【管理栄養士監修】ちくわの賞味期限切れはいつまで食べられる?正しい保存方法は?

2020/06/07

ちくわは煮物や揚げ物など、幅広い料理に使うことができます。しかし、うっかり賞味期限切れにしてしまうこともあるでしょう。そのようなときに、賞味期限が切れたちくわが食べられるのかどうか、判断に迷うのでは?今回は、ちくわの賞味期限について解説していきます。

ちくわは賞味期限が過ぎても食べられる?

ちくわはそのまま食べることもできますが、煮物や揚げ物などにも使えるため、その使い道は広いです。そのため、ちくわは家に買い置きしておくという人もいます。

しかし、買い置きしたちくわをうっかりと賞味期限を切らせてしまうということもあります。

このとき、賞味期限切れのちくわを食べても大丈夫かどうか悩むこともあるでしょう。

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限とはその製品の味や風味などの品質を保つことができる目安の期限です。

そのため、賞味期限が過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。製品によっては賞味期限ではなく、消費期限と記載されていることもあります。

これは主に傷みやすい食材に記載されていて、その製品を安全に食べられるまでの期限を表しています。そのため、消費期限を過ぎた場合は食べることを避けた方がよいでしょう。

【保存方法別】ちくわの賞味期限は?

ちくわ
Promo_Link/gettyimages

賞味期限は保存方法によって前後します。もし、保存状態が悪ければ商品のパッケージに記載されている賞味期限よりも早く傷んでしまうこともあります。

ちくわを安全においしく食べるためにも、どのような状態で保存すれば、どのくらい賞味期限を守れるのかを把握しておくようにしましょう。

未開封のちくわの賞味期限

賞味期限は未開封の状態で、なおかつ正しい方法で保存されている場合を想定して設定されています。そのため、ちくわが未開封の状態で、冷蔵保存しているのであれば、パッケージに記載されている賞味期限に従うようにしましょう。

商品によって多少の差はありますが、基本的にちくわの賞味期限は製造から1週間程度が目安となっています。

開封済みのちくわの賞味期限

賞味期限は未開封の状態を想定して設定されています。もし、ちくわを開封したのであれば、空気に触れてしまうため、パッケージに記載されている賞味期限よりも早く賞味期限が切れてしまうことになります。

開封したちくわは、冷蔵庫で保存すれば2〜3日程度を目安に食べきるようにしましょう。ただし、開封すると急速に劣化は始まるため、必ず状態は確認しましょう。

賞味期限が過ぎて傷んだちくわの特徴

ちくわ
Hana-Photo/gettyimages

賞味期限を過ぎても、ちくわはすぐに食べられなくなるわけではありません。しかし、ちくわの保存方法によっては早く傷んでしまうこともあります。

そのため、賞味期限はあくまでも目安として考え、賞味期限が過ぎているのであれば、必ずそのちくわの状態は確認しましょう。もし、ちくわが傷んでいれば、いくつかの特徴が表れています。

特徴1:異臭がする

ちくわが傷んでくると、酸っぱい臭いや生臭い臭いがするようになります。ちくわは開封しなくても傷んでいくので、もし開封していない場合には袋の外までは臭いが漏れていないこともあります。

そのため、賞味期限が過ぎている場合には、開封してまずは臭いの確認をしましょう。これらの臭いがする場合は腐敗している可能性が高いので食べることは避けるようにしましょう。

特徴2:変色している

ちくわは傷んでくると、表面にカビが生えて変色してきます。また、表面にヌメリが出て、さわると糸を引くこともあります。さらにひどい状態になると、表面も内部も溶けたように柔らかくなります。

このような状態も腐敗しているため、臭いや色が変わったちくわは、加熱しても食べることは危険です。必ず食べることは避けましょう。

【日数別】賞味期限切れのちくわはいつまで食べられる?【自己責任】

竹。魚の形のケーキを貼り付ける
kudou/gettyimages

賞味期限はその製品が品質を守れる目安の期限なので、賞味期限が切れてもすぐに食べられなくなるわけではありません。しかし、賞味期限は保存状態によって前後します。

もし、保存状態が悪ければ、早くに傷んでしまうこともあります。そのため、賞味期限は少し過ぎたくらいだから大丈夫と判断せずに、必ずその状態を確認する必要があります。

賞味期限が1~3日過ぎたちくわ

賞味期限が過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではないので、正しく保存できていれば、賞味期限から2〜3日ほど過ぎていても問題なく食べられる可能性が高いです。

ただし、ちくわの保存状態が悪ければ、早くに傷み始めることもあります。そのため、賞味期限が切れて間もないから食べられると判断せずに、必ず状態は確認するようにしましょう。

賞味期限が1週間過ぎたちくわ

保存状態がよければ、賞味期限を1週間過ぎたちくわも食べられる可能性はあります。しかし、賞味期限を3日以上過ぎていれば、ちくわが傷んでいる可能性も高まってきているので、食べることは避けたほうがよいでしょう。

もし、食べるのであればよく状態を確認して、加熱調理して食べるようにしましょう。また、体調を崩しても自己責任ということも認識しておきましょう。

賞味期限が1カ月過ぎたちくわ

ちくわの賞味期限の目安は製造から1週間ほどです。そのため、ちくわはあまり日持ちしない食材です。そのちくわが賞味期限を1カ月も過ぎていれば、どれだけ正しく保存をしていたとしても傷んでしまって食べることはできないでしょう。

おそらく、色でも臭いでもちくわが傷んでいることが判断できるでしょう。傷んだものを食べることで、体調を崩す危険が高いため、食べないようにしましょう。

ちくわの正しい保存方法

キュウリ入りちくわ
laymul/gettyimages

賞味期限は正しい方法で保存されている場合を想定して設定されています。そのため、正しく保存ができていなければ、賞味期限を縮めてしまうこともあります。また、賞味期限が短くなれば、傷みも早まります。

特に、ちくわはあまり日持ちせず、原材料が魚のため、傷みには注意が必要です。ちくわをおいしく、安全に食べるためにも、正しい保存方法を把握しておくようにしましょう。

冷蔵で保存する

ちくわは1〜10℃で保存しなければいけないため、冷蔵庫での保存が適しています。開封前であればそのまま冷蔵庫で保存するとよいでしょう。

もし、ちくわを開封して使いきれなかった場合には、1本ずつラップに包んで空気に触れないようにしましょう。また、開封後は劣化が早まるため、なるべく早く食べるようにしましょう。

冷凍で保存する

かまぼこのように、冷凍によって内部の水分が凍って食感が悪くなることはないため、ちくわは冷凍しても食感や風味が損なわれにくいです。

また、冷蔵よりも保存期間が長くなります。ただし、冷凍でもあまり長期保存は避けて、なるべく早く食べるようにしましょう。また、解凍時には状態を必ず確認するようにしましょう。

賞味期限切れのちくわには要注意!無理して食べないようにしよう!

ちくわ
Promo_Link/gettyimages

賞味期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。しかし、保存状況によっては賞味期限が短くなることもあります。とくに、ちくわはもともと日持ちする食材ではないので注意が必要です。

もし、賞味期限切れのちくわを食べる場合には、その状態をよく確認してましょう。少しでも色や臭いに違和感があれば無理してまで食べないようにしましょう。

■記事監修・・・

管理栄養士・ゆかりさん

管理栄養士、食生活アドバイザー。4歳女児のママで出張料理、料理教室、講演、栄養相談も手掛けるほか、ライターとしても活動。



参考サイト

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND