1. トップ
  2. 家事
  3. 20分で2品!コウケンテツさんの「チキンソテーとアボカドコールスロー」

20分で2品!コウケンテツさんの「チキンソテーとアボカドコールスロー」

2018/10/21【 家事 】

忙しい日の夕ごはんは、こちらの「20分で同時に2品作れるレシピ」をお試しください!今回は、少し肌寒くなってきた今の季節にぴったりの「チキンのクリームソース」と「コールスローサラダ」。主菜には、秋の味覚・しいたけを使い、旬のおいしさをふんだんに取り込みました。さっそく、作り方をチェック!

●お料理を始める前に……
IHクッキングヒーターをご使用の場合、揚げものをするときは各メーカーが指定する油量を必ず守って調理してください。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

カリカリチキンのしいたけクリームソース

しいたけのうまみたっぷり!クリーミーソースをからめて。

【材料(4人分)】
鶏もも肉(小)......4枚
しいたけ......6個
オリーブ油......大さじ3
にんにく......1かけ
生クリーム......200㎖
万能ねぎの小口切り......2~3本分
塩、粗びき黒こしょう 

【作り方】
1:鶏肉を焼き始め、野菜を準備する
鶏肉は身に数本切り目を入れて、塩、黒こしょう各少々をふる。フライパンにオリーブ油大さじ2を熱して鶏肉を皮を下にして入れ、中火で5~6分焼く。しいたけは石づきを取って軸を切り離し、かさをランダムにちぎり、軸も裂く。にんにくはたたいてつぶし、ざくざく粗く切る。

2:鶏肉を蒸し焼きにする
鶏肉の皮目に薄めに焼き色がついてまわりが白くなってきたら弱火にして、ふたをして2~3分蒸し焼きにする。裏返してふたをしたまま2分ほど焼き、取り出す。フライパンの蒸し汁も別の器に取り出す。

3:しいたけクリームソースを作る
フライパンの汚れをさっと拭いて、オリーブ油大さじ1、にんにくを入れて弱火で熱する。香りが立ったらしいたけを加えて炒める。鶏の蒸し汁を加え、全体になじんだら生クリームを加えて1~2分弱火で煮て、塩、黒こしょう各少々をふる。鶏肉を食べやすく切って器に盛り、ソースをかけて万能ねぎを散らす。
(熱量660kcal、塩分1.8g)

キャベツのアボカドコールスロー

お酢を加えた、さっぱりマヨネーズ味で野菜がたっぷり食べられる。

【材料(4人分)】
キャベツ(小)......1/4個
アボカド(大)......1個
コーン缶......1缶(固形量約150g)
A(マヨネーズ......大さじ3、酢......大さじ1と1/2、砂糖......大さじ1/2、塩、粗びき黒こしょう......各少々)
粗びき黒こしょう

【作り方】
1:キャベツを切る
キャベツはしんを切り、幅2㎝のざく切りにして大きめのボウルに入れる。

2:アボカドを切る
アボカドは縦半分にして種を取り、さらに縦半分に切って皮をむく。一口大に切って1のボウルに入れる。コーンは缶汁をきって同じボウルに入れる。

3:混ぜる
2のボウルにAを加え、全体をしっかりと混ぜる。器に盛り、黒こしょう適量をふる。
(熱量179kcal、塩分0.6g)

※ 熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。
※ 塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は8.0g、女性は7.0gです。

<教えてくれた人>
コウケンテツさん……料理研究家。国内、海外の各地で出合った調理法からインスピレーションを得た旬の食材で作るオリジナルレシピが大人気。1男2女のパパ。食育関連の講演も多数こなして大忙し。

鶏肉は皮から焼くと身がふっくらジューシーに!生クリームのソースとの相性もよく、ご飯が進むおいしさです。夕ごはんにぜひ作ってみてください。

参照:『サンキュ!』11月号とじ込み付録「コウケンテツさんの夕ごはん、どうする?」より。掲載している情報は18年9月現在のものです。調理/コウケンテツ 撮影/野口健志 栄養監修、熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP