帰宅後30分で夕飯を作る!とっておきの節約献立術

2019/06/14

やりくり上手な人に学びたいことといえば、「食費の節約」ではないでしょうか?節約できて、そのうえ時短もかなえるとなれば、ポイントも高くなりますね。今回は、帰宅後30分ほどで完成できる節約献立をご紹介していきます。

半つくり置きの食材を保存して時短

出典:サンキュ!ブロガー野口ゆかさん

すぐに夕飯をつくれるように、半つくり置きの食材を保存している野口ゆかさん。事前に洗ったり、切ったり、茹でたり、漬けたりしておくだけで、ご飯づくりがとても楽になるのだそう。帰宅後は、コンロと魚焼きグリルを同時に使って調理します。鯖の切り身なども事前に味をつけて冷凍保存しておくだけで、お惣菜などを避ける節約にもつながりますね。

食材をほぼ調理済にして帰宅後は温めるだけ

出典:サンキュ!ブロガーここゆきさん

ここゆきさんは夕飯の準備を「ほぼ調理済み」にしてから出かけるようにしています。温めるだけや、鍋、ホットプレートなどのライブ料理をチョイス。先日は外出前に野菜とウィンナーを切って、スチームオーブンで蒸し冷凍庫に。帰宅後電子レンジで温めなおして「チーズフォンデュ」を食べました。週末はライブ料理にして外食を避けるようにしているのだそう。

パスタを水に浸しておいてガス代の節約にも

出典:サンキュ!ブロガーママーリオさん

出勤前に、ペンネを水に浸した「水漬けパスタ」を実践したママーリオさん。帰宅後に水を切り、チキントマトソースと合わせて加熱します。そしてチーズをたっぷりとトッピングすれば完成です。茹でパスタよりも少しコシが足りないので、「水漬けパスタ」はグラタン向きなのだそう。茹でる手間が減り、ガス代の節約にもつながりました。

週末を利用して野菜の切り置きや肉の下味つけをする

出典:サンキュ!ブロガーさーママさん

さーママさんは帰宅後15分でおかずを仕上げるために、週末に野菜の切り置きや肉の下味つけなどをして冷凍保存しています。ときにはドラッグストアで安く購入した、ソフトふりかけも活用。調味料を混ぜながらつくるよりも、お手軽なのだそう。平日の合間には、麺類やチャーハン、カレーなどの比較的楽なメニューを組み込み、息抜きができるようにも工夫しています。

加熱に電子レンジを活用

出典:サンキュ!ブロガーさーママさん

さーママさんは、時短料理として電子レンジで加熱をして調理しています。例えば、ご飯のおかずにもなる「甘辛そぼろ」は、耐熱ボウルに、合い挽き肉、醤油、砂糖、おろしショウガ、ネギを加えて電子レンジに入れて混ぜたら完成。加熱した後は放っておくと味が染み込んでいくのだそう。コンロを使わないのでガス代の節約にもなりますね。

帰宅後30分ほどで完成する節約献立についてご紹介しました。週末を利用して準備しておくことや、事前に少しでも調理して準備しておくことが大切ですね。夕飯の時短に悩んでいるかたはぜひ参考にしてみてくださいね。

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND