面倒なメニューもめんつゆで手軽に♪ラクチンピーマンの肉詰め

2020/07/28

『サンキュ!』2020年8月号の「1発味つけ夏を乗り切る肉おかず」よりラクチンピーマンの肉詰めをご紹介します。

材料(4人分)

ピーマン…8個

[A]合いびき肉…500g・パン粉、水…各大さじ6・塩…小さじ1/2弱・こしょう…少々

小麦粉または片栗粉、サラダ油…各大さじ1

[B]めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2・水…100ml

[C]めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2・水…大さじ6・片栗粉…小さじ2

作り方

■調理時間:18分

(1)下ごしらえをする
ピーマンは半分に切ってへたと種を取り、ポリ袋に入れて小麦粉(または片栗粉)を加えてまぶす。ボウルに[A]を入れて練り、1/16ずつピーマンにすき間なく詰める。

(2)焼く
フライパンにサラダ油を中火で熱して、肉側を下にして(1)を並べる。こんがりしたら[B]を加え、ふたをして弱火で6~7分蒸し焼きにして、肉に火が通ったら器に盛る。フライパンを拭いて[C]を入れてへらで片栗粉を溶かし、弱火にかけ、混ぜながらとろみがついたらかける。

【FROM YURI】めんつゆのW使いで、ジューシーに!

蒸し焼きにするときと仕上げ、両方でめんつゆを使うことで、より味がしみしみに!ピーマンの水けをよく取って肉をギュッと詰め、裏返さず火を通すと肉がはがれにくい!

<教えてくれた人>
山本ゆりさん
身近な材料で簡単にできるごはんと日常をユーモラスにつづったブログが人気。ブログをまとめた料理本『syunkonカフェごはん』シリーズは累計630万部突破。小誌連載(「山本ゆりのもしあれだったら読んでって」)も大好評!2児の母。

料理を始める前に
※調理時間 実際に調理する時間の目安で、漬ける時間などは含みません。

参照:『サンキュ!』2020年8月号「1発味つけ夏を乗り切る肉おかず」より。掲載している情報は2020年6月現在のものです。調理・撮影/山本ゆり 構成・文/草野舞友 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND