みんなの好きな南蛮漬け風!鮭となすときのこの焼き漬け

2020/10/30

『サンキュ!』2020年10月号の「別冊:べんとうにもつかえるおかず」より鮭となすときのこの焼き漬けをご紹介します。

材料(4人分)

生鮭の切り身…4切れ
なす…3個
エリンギ…3本

[A]しょうゆ、酒、みりん…各大さじ3・塩…小さじ1/3・すだちの絞り汁…2個分・(または酢小さじ2でもよい)・赤唐辛子(半分に折ってざっと種を除く)…1本

ごま油…大さじ2 1/2
酒…大さじ2
(あれば)すだち(輪切り)…適量

作り方

(1)下ごしらえをする
鮭は塩小さじ1をふって約10分おき、出てきた水分をペーパータオルで拭き、3~4等分に切る。[A]は小鍋に入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせ、バットなどに入れる。なすはへたを切り、縦に6等分に、長さを半分に切り、水にさっとさらす。エリンギは長さを半分に切り、縦に6~8等分に切る。

(2)野菜を焼いて漬ける
フライパンにごま油大さじ2を入れて中火で熱し、水けをきったなすとエリンギを入れて、焼き目がつくまで焼く。なすがしんなりしたら(1)の漬け汁に入れる。

(3)鮭を焼いて漬ける
フライパンにごま油大さじ1/2をたし、鮭を入れて中火で焼き目がつくまで焼く。裏返して酒をふり、ふたをして弱めの中火で約5分焼き、(1)の漬け汁に漬ける。あればすだちを加える。

(熱量222kcal、塩分1.9g)

<メモ>3日間冷蔵保存可能

【Point】

汁けを拭いてからべんとう箱に詰める。なすときのこも一緒に入れればバランスも見栄えもよいべんとうに。

<教えてくれた人>
ワタナベマキさん
料理研究家。旬を味わうシンプルレシピが大人気。多方面で活躍し、べんとう箱の開発も。中学生男子のべんとうを作っている。

お料理を始める前に
●夕ごはん時に作ったおかずをべんとうのおかずにするときは、電子レンジ(揚げものはオーブントースター)で温め直してさましてから、べんとう箱に詰めるようにしてください。
●気温の高い時期は、べんとうがいたみやすいので注意してください。気温25℃以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをおすすめします。

※熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。 
※塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は7.5g未満、女性は6.5g未満です。

参照:『サンキュ!』2020年10月号「別冊:べんとうにもつかえるおかず」より。掲載している情報は2020年8月現在のものです。調理/ワタナベマキ 撮影/野口健志 熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND