【努力しても貯まらない人へ】その頑張り、やめてみませんか?

2019/03/08

「安いものを買って節約しているのに、イマイチお金が貯まらない」という人は、安いもの=お得なものと思い込んでいませんか?その思い込みこそが貯まらない原因かもしれません。貯まらない人が陥りがちな「思い込み」や「行動」を節約のプロが徹底解説。貯まる人になるための改善策をご紹介します。

<教えてくれた人>
丸山晴美さん……ファイナンシャル・プランナー。20代でお金を貯めることに目覚めてから、本当に効果のある節約を探求し続ける。

【原因1】特売品を求めてスーパーをハシゴする

スーパーを何軒も回るために時間と労力を費やしても、特売品の値引き率がそれに見合っていますか?「その日行ったスーパーで見つけた特売品を買えばOK」とシンプルに考えましょう。

★お得情報★
メインのスーパーを1軒決めて、特売情報を把握。1軒なら、何曜日に何が安くなるかを覚えるのも簡単。効率よくお得をゲットして。

【原因2】服は必ずセールで安く買う

「セール=お得」の思い込みを捨てましょう。セールは、元々狙っていた服を安値で買えてこそお得。安さに釣られて着こなせない服を買うのはムダ買い。本当に欲しい服を定価で買って、長く着たほうがお得です。

【原因3】目的別に口座をたくさんつくる

通帳の数が増えると、管理するのも入金するのも大変になります。また分散して貯めると、1冊の通帳の残高がなかなか殖えないので、貯めるテンションがダウンしがち。通帳の数をしぼって、確実に貯蓄を殖やすことを考えましょう。

★お得情報★
~貯蓄用口座は2つから始めよう~
貯蓄用口座は教育資金や繰り上げ返済など長期間かけて貯めるお金と、税金など1年以内に使うお金の2つにしぼるとシンプルに貯められます。

【原因4】ポイント狙いで買いまくる

ポイントは、いわば〝おまけ〞のようなもの。おまけを手に入れるために、わざわざ買い物するのは本末転倒。必要な物や欲しい物を買ったおまけにポイントがもらえた時こそ、「真のお得」をゲットできたことになるのです。

【原因5】節約レシピのために買い物へ行く

「節約レシピ」はお金をかけずに家にある食材で作ってこそ、節約効果を発揮します。わざわざ食材を買いたさずに、まずは残っている食材を使い切ることを考えて。買いすぎて腐らせたら元も子もありません。

【原因6】何でも手作りする

梅酒やみそなどを手作りする場合、保存容器などの道具を買いそろえる必要があり、初期投資にお金がかかります。手作りが自分に向いていればいいですが、流行に乗っただけで、すぐに飽きてしまうようではお金のムダに。

安い物を手に入れるために、時間と労力をかけすぎるのは、実はお得な行動ではありません。本当に効果のある節約は、頑張らなくてもでき、ずっと続けられること。無理のない”シンプル”な行動を続ければ、自然とお金も貯まっていきますよ。

参照:『サンキュ!』3月号「無理なく貯めている人は、超シンプル」より。掲載している情報は19年1月現在のものです。イラスト/髙栁浩太郎 構成/竹下美穂子 取材・文/村越克子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND