夏休み中も食費オーバー防止!子どもの昼食はどうする?食費2万円台の達人のテクを大公開

2022/07/14

夏休みは朝昼晩と3食分の食費がかかり、食費が増えてしまいがち。そんな中でも食費2万円台をキープするさくのんさんに、昼食の節約テクを教えてもらいました。

コロナ禍で食費の大幅削減に成功し、食費2万円台をキープする節約主婦で元スタバ定員のスタバマニア。家計管理術や...

>>>さくのんの記事をもっと見る

重視するのは3つのこと

夏休みの昼食で大切にしているのは食べやすさ、値段、子どもが喜ぶもの、です。

具体的なメニューをご紹介します。

1.食べやすさ重視

1番暑い昼間の時間帯に、長い時間キッチンに立って調理するのは大変なので簡単にできて、暑い中でも食べやすい麺がおすすめです。

レンチンでできるざるうどんは、薬味を変えて飽きないように工夫します。

釜玉うどんは卵だけではなく、揚げ玉、海苔、ネギをトッピングしてボリュームアップさせます。

ご飯が余っている時は、冷たい麦茶でお茶漬けも食べやすくておすすめです。

2.値段重視

業務スーパーの冷凍うどん、パスタは値段も安くておいしいので昼食代の節約に欠かせません。

冷凍うどんは1食約34円、パスタは100gで28円ほどで購入できます。

業務スーパーの品でなくても、コンビニ弁当、外食を避けることが節約への近道なので、昼ごはんは料理のハードルを下げ、手作りを心掛けることが重要です。

3.楽しさ重視

シートを敷いてお庭やベランダで食べたり、ピザ作りは子どもが喜び、お金をかけない思い出作りになります。

こちらも業務スーパーで購入できるピザ生地5枚入り394円に、家にあるケチャップやトマト缶で作ったソースを塗り、ベーコンや野菜、キノコ、チーズを皆でトッピングすれば楽しく、お値段もリーズナブルにおいしいピザの完成です。

無理せず

3食用意するだけでも大変なのに暑くて、栄養や節約のことまで考えるとパンクしてしまいます。

家にあるもので簡単に作れて、毎日同じメニューでも薬味を変えたりして少しの変化を楽しんだり、子どもたちと一緒に作れるメニューにしたり、ほんの少しの工夫が節約につながります。

無理せずに、ぜひやってみてください。



■執筆/さくのんさん…コロナ禍で食費の大幅削減に成功し、食費2万円台をキープする節約主婦。家計管理術や、コストコの押し商品などをレポートするインスタグラムが人気。インスタグラムは@sakunon_s_life。

編集/サンキュ!編集部



※記事内の表示価格は、とくに記載のない場合、税込表示です。軽減税率の適用により価格が変動する場合もあります。コロナ禍で営業時間の変更等を実施している可能性があります。店舗などへ足を運ぶ際には感染防止対策を十分に行うようご注意ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND