気温17℃の服装【2023最新】最高気温・最低気温別!激安通販SHEINで見つけたおすすめファッションをご紹介!

2023/01/10

気温17℃というと東京では4月〜5月、10〜11月の季節の変わり目の気温。
朝晩はまだ寒く、「去年の今ごろ何着てたっけ?」となることも多いのではないでしょうか。

今回は朝着るものに困らない、「最高気温17℃」「最低気温17℃」のおすすめコーディネートと今年らしく見えるポイントをご紹介します。

パーソナルカラリスト・スタイリストとして活動中の1児のママ。Instagramではファッションのお悩み解決や...

>>>スタイリストはるかの記事をもっと見る

最高気温17℃の服装のポイント軽アウターがベスト!

春や秋の定番コートといえばトレンチコート。
今年はゆったりとしたオーバーサイズがトレンドです。
春はインナーを薄手のコットンニットに、秋はウールのニットにすると季節感もありおすすめです。

明るい色合わせで軽さを出すと春らしい雰囲気になります。

この時期の救世主といえばマウンテンパーカー。
汚れにも強いので育児中のママの強い味方にもなります。
アウトドアのシーンでも活躍しますよ。
カジュアルになりすぎないよう、ボトムは細身のものをあわせたり色でメリハリをつけるのがおすすめです。

トレンドアイテムをとりいれるならツイードジャケットがおすすめ。
白を選べば老け見え防止にもなります。
カジュアルにデニムやロゴロンTと合わせるのがアラフォーの鉄則。

【天気別】最高気温17℃の日のおすすめコーデ

晴れの日はカーディガンのレイヤードコーデ

やや厚手のカーディガンにブラウスやシャツをレイヤードすれば晴れの日はアウターいらず。
ベーシックなカラーのカーディガンにはカラーのボトムやバッグでカラフルにしてみると今年らしいです。

ボタンフロント ファジー カーディガンニット

丈が短めでふんわりとした白いカーディガン。口コミによると、とにかくとてもかわいく、チクチクすることもないそう。

■値段:1,965円
■サイズ:S、M、L

曇りの日はジャケットと薄手のニットで

曇りの日は薄手ニットにジャケットを羽織ってみてもいいですね。
今年は薄い色のデニムがトレンド。
デニムの固いイメージがカジュアルな印象になります。

ポケットフロント コーデュロイ ジャケット & スカート

コーデュロイのジャケットとスカートのセットアップ。ジャケットはその日の気温に合わせて着脱できるので便利ですね。口コミによると、スカートは少し短めのよう。

■値段:3,023円
■サイズ:XS、S、M、L

雨の日はぬれても大丈夫なアノラックパーカ

今年流行のアノラックパーカーは撥水もあり雨の日にも最適。
シャツをレイヤードすればカジュアルすぎない印象になります。
小さめのショルダーバッグを使えば傘をもつ手も塞がらないのでおすすめです。

最高気温17℃おすすめアイテム

ニットは目が詰まったニットに

まだまだ朝晩が冷え込む最高気温17℃は目が詰まったニットがおすすめ。
春はコットンニット、秋はアクリルやウールのものを選ぶと季節感があっておすすめです。

DAZY ドロップショルダー ふわふわニット セーター

ふんわりしていて女性らしい印象のニットセーター。スカートはもちろん、パンツにも合わせてカジュアルに着こなすことができます。口コミによると、肌触りがとてもよいそう。

■値段:2,556円
■サイズ:S、M、L、XL

スカートはニットスカート

スカートは薄手のものはまだ寒く感じる気温。
今年らしいニット素材もおすすめです。
春はポリエステルやコットン、秋はアクリルのものを選ぶとよいでしょう。

DAZY ハイウェスト シングルブレスト スリット ニットスカート

どんなトップスとも合わせやすいブラックのニットスカート。スリットも入り、ハイウエストなので脚長効果も期待できる1枚です。口コミによると、体のラインもきれいに見えるそう。

■値段:3,023円
■サイズ:S、M、L、XL

MOTF PREMIUM ウール混紡 カラーブロック ニットスカート

裾のボーダーがアクセントになっているAラインのニットスカート。とても上品でエレガントな印象のスカートです。いろいろなトップスとも合わせやすそうですね。

■値段:2,373円
■サイズ:S、M、L

パンツはスラックスが使いやすい

通年履けるスラックスがあると便利です。
ニットとあわせてカジュアルに、シャツにあわせてオフィススタイルにも活用できます。
地味な印象にならないようボーダー柄をプラスしたり、太めのネックレスをプラスするのも効果的。

コーデュロイ ストレートレッグパンツ

コーデュロイ生地のストレートパンツ。秋から冬に活躍する1枚です。口コミによると、ゆるめに履けて色もいい感じだそう。2,031円という値段も魅力的。

■値段:2,031円
■サイズ:S、M、L、XL

最低気温17℃の日は薄手のニットやカーディガンでOK

最低気温17℃は5月〜6月上旬の気温で晴れた日には汗ばむ気温。
ただ気温差も激しいので薄手のカーディガンなどさっと羽織れるものがあると便利です。

晴れの日はシャツ1枚でもOK

麻やコットンのシャツ1枚でも過ごしやすい気温。
軽やかな初夏の気温を楽しめる季節なので、薄手のブラウスもOK。

Honeyspot ソリッド ドロップショルダー カフ シャツ

さらっと着れるくすみブルーのシャツ。口コミによると、シワになりにくく柔らかくて軽い生地のようです。とても着やすそうですね。

■値段:1,441円
■サイズ:ワンサイズ

DAZY ドロップショルダー ボタン スルー シャツ

どんなボトムスとも合わせやすいカラーのシャツ。口コミによると、テロッとした生地でシワになりにくいよう。扱いやすそうな生地ですね。

■値段:1,477円
■サイズ:S、M、L、XL

曇りの日は薄手のカーディガンを重ねて

やや肌寒く感じる曇りの日はカットソーに薄手のカーディガンがおすすめ。
とくに今年は「シアー素材」と呼ばれる透け感がある生地がトレンドです。

DAZY ドロップショルダー ロングラインカーディガン ベルトなし

くすんだカラーが落ち着いた印象のロングカーディガン。口コミによると、厚みも形もしっかりしていてとてもきれいなシルエットのようです。肌寒い日にはちょうどよいかもしれませんね。

■値段:3,576円
■サイズ:S、M、L、XL

雨の日はリネンのジャケットを重ねて

雨の日はカットソーにジャケットを羽織れば朝晩の寒さにも対応できます。
リネン素材を選べば夏らしさも演出できます。

MOTF PREMIUM リネン クロップド ジャケット

オフホワイトの落ち着いた印象のリネンジャケット。どんなボトムスとも相性もよく、中にインナーを着て羽織ることもできます。着回し力のある1枚ですね。

■値段:3,420円
■サイズ:XS、S、M、L

「これは失敗…」最高気温17℃のときのNGコーデ

ウールのコート

最高気温17℃はそろそろウールのコートは季節外れな印象に。
トレンチコートやマウンテンパーカーに切り替えるタイミング。
寒く感じるときはインナーダウンをアウターの中に入れておくのもおすすめです。

タートルニット

こちらも季節外れな印象になるタートルニット。
屋内で思いがけず暑くなったときにも温度調整しにくいのでおすすめしません。

羽織りを上手につかって季節の境を楽しんで

日中の温度差もある気温17℃。最高気温なのか、最高気温かによっても選ぶアイテムが異なってきます。
軽アウターや薄手の羽織りを駆使して短い季節の境目を楽しんでいきましょうね。

プロフィール

■執筆.....スタイリストはるか
アパレルデザイナーを経てパーソナルスタイリストとして独立。
全国のおしゃれ好き女性が集まるオンラインサロン主宰。
おしゃれがわからなくなってしまった「おしゃれスランプ」のアラフォー女性にむけて
フォロワー1万人超えのInstagramにておすすめのプチプラアイテムやコーディネート術を中心に発信中。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND