熱湯をかけるとしんなりして食べやすく!水菜の梅干しおかかあえ

2021/01/25

『サンキュ!』2021年1月号の「20分でささっと2品」より水菜の梅干しおかかあえをご紹介します。

材料(4人分)

水菜…2束(400g)

[あえごろもの材料]
梅干し(大)…2個・削り節…1袋(5g)・しょうゆ…小さじ1/2・水…大さじ3

作り方

■調理時間:20分

(1)水菜に熱湯をかける

水菜は根元を落とし、長さ4~5cmに切ってたっぷりの水で洗い、盆ざるなどに広げる。たっぷりの熱湯を全体にかけて、上下を返してさらにかけ、そのまま粗熱を取る。

(2)あえる
梅干しは種を取って、包丁で細かくたたき、大きめのボウルに入れて、あえごろものそのほかの材料を加えて混ぜる。(1)の水菜の水けを絞り、ボウルに加えてあえる。

(熱量30kcal 塩分1.6g)

お料理を始める前に
大さじ1=15ml、小さじ1=5ml、1カップ=200mlです。

*熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は7.5g未満、 女性は6.5g未満です。

参照:『サンキュ!』2021年1月号「20分でささっと2品」より。掲載している情報は2020年11月現在のものです。調理/大庭英子 撮影/野口健志 熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND