銀行口座帳簿

やりくり上手さんが教える節約術4選!今すぐできる簡単な節約術から貯金テクニックまで♪

2021/05/01

貯金したいけれど、節約をしてもなかなか結果が出ない……という人も多いのではないでしょうか。今回は簡単な節約術や貯金術について、やりくり上手さんが伝授します。むずかしい節約はムリ!という人にもおすすめですよ。

特別費をあらかじめ貯金しておく

居間で通帳をチェックする女性
takasuu/gettyimages

サンキュ!STYLEライターmiiさんは、特別費をあらかじめ貯金しているといいます。特別費とは、税金や保険の支払い、誕生日の出費、レジャー費など、年間を通じてある支出のこと。特別費を想定しておくことで、突然の出費にも戸惑わず、計画的に貯蓄することができるといいます。

極力買いものには行かない

スーパーマーケットでのショッピングトロリー
chameleonseye/gettyimages

毎月食費2万円台をキープしているmiiさん。買いものは、冷蔵庫が空になってから行くようにしているといいます。冷蔵庫に食材があるうちは、買いものに行く前に「今ある材料で何かつくれないか」を考え、なるべく買いものに行かないようにしているのだとか。こうすることで食品ロスも防ぎ、節約にもつながるそうですよ。

こまかな節水で水道代を節約する

出典:サンキュ!STYLEライターmiiさん

miiさんは70%節水できるシャワーヘッドに交換することで、簡単に水道代を節約しているようです。手軽に水道代を節約したいなら、シャワーヘッドを交換するとよさそうです。ほかにも、トイレは小で流す、浴槽のお湯は少なめ設定、洗濯は節水コースすすぎ1回など、こまかな節水で、ストレスなく水道代を抑えているといいます。

無理な節約はしない

厳しい生活費に落ち込む日本人女性
takasuu/gettyimages

ストレスのかかる節約術は続かないもの。「ご飯を食べない」など身体に悪い節約や、交際費をケチる節約、欲しいものを我慢する節約など、無理な節約はリバウンドしやすいともいわれているのだとか。節約は必ずしもつらいものではない、節約がつらいと感じているなら、その節約術を見直すのがいいとmiiさんはいいます。

時間や精神力をすり減らす無理な節約はせず、小さいけれど簡単な節約をかさねて大きな節約にしているようでした。また、年間の支出を把握しお金に余裕をもたせることで貯金のペースをくずさないようにしているようですね。ぜひ参考に貯金してみてください。

(参照: サンキュ!STYLE
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承く
ださい。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND