いつものカレーがランクアップ!「じゃがいも入りドライカレー」

2019/04/15

カフェ風カレーの定番「ドライカレー」に挑戦!用意するのは、じゃがいもやにんじん、玉ねぎなど、いつもの野菜とひき肉でOK。今回はさらにおいしくいただくため、じゃがいもを小さくサイコロ型にカット!それだけで、いつもと違うドライカレーが楽しめます。

じゃがいも入りドライカレー

一般的な「ドライカレー」は野菜をすべてみじん切りにしますが、今回ご紹介するレシピはじゃがいもだけ切り方を変えてコロコロとした形に。じゃがいもの食感も楽しめて、満足度もアップします!

【材料(4人分)】
・温かいご飯…茶碗4杯分(600~800g)
・豚ひき肉…300g
・じゃがいも…3個
・にんじん…1本
・玉ねぎ…1個
・にんにく…1かけ
・カレールウ…100g
・サラダ油…大さじ1

【作り方】調理時間30分
(1)切る
じゃがいもは皮をむいて8㎜角に切り、水に5分ほどさらして水けをきる。にんじんは皮をむいて6㎜角に切り、玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。

(2)炒めて煮る
フライパンにサラダ油を中火で熱し、玉ねぎ、にんにくを入れてしんなりするまでよく炒め、ひき肉を加えてほぐすようにしてよく炒める。肉の色が変わったら、にんじん、じゃがいもを加えてさっと炒め、水200㎖を加える。煮立ってきたら、ふたをして弱火で8分ほど煮る。

(3)カレールウを溶かす
火を止め、カレールウを散らして、ふたをして5分ほどおき、混ぜて溶かす。弱火にかけて5~6分、じゃがいもが煮くずれないように煮る。器にご飯を盛り、ドライカレーをかける。
(熱量682kcal、塩分2.8g)

※ 熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。
※ 塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は8.0g、女性は7.0gです。

一皿で大満足の仕上がりに!家にある材料で作れるので、ぜひお試しください。

<教えてくれた人>
大庭英子さん……料理研究家。和食・中国料理・イタリアン・フレンチなどあらゆるジャンルに精通し、初心者にもわかりやすく指導。シンプルな調理で素材の味を最大限に引き出す確かな味にファンが多い。

参照:『サンキュ!』4月号とじ込み付録「大庭英子さんの夕ごはん、どうする?」より。掲載している情報は19年2月現在のものです。調理/大庭英子 撮影/野口健志 スタイリスト/肱岡香子 栄養監修、熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND