徳利

『チャミスル』韓国ドラマ「梨泰院クラス」にも登場する緑色の瓶のお酒は韓国焼酎(ソジュ)!おいしい飲み方と意外に豊富なラインナップをご紹介!

2021/08/26

韓国ドラマには必ずと言っていいほどお酒を飲むシーンが出てきます。また居酒屋が舞台になった『梨泰院クラス』が日本でも大ヒットし、韓国のお酒文化に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

ところで、ドラマ内でよく目にする緑の瓶、どんなお酒かご存知ですか?

今回は緑の瓶の代表格である『チャミスル』について、韓国留学経験もある韓流マニアのJUMIJUMIさんに教えてもらいました。

韓国留学を機に韓国の文化に魅了される。年間30作品以上の韓国ドラマを視聴し、またライターとして情報発信も積極...

>>>JUMIJUMIの記事をもっと見る

チャミスルってどんなお酒?

『チャミスル』とは日本でも赤文字の『JINRO』でお馴染みの眞露株式会社が販売している韓国焼酎の銘柄です。

「チャミスル=韓国焼酎」ではなく、韓国語では焼酎のことを「소주(ソジュ)」といいます。チャミスル以外にも競合銘柄がいくつかありますが、その中でもチャミスルは2021年の韓国本国のシェア60%以上を誇る韓国No.1ブランドです。

アジア以外にもアメリカ・ヨーロッパなど世界各国に輸出されておりますが、コロナ禍での家飲み需要の高まりもあり、日本では第4次韓流ブームの追い風を受け2021年1から5月の累計実績は約52万ケースを超え、同月累計比約600%に達しているそうです。

チャミスルのアルコール度数は?

チャミスルは複数のフレーバーが展開されており、種類によって度数が異なります。

『チャミスル オリジナル』のアルコール度数は20.1%で、『チャミスルフレッシュ』は17.2%(韓国で販売されているチャミスルフレッシュはアルコール度16.9%)。果実フレーバーのチャミスルはアルコール度13%と、若い女性にも飲みやすいようにアルコール度数を下げたシリーズも登場しています。

チャミスルの価格は?カロリーは?

ドラマでよく見る緑の瓶は360mlで、日本では350円前後で販売されています。1本のカロリーは約500kcal。

ビールやワインなどと比べると高めに見えるかもしれませんが、ビールのようにグビグビ飲むものではないので、誰かとシェアしたりちびちびと飲む分には、カロリーを摂り過ぎるということはないでしょう。

チャミスルの原材料は?

原材料は米や麦なども合わせた穀物で、発酵蒸留させてできたアルコールを竹炭濾過製法したミネラル水で希釈し作られています。

完成までにこだわりの竹炭濾過を4回も行うことで不純物が取り除かれ、スッキリとした焼酎に仕上がるんだそうです。日本では米焼酎・芋焼酎・麦焼酎のように、原材料1種類から作られることが多いので、そこが日韓の焼酎文化の大きな違いでもありますね。

チャミスルの味は?種類は?

チャミスルにはいくつか種類があります。『チャミスル オリジナル』は商品名にあるとおり日本のおけるチャミスルでもっともベーシックなもの。初めてチャミスルを飲むという方は、こちらをチョイスしてみるがのおすすめです。

JINRO チャミスル オリジナル

ただし、前述のとおり『オリジナル』はアルコール度数が20.1%とやや高めなので、お酒が得意でない人には少し強すぎるかも。そんな方には、『チャミスル フレッシュ』がおすすめ。

チャミスルFRESH

オリジナルと比べてアルコール度数は控えめの17.2%。スッキリと飲みやすいので、ふだん焼酎を飲まないけどチャミスルには興味アリ、という方はこちらをチョイスしみてはいかがでしょう。

その他に、女性を中心に人気を集めているのが果実フレーバーのチャミスル。グレープフルーツ・マスカット・すもも・いちごの4種類があり、口に運んだ瞬間にフワッと果実の甘酸っぱい香りが広がり、甘みもあるのでストレートでも飲みやすくなっています。

チャミスル(マスカット・グレープフルーツ・すもも・ストロベリー)

焼酎をあまり飲んだことがなかったり、甘めのお酒がお好きな方にはマスカットやいちご。

甘すぎずサッパリ感が欲しい方には酸味と甘みのバランスが良いグレープフルーツやすももがオススメ。

ソーダ割りにして実際に果実を加え、カクテルのように楽しむのも美味しいですよ。

チャミスルはどこで買える?

韓国ではスーパーやコンビニなど、どこでも手軽に購入できます。

日本では韓国の食品を置いているお店やドン・キホーテなどで購入できますが、店舗によって取り扱っている種類は異なります。

Amazonや楽天市場でも数多く販売されているので、飲みたい種類を確実に購入できそうです。

チャミスルの飲み方は?韓国ではどう飲むの?

日本では焼酎を注文すると「ロックにしますか?水割りにしますか?」と飲み方を聞かれることが多いと思いますが、韓国では焼酎を注文しても飲み方を尋ねられることはなく、よくドラマに登場する、お猪口グラスが出てきます。

なぜなら韓国では焼酎はストレートで飲むのが基本だから!

キンキンに冷えたチャミスルをお猪口グラスに注ぎ、ストレートでグイッと飲んで喉がカーッと熱くなるのを楽しむ!これこそが本場韓国スタイルです。

また韓国ではこんな飲み方も楽しまれています!

チャミスルトルネード

飲みの場を盛り上げるためにやる技です。チャミスルを開ける前に瓶をしっかり握り、勢いよく逆さまにしすぐに戻します。すると瓶の中にチャミスルの渦巻きが発生!瓶をクルクルと回して渦を作るやり方もあります。

私の韓国人の友人には、チャミスルが出てくると条件反射でやってしまうという人がたくさんいました。みなさんもぜひチャレンジしてください!

爆弾酒(ポッタンジュ)

こちらはあまりオススメはしませんが……韓国ドラマではよく見かける飲み方。

爆弾酒とは2種類のお酒を混ぜたものを言い、最もオーソドックスなのが韓国焼酎+ビールです。その名前の通り爆弾のように破壊力抜群に酔えるので、飲みの場での罰ゲームやお酒の強さを競う時などによく飲まれます。

韓国ドラマでは、女の子が罰ゲームで爆弾酒を飲まされそうになった時に、イケメン男子が「僕が代わりに飲みます!」と名乗り出て、女の子をかばってかっこ良く飲み干す!そして恋に落ちる!なんてパターンがよくありますね。

チャミスルはどんな料理にも相性バッチリ!

スッキリとした味わいでクセがないチャミスルは色々な料理と相性バッチリです。例えばイタリアンや洋食にはソーダ割り、お鍋料理にはロックなど、料理に合わせてお気に入りの飲み方を見つけるのも楽しいと思います。

ですがやっぱり、本場のように韓国料理とストレートで飲むチャミスルが一番美味しく感じます。私がオススメしたい組み合わせは韓国の辛い料理とチャミスル。

韓国の屋台料理で定番のコルベンイ(つぶ貝の辛酢和え)やタッパル(鶏足の甘辛炒め)などの辛さの強い料理を食べて、口の中の辛さをチャミスルでグイッと流して、食道がカーッと熱くなったところにまた辛い物を食べる!それはそれは刺激的です。

もちろん辛い料理じゃなくても問題ありません。チヂミやキムチチゲ、サムギョプサルなど、日本でも身近な韓国料理はたくさんありますので、そんな時にはぜひチャミスルを用意して、本場韓国の雰囲気を楽しんでほしいと思います!



■執筆/JUMIJUMIさん…韓国留学を機に韓国の文化に魅了される。年間30作品以上の韓国ドラマを視聴し、またライターとして情報発信も積極的に行う。ただ作品の内容を説明をするだけでなく、食や生活様式など文化面から掘り下げた解説を得意としている。インスタグラムはjumistyle99。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND