お金持ちが絶対やらない10のこと

2019/04/29

なかなかお金が貯まらない原因は、あなたに貧乏くさい考え方や習慣がしみついているせいかもしれません。その習慣をやめるとお金とのつきあいがうまくなり、お金が自然と貯まる〝お金持ち体質〞になれるかも。

1 「安い」「高い」の 口ぐせをやめる

節約ばかりを考えていると、どんなことも頭のなかでお金に換算する癖がつき、金額に価値観が振り回されてしまいます。そうすると自分の本当に欲しいものや満足できるものがわからなくなり、貧乏体質へ陥ってしまいます。

★アドバイス★
金額関係なしに、自分がいちばん満足できる好きなものは何か考えて。本当に欲しいものを必要なタイミングで買うことが、実は最高の節約。

2 お金を汚いものと思うことをやめる

「お金のことを口にするのは品がない」「お金なんか」とお金を見下し、マイナスイメージを持つ人でお金持ちになった人はいません。お金持ちになる第一歩は、お金を好きになって、いい関係を築くこと。そうすれば、1円までお金を大切に使うようになります。

★アドバイス★
念願のマイホームが買えたなど、お金があったからこそ実現できたことを考えれば、お金が人生で大切なものの1つだと気づくはず。いい意味でお金が好きになります。

3 ぜいたくはお金がないとできないという思い込みをやめる

ぜいたくとはお金を使うことではなく、心を満足させるお金の使い方をすること。人によっては、そのぜいたくが〝時間〞があることという人もいます。金額とは関係なく、「これが私のぜいたく」と言えることがある人は、お金持ち体質です。

★アドバイス★
「アロマキャンドルを買ってリラックスする」など、1000円札1枚でしたいことを本気で考えてみて。自分にとっての本当のぜいたくを見つけられます。

4 「〇〇円しかない」と考えるのをやめる

「月収が〇〇円しかない」とネガティブに考えると、気持ちが落ち込んでやりくりがつらくなります。お金持ちは、今あるお金のなかで「どう楽しむか」「何ができるか」前向きに楽しめる達人なのです。

★アドバイス
「高級な寿司は食べられないけど、毎週外食には行ける」など、自分の収入の中で、十分に欲しいものが買え、やりたいことが叶えられることが明確に見えてきます。限りある予算の中で、身の丈にあった満足がわかってきます。

5 買い物で満足するのをやめる

心が満たされているときは、ムダなものに惑わされません。寂しいと、買い物をすることで心のすき間を埋めようとしますが、〝満たされずまた買う〞を繰り返します。それでは負の循環。貧乏体質へまっしぐらになります。

★アドバイス
コンサートに行く、親子でキャンプをするなど、経験は物に比べて一生心に輝き続け、時には役に立つでしょう。経験は物以上に、心をしっかり満たしてくれるものです。

6 タダなら得すると考えるのをやめる

「タダより高いものはない」という言葉があります。タダのものはそこに「好みか?」「本当に必要か?」という自分との対話がまず抜けています。それでは物といい関係を築けず、家に入り込むと邪魔なものになりマイナスでしかありません。

★アドバイス★
まずは「今必要?」「自分の好み?」と自分自身に問いかけましょう。そこで冷静になれれば、お金持ち体質にぐっと近づきます。

7 スーパーの特売探しをやめる

特売探しをする人は、値段と相談しながら買い物をすることが習慣になっている人。安く買えると一見お得のようですが、本当にそれが欲しくて買ったわけではないので満足度はイマイチ。お金を生かしきっていない使い方です。

★アドバイス★
まずは値段を見ず、「食べたい!」と思った物を買ってみて。スーパーでの買い物なら、お会計してみると、ほんの数百円くらいしか違いません。「今日は本当に欲しい物を買った」という満足感が残り、このことが〝お金〞と〝使う人〞の主従関係のバランスを整え、お金に支配されない体質をつくります。

8 人をうらやむのをやめる

「〇〇さんはお金があっていいな」と思う裏には、「〇〇さんと違って、私にはお金がない」という劣等感が潜んでいます。自分に「貧乏」というレッテルを貼っているようなもので、顔つきまでどんどん〝貧乏くさく〞なります。

★アドバイス★
「貧乏」と「貧乏くさい」は違います。たとえ「貧乏」でも貧乏くさくない人は〝お金に振り回されず、常にポジティブな人〞。焦らず今を楽しみながら待てる人が、お金持ちコースへ戻れます。

9 実用品だけ買うのをやめる

食料品や日用品など生活に必要なものにお金を使うことは、もちろん肝心なことです。でもそれだけでは人生が味気なくなってしまいます。必要ではないけれど、明日のエネルギーを生み出すものに使うことも、生きたお金の使い方です。

★アドバイス★
一見、必要がないように思えますが、お花を眺めて金額以上の満足を得る。メリハリのあるお金の使い方を学ぶためのファーストレッスンになります。

10 お金をなんとくなく使うのをやめる

帰り道にフラリとお店に寄って、なんとなく買い物をすることはありませんか?目的がなく使うお金は〝死に金〞です。「安いから」「あってもムダにはならないから」などの理由で買うのはやめましょう。お金に対する感覚が鈍くなります。

★アドバイス★
お金を使わない日をつくることで、「お金があるからこそできること」に気づき、お金のありがたみがわかるようになります。そうすると「なんとなく」お金を使うことがなくなります。

これらの習慣を変えれば、お金との付き合いがうまくなり、いつの間にかお金持ち体質になっているかもしれません。改めて自分の考え方や習慣を見直してみましょう。

<教えてくれた人>
観月環(みずきたまき)さん
観月流和気道代表、薬剤師。普通の主婦として家事、育児を経験した後に漢方や気功について学び、気の力で人生をグレードアップさせる「気的生活」を提案。著書に『今日からこれで金運が上がる お金持ち体質に生まれ変わる方法』(マイナビ出版)など。 http://mizuki-ryu.main.jp/

参照:『サンキュ!』5月号「読むだけで身につく『お金持ち』体質」より。掲載している情報は19年3月現在のものです。撮影/tsukao スタイリスト/片野坂圭子 取材・文/村越克子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND