やりくり初心者でも年100万円貯まる!ラクラク4ステップ

2019/02/06

お金は計画的に管理することが大切です。無計画に貯めようとすると、不意の出費や計画外の支出に振り回されて、挫折してしまう原因に。家計の流れに沿って、年間を通じて確実に貯蓄できる仕組みを整えましょう。

STEP1:手取り月収、ボーナスを確認

そもそも、わが家の収入額を把握できていなければ、貯蓄プランは立てられません。共働きで夫婦別財布の人も、お互いの収入を共有するようにしましょう。

STEP2:月々絶対かかる生活費を確認

住居費などの固定費、食費、日用品費などを合わせた生活費が多すぎると、貯蓄できる額が減ることに。貯蓄の目標額に近づけるには、予算の見直しが必要です。


*「毎月先取り貯蓄する額」が残らないときは、生活費予算の見直しを!今の食費、日用品費、娯楽費、通信費などでさらに削れる所はない?使途不明金はない?改めて支出の中身を見直してみましょう。

STEP3:年間で絶対支払いがあるものを確認

固定資産税や自動車税、年払い保険料、帰省費など年間で必ず支払う額を割り出し、ボーナスから差し引きを。旅行などのお楽しみ費は、貯蓄の一部から出すように考えて。

※ボーナスがない人は、年間の支出額を12で割って、C の予算から積み立てして備えましょう。

STEP4:貯める額を先取りする

目標の貯蓄額を決めたら、口座を分けて先取りすることが必須!その分は「ないもの」として、残りで生活費の予算を守ることだけ意識すれば、自動的に貯まっていきます。

あとは、毎月の生活費でやりくりするだけ!お楽しみ費などに使う貯蓄も含めて、「年100万円」という額を一度でも達成すると、その成功体験が自信につながり、今後のやりくりもスムーズになっていきますよ。

<監修>
丸山晴美さん(ファイナンシャル・プランナー)
消費生活アドバイザーでもあり、主婦目線で考える家計やりくりのアドバイスが人気。最新著書に『「貯まる女」になれる本』(宝島社)がある。

参照:『サンキュ!』2月号「いちばんカンタン!年100万円貯まる超ラクラクガイド」より。掲載している情報は18年12月現在のものです。構成・文/宮原元美 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND