お金瓶を保持する子と親の手, 寄付, 貯蓄, 慈善, 家族金融計画の概念, コロナウイルス経済刺激救助パッケージ, 超年金コンセプト

年100万円貯めている人がやっている!貯まる家計につながる意外な「新生活様式」

2021/02/07

貯めている人に毎日実践していることを聞いてみたら、「え、なぜそれを?」なアクションが続々と登場※。なぜ貯まるのか、専門家が解説します!どれも短い時間でできるものばかり。効率化とストレスオフでムダを取り除きましょう。

<教えてくれた人>
節約アドバイザーファイナンシャル・プランナー 丸山晴美さん
主婦のやりくりに精通し、時代に合う疲れない節約術や、効率のいい貯め方を提案。『節約家計ノート2021』(東京新聞)など、著書も多数。

効率化とストレスオフが暮らしのムダを取り除く!

「生活で出るムダの多くは、ストレスや焦りからくるもの。ですから、少し先読みしたり、リフレッシュしたりするだけで、実は貯蓄に効果的なんです。私も、毎朝やることリストを作るのが日課。1日を効率よく使え、時間がないから総菜を買うなどの出費を防げます!」。

朝、お茶を飲んでゆっくりしていた!

白湯やレモン水など、飲み物の違いはあれ、「朝の1杯」を大切にしている人がいっぱい!朝、落ち着いてお茶を飲む5分をつくると、気持ちの切り替えができ、お金の流れが変わるのかも!?

緑茶を注ぐ
taa22/gettyimages

「朝は急須でお茶をいれ、リラックス。安定した気持ちで家を出ると、一日中ストレスに負けにくい気がします!」(べるさん 東京都 37歳)

朝からしっかり動けてムダの出ない1日に

「朝の1杯は体を目覚めさせるスイッチに。気持ちが前向きになれば、家事もせっせと片づけられます。"時間がないから総菜を買う"など、よけいな出費のない1日になります」。

朝、クローゼットを眺めていた!

手持ちの服を把握している人はダブり買いがなく貯まる人。クローゼットはパンパンに詰め込まず、たまにスマホで撮るなどして「何を持っているか」を意識して見ています。

服をぶら下げ、棚に靴を履いてクローゼットの中を歩く
Colleen Michaels/gettyimages

「朝の支度ついでに、今の1軍服をざっと確認。使える服の傾向がわかり、買い物の失敗が減りました!」(misaさん 兵庫県 35歳)

在庫管理の習慣化が、ムダ買い防止に!

「手持ちのアイテムに意識が向くのは、在庫を管理する能力が高い証拠。服に限らず、食材や日用品も、在庫管理できる人はダブり買いなどのミスがなく、出費も少ないのです」。

43%の人が"うちトレ"してた!

YouTubeでヨガ、ラジオ体操、スクワットなど、方法は人それぞれながら、自宅でできるという共通点が。すき間時間で無理なく、ただし長く続けることを意識しています。

ストレッチ、エクササイズ
maruco/gettyimages

「朝晩の5分ストレッチやマッサージを10年継続。エステに行かなくても肌が明るくなり、美容代が減りました」(ちーぼさん 茨城県 49歳)

「"たけまり"さんのストレッチ動画がお気に入り。妊娠中なので、座ってできる運動を実践。3カ月続き、自分に自信が!」(ゆうこさん 富山県 31歳)

継続は力なり。費用対効果もバツグン!

「月数回行くためだけに高いジム代を払うより、うちトレをマイペースに続けるほうが効果も期待でき、はるかに経済的。コツコツ続けて成果を出す力は、やりくりにもつながります」。

おしぼりと水筒を活用していた!

貯まる人は、家でも「おしぼり」と「水筒」を用意。わずかな時間があれば両方用意でき、コツコツ節約できます。いちいち飲み物を用意しなくてよいという時間的メリットも!

屋外の木製テーブルの再利用可能な水ボトル
cmspic/gettyimages

「外出先で人数分のペットボトルを買うと結構な値段になるので、家族全員水筒を持参。月4000円くらい節約に」(ちまちまさん 愛知県 33歳)

細かいお金を大切にできる人こそ貯まる人

「外出先で毎回飲み物やウエットティッシュを買うのは不経済。1つは少額でも、積もれば大きな出費です。貯まる人は小さな出費をバカにしないからこそ、お金が残るのです」。

すき間時間でできる趣味を持っていた!

お風呂で読書したり、川柳や俳句を考えたり、楽器の練習をしたり。自分磨きを兼ねて、アンケートからは、ちょっとした時間でできる趣味を楽しむ様子が驚くほど見うけられました。

Anna Valieva/gettyimages

「芦田愛菜さんの品のある言葉づかいは素敵。自分も美しい日本語の語彙を増やそうと、毎日読書をしています」(あやさん 秋田県 30歳)

「ピアノを練習している間はイライラも消えるし、弾けるようになると楽しい。お金をかけずに気分転換できます」(すずめうりさん 石川県 44歳)

日常の"熱中"が、物欲を遠ざけます

「趣味などで自分を見つめる時間は大切。成長を感じたり、お金では買えない達成感を味わうと、物で満たされることに魅力を感じなくなります。結果、ストレス買いのない生活に」。

盛り塩で運気を上げていた!

風水や占い、おまじないを暮らしに取り入れている人もちらほら。特に「盛り塩」は貯まる人のおうちの玄関に、よく置いてあります。運を味方にしながら、気持ちも引き締めているのです。

kudou/gettyimages

「盛り塩を置くのは2週に1回、たった2分程度ですが、見ることで、流れを変えたいという気持ちを思い出し、物欲を引き締められます」(Koeさん 新潟県 37歳)

家族への愛が、貯まるアクションに!

「盛り塩をするときは、家族の健康や安全も願うもの。その気持ちが、お金のこともしっかりやろうという意識につながり、ムダをなくす努力も積極的にできるので。

トイレ掃除は"ついでに"毎日していた!

トイレやお風呂に入った「ついで」に掃除をすることで、時間も労力もかけずにきれいをキープしている人多し。特にトイレ掃除は風水的な面からもきれいにしている人が目立ちました。

女性はトイレを磨く
RyanKing999/gettyimages

「トイレは朝入ったついでに掃除。食材も買ってきたら冷蔵庫にしまうついでに下処理をして、時間を節約」(ゆうゆさん 東京都 50歳)

"ついで"がゆとりを生み、やりくり上手に!

「いちどに2つ、3つのことを進められると5分、15分はすぐ浮きます。その時間でおかずを一品作ったり、家計簿を落ち着いて付ければ、ムダが減ってやりくりも上手に!」。

※サンキュ!モニターアンケートより(20年9月実施、回答数215人)

参照:『サンキュ!』2021年2月号「15分あればあなたの家計は変わります」より。掲載している情報は2020年12月現在のものです。監修/丸山晴美 構成/岡部さつき(風讃社) 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND