殻付きク

【管理栄養士監修】賞味期限(消費期限)切れの「あさり」はいつまで食べられる?

2020/08/29

あさりは気がつくと消費期限が切れているということがあります。傷んだあさりを食べてしまうと、体調をくずしてしまうなどの危険があります。傷んだあさりの特徴・正しい保存方法・日数別に食べられるかの判断基準をご紹介しますのでチェックしてみましょう。

あさりは賞味期限(消費期限)がすぎても食べられる?

アサリアサリ
akiyoko/gettyimages

あさりは、さまざまなミネラルやうまみ成分が含まれる二枚貝です。賞味期限(消費期限)が切れてしまった場合は食べられるのでしょうか。

生のあさりはあまり日持ちがしないので、消費期限が表示されていることが多いです。本記事では、生のあさりの消費期限や保存方法について解説します。あさりの保存方法のポイントをおさえて、安全においしく食べましょう。

賞味期限と消費期限の違い

ここで、消費期限と賞味期限の違いについてまとめます。

賞味期限とは、未開封で保存方法をしっかり守って保存した場合に、記載されている年月日、または年月まで「おいしく食べられる」期限のことです。

賞味期限はスナック菓子・インスタントラーメン・缶詰など、製造・加工されてから、おおむね6日以上期限のある傷みにくい食品に記載されています。またこの期限をすぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

消費期限とは、賞味期限と同じように保存していた食べ物などが、記載されている「年月日」まで「安全に食べることのできる」期限になります。

お弁当・サンドイッチ・生菓子など、製造・加工されてから、おおむね5日以内の傷みやすい食品に記載されています。

もちろん賞味・消費期限ともに、開封してしまうことで、食品の保存状態が変化してしまうため、表示されている期間に関わらず、できるだけ早めに消費するようにご注意ください。

傷んだあさりの特徴

日本のリトルネックアサリ(マニラアサリ(ルディテープ・フィリピナルム)
skybluejapan/gettyimages

ここからはあさりが傷むとどうなるのか、詳しい特徴を紹介していきます。

あさりは傷みやすい食材なので、たとえ消費期限がすぎていなくても、傷んでいないか確認したほうがよいでしょう。もし、あさりに以下のような状態の変化が見られた場合は口にしないようにしてください。

特徴1:動かない

生きているあさりを購入した場合は、食べる前に砂抜きをする必要があります。その際には、あさりが呼吸をするために管を出したり、殻が少し動いたりなどします。

動きがまったくない、殻の口が開ききっているなどの特徴がみられるあさりは、死んでしまっている可能性があります。死んでから時間が経っていれば、腐っている可能性が高いです。

特徴2:異臭

多くの食材は傷むと異臭を放つようになります。あさりから、鼻を刺すような生臭さや腐敗臭がした場合は、傷んでいる証拠です。

異臭がするあさりは加熱しても食べられません。臭いがよくわからないという場合は、あさりの殻の状態や、動きもあわせてチェックしてください。

特徴3:水が濁る

あさりは砂抜きをするために海水や食塩水に浸けておく必要があります。その際に、水の濁りがひどい場合は、傷んだあさりが混じっている可能性があります。

もし、水が濁った場合には、傷んだあさりを取り除いて、もう一度砂抜きをして、水の濁りを確認しましょう。あさりを購入する際にも、あさりといっしょに入っている塩水が濁っていないか確認してください。

【日数別】消費期限切れのあさりはいつまで食べられる?

アサリ
ahirao_photo/gettyimages

あさりの消費期限が切れてしまった場合は、いつまで食べられるのでしょうか。ここからは、日数別の判断基準を紹介していきます。

消費期限が1日すぎたあさり

消費期限が1日すぎたあさりで、傷んだ特徴が見られなかったとしても、安全に食べられる可能性が低いので、食べることはおすすめできません。また、食中毒の原因となる細菌は、見た目や臭いに変化が現れないため、食べられるかどうかの判断がむずかしいとされています。

消費期限が2日すぎたあさり

あさりは、新鮮なものを冷凍保存したり、佃煮などに加工しない限り、長期保存が不可能な食材です。

消費期限が2日すぎたあさりは、傷んでいる可能性が高いため、食べることをおすすめできません。

あさりの正しい保存方法

シャコガイ
kazoka30/gettyimages

砂抜きしたあさりは、鮮度が落ちやすくなるので、できるだけ早く調理しましょう。もし、潮干狩りなどで一度に食べきれない量が手に入った場合は、冷凍保存して日持ちさせることが可能です。

ここからは、あさりの正しい保存方法を紹介します。

冷蔵庫で保存する

鮮度を維持するためにも、あさりは冷蔵で保存します。あさりの砂抜きには、砂を吐き出しやすい温度である20℃くらいの常温が適しているとされていますが、夏場など室温が高いときは、冷蔵庫の中で砂抜きすることをおすすめします。

砂抜きは、あさりがひたひたに浸かるくらいの3%濃度の食塩水に広げ、ザルなどを間にはさんで1~3時間を目安に行います。砂出しずみのものでも1時間、冷蔵庫に入れる場合は4~5時間が目安と言われています。

砂抜きの際には水が飛び散ることもありますので、新聞紙やアルミホイルなどをかぶせておきましょう。また、長時間砂抜きをさせたままにしたり、あさりが呼吸しにくい状態となると、あさりが死んで傷みやすくなるので注意しましょう。

冷凍庫で保存する

あさりの砂抜きがすんだら、よく水洗いをし、水気を拭き取ってフリーザーバックに入れ、冷凍庫で保存します。あさりは、冷凍することで、日持ちさせることができます。

水気が残ったまま冷凍すると、あさり同士がくっついてしまい、殻が割れやすくなりやすくなるので、ザルにしばらくあげてから、キッチンペーパーで丁寧に拭き取りましょう。また、冷凍したあさりは貝が開きやすくなるよう、自然解凍してから使うのではなく、そのまま加熱調理に使いましょう。

賞味期限(消費期限)切れのあさりには要注意!無理して食べないようにしよう!

貝、アサリ
ikuyan/gettyimages

あさりは冷蔵庫や冷凍庫で保存し、塩水につけると動いたり、殻がしっかり閉じている鮮度のよいものを食べてください。

あさりは傷みやすい食材なので、たとえ消費期限が切れていなくても食べる前に状態をチェックしましょう。期限切れの場合は、安全性を考慮して無理に食べないようにしてください。

■記事監修・・・

管理栄養士・ゆかりさん

管理栄養士、食生活アドバイザー。4歳女児のママで出張料理、料理教室、講演、栄養相談も手掛けるほか、ライターとしても活動。


※参考にしたサイト

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND