屋を保温する、使わない部屋などの照明をこまめに消す、外出や就寝の15分前には暖房のスイッチを消すといった、こまめな節電習慣を家族で身につけることが、暖房費や電気代を上手に節約することにつながります。
ほかにも、お風呂は家族仲よく入浴したり、間隔を空けずに続けて入浴をすることで、冬に高くなるガス代の節約にもつながります。

「パパに何度言っても節電アクションをしてくれない」という場合も、お子さんに節電習慣が身につけば、子どもから「なんでパパはやらないの?」と指導が入るはず。これによって、パパも変わってくれる効果が期待できます。「協力してくれない」と諦めずに、家族みんなで節電習慣を身につけ、この冬をお得に乗り切りましょう。

教えてくれたのは・・・

丸山晴美さん

22歳の時に節約に目覚め、1年で200万円を貯めた経験がメディアに取り上げられ、その後コンビニ店長などを経て2001年、節約アドバイザーとして独立。ファイナンシャルプランナー(AFP)、消費生活アドバイザーなどの資格を取得。身の回りの節約術やライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなどを、テレビやラジオ、雑誌、講演などで行なっている。著書は「50代から知っておきたい!年金生活の不安、解消します」(共著)(幻冬舎)など多数。

取材・文/かきの木のりみ

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND