貯められなかった「元ダメ子さん」が貯まるようになった5つのポイント

2021/04/20

どうせ私は貯められない人間だから……と思っていませんか?あきらめるのは、ちょっと早いかも。貯められない人でも、ポイントさえ押さえれば貯められるようになるとか。

全国の主婦を取材して、お金に関する記事を数多く手がける村越克子さんが、そのポイントを解説します。

子どもが生まれてマジヤバイ!と危機感を持つこと

手を握る。生まれたばかりの赤ん坊を親の手に渡す
minianne/gettyimages

お金を貯めている人の中には、もともとお金をあまり使わない倹約家の人もいますが、以前は浪費家だったという人も少なくありません。

むしろお金を貯めることに無関心で、あればあるだけ使っていた人のほうが、何かのきっかけで“貯められる人”に激変のです。つまり、きっかけさえあれば、今は貯められない人でも貯まるようになるということ。

そのきっかけでよくあるのが「子どもの誕生」。夫婦2人暮らしで、しかも共働きだと、毎月の給料を使い果たしても「稼いでいるから、まあ、なんとかなる」くらいに考えるものです。しかし、子どもが生まれるとなると「この子の将来のために」という親心がわくことに。

「今のようなお金の使い方をしていたら、いつまで経っても貯金ができない。子どもの教育費が貯められない!」という危機感を持つことが、お金と真剣に向き合う大きなきっかけになります。

何にお金を使っているのか、現状を知ること

手は電卓と紙メモ帳手形木製テーブルの上の左手の山を黒ペンで指を置くコスト計算や請求書支払いコンセプト、
Nuthawut Somsuk/gettyimages

「これといったムダ使いはしていないのに、いつの間にかお金がなくなる」というのは、貯まらない人の“あるある”です。

お金が勝手に財布から出ていくことはないので、自分が何かに使っているはず。何にいくら使っているかを把握することは、お金を貯めるためのはじめの一歩です。

それには支出を記録する=「家計簿」が役立ちます。1カ月でもいいので、家計簿をつけて支出を確認してみましょう。

住宅ローン(家賃)、水道光熱費、スマホ代、保険料……など毎月決まって出ていくお金=「固定費」だけでも、結構な金額になることがわかります。買い物などで使えるお金は、これらの固定費を引いた分だけ。意外と少ないことも判明するはずです。

何にお金を使っているかがわかってこそ、支出の削りどころも見えてきます。

先取り貯蓄を始めて「貯まる仕組み」をつくること

ピギーバンクとコイン
kuppa_rock/gettyimages

お金を貯めている人の貯め方の定番が「先取り貯蓄」。給料日に毎月決まった金額を先取りで貯金する方法です。自動入金システムや積立定期預金などを利用して、自動的&強制的に貯金できるようにすると手間がかかりません。

「先取りで貯金すると、途中で足りなくなるかも」と不安に思う人は、最初は金額を少なめにしてスタート。先取り貯蓄分は最初からなかったものとしてやりくりします。

「あればあるだけ使っていた」人は、意外となければないでやっていけるものです。貯蓄分を先に確保しているので、残りの分は全部使っても、貯蓄は毎月、確実に増えていきます。これが「貯まる仕組み」です。

肝心なのは蓄積分と生活費を分けること。生活費が余った分を貯蓄にしていると、貯まっているのか、いないのかがあいまいになりがちです。貯蓄分をしっかり分けて、残高が「右肩上がり」になる通帳をつくると、貯まる楽しさが実感できます。

年間で出ていくお金を把握すること

女性の手とメモ帳
Yulia Lisitsa/gettyimages

月々の支出は管理できても、自動車税、固定資産税、帰省費用、大型休暇のレジャー費、家族の記念日など、毎月の給料ではまかなえない大きな支出があります。これが、家計を赤字にする元凶です。

大きな支出があるたびに貯蓄から捻出していては、増えたり減ったりで「右肩上がり」にはなりません。そこで、年間で出ていくお金をリストアップして予算立てします。

先取り貯蓄を「手をつけない貯金」と「年間で使う貯金」に分けるのも手です。ボーナスから予算取りしてもOK。大事なことは、出ていくお金を事前に把握して、予算のメドを立てておくことです。

そのときになって「貯金を下ろす」のではなく、想定内の支出にします。お金を管理すれば、お金に振り回されることがなくなります。

お金の勉強を始めること

若い学生はオンラインでレッスンを見て、自宅から勉強しています。
Jovanmandic/gettyimages

お金を貯めることに慣れてきたら、お金のことに関心を持つようになるはず。どうしたら効率的にムダを省いて、貯蓄を順調に増やすことができるか?そう考えたら、お金の勉強をするチャンス。

「お金のことはむずかしい」とか「数字は苦手」と思い込まずに、トライしてみましょう。むずかしい本を読まなくても、今どきはYouTubeなどの動画でわかりやすく解説しているものもあります。

お金のことがわかると、貯めることがもっと楽しくなるはずです。

まとめ

今は貯金0円でも、貯めるポイントさえ押さえれば、貯まる可能性は無限大にあります。いったん貯まる軌道に乗れば、貯めることが楽しくなって貯蓄が順調に増えていくはずです。最初の一歩を踏み出してみてください。



■執筆/村越克子さん
『サンキュ!』を中心に雑誌・ムック・webなどで全国の主婦を取材し、家計のやりくりなどお金に関する記事を数多く手がける。『貯められない人の家計管理』(朝日新聞出版)の編集・執筆など。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND