パッと作れて箸が止まらない「無限おかず」7選

2019/01/12

無限に食べられるほどおいしいと話題の「無限○○」おかず。SNSから人気に火が付き、定番の「無限ピーマン」以外にも、いろいろな食材で作る「無限おかず」が話題になっています。その中から今回は7種のレシピを大公開!

無限にんじん

ツナとさっと炒めるだけ!マスタードがかくし味。

【材料(4人分)】
▶ にんじん……2本
▶ ツナ缶……1缶
▶ オリーブ油……大½
A[マスタード大1 塩小⅓ 粗びき黒こしょう少々]

【作り方】調理時間15分
(1) にんじんは、スライサーなどで細切りにする。
(2) フライパンにオリーブ油を中火で熱し、1を炒める。全体に油が回ったら汁けをきったツナを加えてさっと炒め、Aを加えて炒め合わせる。

無限もやし

ほんのりカレー風味で、しゃきしゃきうまい。

【材料(4人分)】
▶ もやし……2袋
▶ ハム……5~6枚
A[ 酢、しょうゆ各大1 サラダ油大½ 砂糖、カレー粉各小½ 塩小¼ こしょう少々]

【作り方】調理時間10分
(1) もやしは、沸騰した湯で30 秒ほどゆでてざるに上げ、水けをよくきる。ハムは細切りにする。
(2) 1とAを混ぜ合わせる。

無限キャベツ

桜えびのうまみがキャベツにしみしみ~。

【材料(4人分)】
▶キャベツ……¼個
▶ 乾燥桜えび……大8(15g)
▶ ごま油……大½
A[ 酒大1 塩小⅓ 粗びき黒こしょう、おろしにんにく各少々]

【作り方】調理時間10分
(1) キャベツは、幅1.5 ㎝に切る。
(2) フライパンにごま油を強火で熱し、1と桜えびを入れて炒める。全体に油が回ったら、Aを加えて炒め合わせる。

無限なす

蒸し鶏入りでボリューミー!めんつゆを使えば味つけがラク。

【材料(4人分)】
▶ なす……4個
▶ 鶏ささ身……3本
A[ 酒大½ 塩少々]
B[ めんつゆ(3倍濃縮)大1 酢大½ すりごま大2 (好みで)おろししょうが小1]

【作り方】調理時間15分
(1)なすはへたを除いてピーラーで皮をむき、さっと水にくぐらせて1 個ずつペーパータオルで包み、さらにラップで包む。耐熱皿に並べて電子レンジで3分加熱する。鶏肉は耐熱皿にのせてAをふり、ふんわりラップを掛けて電子レンジで2分加熱する。ともに粗熱が取れたら、手で裂く。
(2) 1 のなす、鶏肉を混ぜ合わせたBであえる。 

無限小松菜

ごま油&にんにく風味にちくわがアクセント。

【材料(4人分)】
▶ 小松菜……2わ(400g)
▶ ちくわ(小)……4本
▶ ごま油……大½
A[ しょうゆ大1½ 酒大1 おろしにんにく少々]

【作り方】調理時間10分
(1)小松菜は根を切り落とし、長さ4㎝に切る。ちくわは厚さ5 ㎜の斜め切りにする。
(2)フライパンにごま油を強火で熱し、1を炒める。全体に油が回ったら、Aを加えて炒め合わせる。

無限じゃがいも

好相性のベーコンとコンソメで子どもも大好き。

【材料(4人分)】
▶ じゃがいも……3個
▶ ベーコンスライス……5枚(50g)
▶ オリーブ油……大½
A[ 顆粒コンソメスープの素小1 塩、こしょう各少々]

【作り方】調理時間15分
(1)じゃがいもは、皮をむいてピーラーなどでせん切りにし、水にさらして水けをしっかりきる。ベーコンは、幅5㎜に切る。
(2)フライパンにオリーブ油を中火で熱し、1を炒める。全体に油が回ったら、Aを加えて炒め合わせる。

無限えのき

電子レンジで完成!さっぱり梅味で、箸休めに最強。

【材料(4人分)】
▶ えのきだけ……大2パック(400g)
▶ 梅干し……2個
▶ ポン酢しょうゆ……大2

【作り方】調理時間5分
(1)えのきは根元を切り落とし、長さを半分に切る。
(2) 耐熱皿に1を入れてポン酢しょうゆをかけ、ふんわりラップを掛けて電子レンジで2分30秒加熱する。種を除いてたたいた梅干しを加え、混ぜ合わせる。

※電子レンジの加熱時間について
600Wの場合の目安です。500Wの場合は、1.2倍の時間で加熱してください。その他の場合は、メーカーにお問い合わせください。
*電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

ご飯のお供にも、お酒のつまみにもピッタリ!使う材料も味つけもシンプルですが、どれもクセになるおいしさで箸が止まらなくなること間違いなしですよ。

参照:『サンキュ!』1月号 別冊付録「365日15分おかず」より。掲載している情報は18年11月現在のものです。調理/石黒裕紀 撮影/高杉純 構成・文/草野舞友 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND