「いつ何をやるか」決めただけで、1000万円貯めた主婦の暮らし

2021/01/30

1000万円貯めている人は、私たちと何が違うのでしょうか?

パート勤務で、やんちゃ盛りの子ども3人がいる、Aさんは、決まったリズムで暮らすだけで「衝動買い」が減って貯まるように!コツコツ節約しなくても、お決まりのやりくり習慣を続けるだけで1000万円貯まる秘訣を教えてもらいました。

<教えてくれた人>
『サンキュ!』読者 Aさん(栃木県 39歳)
夫(42歳)、長男(13歳)、二男(11歳)、長女(9歳)の5人家族。住まいは持ち家一戸建て。「近所の薬局で、1日3時間程度、週5日でパートしてます」。

◎MONEY DATA◎
世帯月収(手取り) 45万円
世帯ボーナス(年間・手取り) 113万円
世帯年収(手取り) 653万円
月貯蓄額(児童手当除く) 12万7000円
年貯蓄額(児童手当除く) 約192万円
総貯蓄額(保険含む) 約1450万円

生活リズムをくずさないよう心がけて、貯蓄も子どもの未来も守ってます

以前はストックを買いすぎるせいで、家も散らかりがち。イライラしてはまたムダづかいしていたと話すAさん。「子どもが生まれ、家を買ってから、暮らしを整えようと規則正しい生活を心がけるように。そこからお金づかいも変わりました」。

平日は毎日、いつ何をやるか決めて、1日の流れを一定に。食材は週末に買って平日には買いたさないなど、なるべく財布を開く回数も減らしました。「毎日同じリズムだと、出費も安定。フラットな気持ちで過ごせるから、衝動買いやムダな外食にお金を使わなくなりました」。

リズムを守ることで、子どもが3人いても、毎日バタつかない。それだけで1000万円も貯められちゃうのだから、"規則正しい"って実はスゴイことなのかもしれませんね。

1カ月の家計表

<収入>
夫月収(手取り) 36万円
妻月収(手取り) 9万円

<貯蓄>
先取り貯蓄4万5000円
(貯蓄型保険3万円、学資保険1万円、積み立て5000円)

<支出>
住居費6万5000円
水道・光熱費2万円
通信費1万6000円
保険料1万8000円
学校の費用(3人分)2万4000円
習い事費6万4000円
 テニス(長男) 3万1000円
 英語(二男&長女) 2万2000円
 塾(二男) 5000円
 ピアノ(長女) 6000円
食費4万円
日用品費5000円
レジャー費5000円
ガソリン代1万5000円
その他(コンタクトレンズなど)1万1000円
夫小遣い3万円
妻小遣い1万円

残し貯め8万2000円

先取りと残し貯めで、月12万7000円貯蓄。ボーナスからは、特別出費の70万円を取り分け、残り約40万円を貯蓄に回しています。

決まったリズムで暮らすと貯まる理由

(1)買い方が定まってムダ買いしなくなる
同じお店、同じ頻度、同じ物を買うルールにすると、出費が自然と一定に。値段の安さや目先の物欲に踊らされなくなりました!

(2)疲れないから「お金で解決」が減る
スムーズに流れる毎日は、低ストレス。疲れて外食や衝動買いに走るなど、投げやりな出費とは、自然と無縁になります。

(3)貯蓄目標をじっくり考える時間が取れる
教育費は1人500万円、家の修繕に100万円、老後に3000万円貯めるのが目標。家族の将来のことを考えるとモチベも上がります。

夢は大きくAさんの貯蓄目標☆

●まず子ども3人の教育費

●次に家の修繕費用

●将来は老後の生活費

コツコツ節約しなくても1000万貯められた!お決まり・やりくり習慣

シンプルだから、ムダが出ない。そんなAさんのやりくりは、やるべきこと、確認すべきものを決めて「変えない」ことがポイントでした!

日用品は、朝メモした「不足分」しか絶対買わない【1日1回】

食材は週末にスーパーで、日用品は平日にドラッグストアで買うと決めているAさん。「ストック品は最小限にしたいので、朝たりない物をメモしておき、仕事帰りに"それだけ"を買うようにしています」。

予算1万円で、週末に決まった物だけまとめ買い【週1回】

週1の買い物の予算は1万円。「行くのは1店にしぼり、はしごはしません。献立もあらかじめ4週分のパターンを決めているので、それに合わせて定番の食材を買えばOK」。パパッと買って20分以内にスーパーを出ます。

給料日後に、1カ月の設計図を書いてあとはほったらかし【月1回】

手もとのお金は現金管理で、残金を見て暮らすだけ。その代わり、固定費ややりくり費、貯蓄は月に一度ノートに書き、お金の流れはしっかり確認。「習い事をいつ減らすかなど、検討事項もメモ。これから使うお金をじっくり"見る"ことで、変化に沿って管理できます」。

コレを書き出してチェック!

□口座からの引き落とし分
□月謝など手渡しする分
□手もとでやりくりする分
□その月の予測できる特別出費

発売中のサンキュ!3月号では、Aさんの家計表とやりくり以外に、平日のタイムスケジュールなどを詳細にわたり紹介しています。

また、Aさん以外にも「1000万円貯めてる主婦」の平日と休日の暮らしと家計表を掲載。自分に近い働き方や家族構成の人をみつけて、「貯まる暮らし」のヒントを取り入れてみてはいかがでしょうか?

参照:『サンキュ!』2021年3月号「1000万円貯めている人のラクする平日トクする休日」より。掲載している情報は2021年1月現在のものです。

撮影/林ひろし(イメージ写真) 構成/竹下美穂子 取材・文/大上ミカ 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND