公園でヨガのポーズをとる

プロが断言!貯めるために大切なのはやりくりよりも体調だ!

2021/04/13

家計管理、買い物、節約……、やりくりって大変ですよね。実は、編集部が貯まらない人を取材したら「疲れていて、やりくりに手が回りません」という声が多かったんです。やりくりを頑張る前に、たまった疲れをリセットしましょう!

今すぐできる素敵なくらしのアイデアを毎日発信中。お金の貯め方から、時短掃除、洗濯、料理作りなどの家事の知恵、...

>>>サンキュ!編集部の記事をもっと見る

実は今、自律神経を整える「セロトニン」不足で疲れやすい人が増えています

人は、日光を浴びると脳内に「セロトニン」(ストレスに反応して、自律神経を整える神経伝達物質)が分泌されます。元々、冬は日照時間が短いためセロトニンが不足しがち。さらに最近は、ステイホームで外出が減り日光を浴びる機会が減りました。そのため、疲れやストレスがたまりやすい人が急増しているのです。疲れは集中力や作業スピードを低下させるので、効率的にリセットする工夫が必要です。

家でできる4つの方法で体の疲れをリセットしましょう!

<教えてくれた人>
東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身さん
疲労と睡眠の第一人者として、「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合テレビ)出演など多数メディアで活躍中。著書『「疲れないからだ」になれる本』(王様文庫)。

午後3時までにコーヒーを飲んで20分昼寝する

3カ条を死守して、作業効率爆上がり!

はコーヒー
kuppa_rock/gettyimages

夜に充分な睡眠を確保できない人は、「20分昼寝」の習慣を。20分以上だと、目覚めたとき強い眠気が残るので逆効果。カフェインの覚醒作用は20~30分後に現れるので、寝る直前にコーヒーを飲むとスッキリ起きられます。午後3時以降は、夜の寝つきが悪くなるので避けましょう。

家の中で小まめに動く

事実、家事はフィットネス通い並みの運動効果あり!

アジアの若い主婦クリーニングフロア
maruco/gettyimages

ステイホームで、1日の平均歩数が全世代で2000歩減少したといわれています。運動不足は、血流を悪くし睡眠の質を下げる原因に。家事や掃除は全身を動かすので、全力で取り組めばりっぱな運動になります。

鶏胸肉の梅肉あえを食べまくる

イミダペプチド×クエン酸の最強タッグ☆

vinicef/gettyimages

鶏胸肉は、抗疲労効果が高い「イミダペプチド」を多く含んでいます。エネルギー代謝を活発にする「クエン酸」が多く含まれている梅干しやレモン、酢と組み合わせて食べれば、疲労回復効果は抜群!

横向き寝で睡眠の質を上げる

寝ても寝ても眠い原因は"いびき"かも!

白いベッドで眠っている美しい若い女性
Povozniuk/gettyimages

いびきは、睡眠中に充分な酸素を供給できていないサイン。原因はのど周辺の筋肉がゆるんで舌が下がり、気道が狭くなることです。横向き寝で気道を確保すれば、呼吸がラクになり目覚めもスッキリ。

女性は、40代になったら自分の"いびき"をチェック!

加齢とともにいびきが増えるのは、女性ホルモンが低下して気道を広げる筋肉が弱くなるため。スマホでいびきをチェックできる無料アプリもあるので、無自覚の人も試してみて。

心は「変化」に弱いんです。「私は大丈夫」と思わずストレスに向き合いましょう

心は、環境の変化や新しいことを始めるときなどに、緊張してストレスを感じます。変化が多い春に疲れやすいのは、これが原因です。20年は、暮らしや働き方が変化した人が多く、心は疲れっ放しの毎日でした。頑張り屋の人ほど、「私は大丈夫」と思いがちですが、疲れはきちんと解消しないと、あとで爆発して体調をくずしてしまうことも。まずは自分自身が、自分の心を大切にしてあげましょう。

ストレスをためない4つの習慣、教えます!

<教えてくれた人>
公認心理師 山名裕子さん
ストレスケアと認知行動療法を主軸に、多方面で活躍中。著書に『読むと心がラクになる めんどくさい女子の説明書』(サンマーク出版)。

紙に"イライラ"を書いて破いて捨てる

脳の勘違いを利用してストレスをポ――――イ!

迷惑やしわ紙のシートが空白のボールの形
somchaisom/gettyimages

ストレスがたまったら、紙にイライラの原因を書き出してゴミ箱に捨てる「ネガティブ・ダストビン」がおすすめ。脳は感情を紙に書き出すと、感情がモノになったと錯覚します。紙を捨てることでイライラも手放せたと感じるので、ストレス解消効果があるのです。

日が落ちたらSNSは控える

暗くなるほど、人の投稿をネガティブに受け取りがち。

miya227/gettyimages

人は、明るい場所より暗い場所のほうが、ネガティブ思考になる傾向があります。暗い部屋でSNSを見ると人のなにげない投稿が自慢に見えるなど、必要以上に敏感になってしまうことも。悩みやすい人は、"SNSは昼間だけ"ルールで心を守りましょう。

寝る前にうれしかったことを3つ思い出す

幸せキャッチセンサーが鍛えられる!

白い背景にハートシンボルを形作る女性の手
fongfong2/gettyimages

自信を持てない原因の1つは、"身のまわりの幸せを見つけるセンサー"が弱っているから。どんなことでもいいので、寝る前に今日うれしかったことを3つ思い出すのを習慣にしてみて。前向きに考えるクセがつき、小さなことでくよくよしなくなります。

大人でも粘土遊びをする

実際のカウンセリングでも活用される頭と心の整理術。

悩み事があるなら、粘土遊びでリフレッシュ。粘土の柔らかい触感にはリラックス効果があり、単純作業に集中すると頭と心を整理できる効果があります。没頭するうちに、解決策が浮かんでくる可能性も☆

100円のおこめ粘土で挑戦!何かに夢中になるって楽しい♪

おこめ粘土を購入(粘土独特のにおいが苦手だったけど、ほぼ無臭で感動!)。粘土は何回でもやり直せるので気楽に作れますね。童心に帰ったようで最高の気分転換になりました。(編集部idee)

参照:『サンキュ!』2021年4月号「暮らしとお金の最強リセット術」より。掲載している情報は2021年2月現在のものです。監修/梶本修身、山名裕子 構成・文/出下真紀 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND