最短ルートで1000万円貯めた人に聞く!挫折しない3つのコツ

2019/03/30

がんばっているのに、なかなか貯まらないと嘆いている、そこのあなた!もしかすると、今までのやりくり方法が自分に合っていなかったのかもしれません。今回紹介する「3つのコツ」を押さえれば、あなたも手早くラクにお金を貯めることができるかもしれませんよ。さっそくチェックしてみてくださいね。

<教えてくれた人>
Sさん(福岡県 39歳)
夫(40歳)、長男(9歳)、二男(6歳)の4人家族。結婚10年目。住まいは3DKの賃貸アパート。昨年4月、5年間続けたパートを辞めて、現在は専業主婦。

無理なく自分のペースで貯蓄をしたことで、4年間で1000万円貯蓄することに成功した、Sさん。彼女が実際に行っていたやりくり術をご紹介します。

1 貯蓄目標額まであとどれくらいか確認する

「ゴール=目標」までのルートで、今、自分がどの位置にいるか、あとどれくらいかを把握することが大事。「もう少しだ」とわかれば励みになります。また目標は、〝ふんわり〞でなく、優先順位をつけて〝具体的〞に立てるほど道筋が明確になり貯めやすくなります。

Sさんの目標の優先順位
1 教育費 1200万円
2 マイホーム 1000万円
3 老後資金 1200万円

2 小さな失敗も楽しむ

貯める道のりの途中では、つまずくことも。大事なのがトライ&エラーを繰り返しながら、自分に合った貯め方を見つけることだと思います。失敗しても立ち止まらず、すぐ気持ちを切り替えて新しい方法にトライし、失敗を1つずつ乗り越えていく。その過程を楽しむくらいの気持ちでやっていきましょう。

3 ちょっぴり贅沢して豊かに暮らす

先取りで貯蓄しているので、ムリな節約はしません。「ムダも必要なんです。ムダを全部削ったら、カサカサの生活になっちゃいますから」と、外食もレジャーも予算内ならOK。

<Sさんのちょっぴり贅沢な暮らし方>

(1)オーブンで魚をじっくり焼く
疲れた日は魚を買って、190℃のオーブンで40分焼きます。時間をかけて焼くことで皮はパリパリ、身はふっくらに。簡単、おいしい、安い!で「お疲れ外食」がなくなりました。

(2)子どもの習い事は「単発」で!
毎月の固定出費になる習い事は1つに限定。「その代わり、外国人スタッフがつく子どもキャンプなど、〝投資の価値あり〞と判断したものにはお金をかけるようにしています」

(3)洋服は安さより似合うものを!
「いいと思った物は、定価でも買います」と自分の価値観を優先。「半額の服は、半額の気持ちで服を買うから、満足できません。自分が本当に気に入った物がいちばん満足できます」

(4)家計簿をつけるときは楽しく
週1まとめ買いが基本なので、家計簿をつけるのも週1回。大好きなケーキとお茶を用意し、「ムダ買い=物欲を抑えることができた自分を褒めながらつけています(笑)」

(5)たまには自分にご褒美を!
2~3カ月に1回ペースで、家族そろって日帰り温泉でリフレッシュ。「おかげでショッピングモールをブラブラして、ムダづかいする休日パターンから卒業することができました」

(6)お肉は卸店でまとめ買い
肉の卸店で月1回、10kgまとめ買い。すべて国産肉で予算は8600~8800円。小分け冷凍して1カ月で食べ切り。スーパーで安売り探しのストレスからも解放されました。

(7)美容代を事前に確保しておく
妻のコスメ代や美容院代は年間の特別出費として確保。「前は自分のためにお金を使うたびにじわじわ罪悪感がありましたが、今は予算を確保しているので心置きなく使えます」

張り切って節約をしても長続きしません。心が豊かになる方法を日々の中に取り入れることでお金が貯まる生活に切り替わっていきますよ。挫折しないで貯められる3つのコツを、ぜひ取り入れてみてくださいね。

参照:『サンキュ!』4月号「ムリせず貯まる”最短ルート”、教えます!!」より。掲載している情報は19年2月現在のものです。撮影/tsukao 取材・文/村越克子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND