焼くだけのシンプルクッキング♪鶏肉とたけのこの焼きとり風

2021/04/12

『サンキュ!』2021年4月号の「別冊:春野菜のカンタンおかず」より鶏肉とたけのこの焼きとり風をご紹介します。

材料(4人分)

鶏ももから揚げ用肉…300g
たけのこ(ゆでたもの)…300g
アスパラガス…9本

[A]しょうゆ…大さじ2・みりん…大さじ1

(好みで)七味唐辛子…適量

作り方

■調理時間:20分

(1)切る
鶏肉は2~3等分のそぎ切りにする。たけのこは放射状に12等分に切る。アスパラガスは根元の硬い部分の皮をむき、長さを4等分に切る。

(2)竹串に刺す
竹串1本にアスパラガスと鶏肉を3切れ、たけのこを1切れずつ刺し、計12本作る。

(3)焼く
魚焼きグリルに並べ、竹串の持ち手部分にアルミホイルをかぶせ、中火で8分焼く。軽く表面に焼き色がついたら[A]を合わせたたれを上面に塗り、さらに4~5分焼き目がつくまで焼く。器に盛り、好みで七味唐辛子を添える。

(熱量169kcal、塩分1.2g)

※片面焼きのグリルの場合は、片面5分ずつ焼く。

【POINT】

薄い焼き色がついたら、上になっている面にたれを塗る。甘辛味がしみ、香ばしい味に。

<教えてくれた人>
ワタナベマキさん
料理研究家。シンプルでおしゃれなレシピが大人気。春野菜のうまみを引き出す調理のコツを教えてもらいました。中2男子のママ。

※熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。 
※塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は7.5g未満、女性は6.5g未満です。

参照:『サンキュ!』2021年4月号「別冊:春野菜のカンタンおかず」より。掲載している情報は2021年2月現在のものです。調理/ワタナベマキ 撮影/野口健志 熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND