【レンジで簡単】しっとり鶏胸肉レシピに感動が止まらない!

2019/03/03

いろいろな料理に使える「鶏胸肉」は、価格も手ごろでとっても人気の食材!唯一欠点をあげるとすれば、少しパサつきがちなことくらい。しかし、今回紹介する方法で調理すれば、その問題も解決!鶏胸肉とは思えない”しっとり感”に感動すること間違いなしです。

電子レンジで時短!2ステップで完成

今日、お届けする料理は「レンチンよだれ鶏」と「鶏とブロッコリーのレンジクリーム煮」の2品。電子レンジだけで調理が完結するので忙しい主婦にはもってこいのレシピです。

●レシピの表記について
・大さじ1=15ml、小さじ1=5ml、1カップ=200ml
・野菜の下ごしらえの「洗う」、「へたや種を取る」、「皮をむく」などは、省略しています。
●電子レンジについて・電子レンジの加熱時間は、600Wの場合の目安です。500Wの場合は、1.2倍の時間で加熱してください。その他の場合は、メーカーにお問い合わせください。
・電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

レンチンよだれ鶏

シャキシャキもやしと相性抜群のやみつき味。

【材料(4人分)】
・鶏胸肉…2枚(600g)
(塩小さじ½、こしょう少々をすり込み、室温に30分おく)
・酒…大さじ1
・豆もやし…2袋(400g)
・A(にんにく1かけ〈みじん切り〉 しょうが1かけ〈みじん切り〉)
・B(しょうゆ大さじ2 酢大さじ1½ 砂糖小さじ1) ごま油…大さじ2
・(好みで)ラー油、粉山椒…各適量

【作り方】
(1)レンジ加熱する
耐熱皿に豆もやしの半量を広げ、鶏肉をのせ、酒をふり、残りの豆もやしをのせる。ラップをふんわりと掛け、電子レンジで12分加熱し、ラップを掛けたままおいて5分蒸らす。

(2)たれを作る
小鍋に、ごま油、Aを入れて弱火にかけ、香りが立ったら火を止めて、B、1の蒸し汁大さじ2を入れて混ぜ、たれを作る。鶏肉を食べやすく切って、豆もやしとともに器に盛り、たれをかける。ラー油と粉山椒を添え、好みでかけて食べる。

★POINT★
鶏肉を水分の多いもやしではさんでレンチンするとしっとり!

鶏とブロッコリーのレンジクリーム煮

生クリームで作るから濃厚でリッチな味わい。

【材料(4人分)】
・鶏胸肉…2枚(600g)
(一口大に切って塩小さじ1、こしょう少々をすり込み、白ワインまたは酒大さじ1をもみ込み、小麦粉大さじ1をまぶす)
・マッシュルーム…1パック(100g)(半分に切る)
・ブロッコリー…½個(175g)(小房に分ける)
・玉ねぎ…¼個(50g)(縦に薄切り)
・生クリーム…1カップ
・塩、こしょう、粗びき黒こしょう…各少々

【作り方】
(1)ボウルに材料を入れる
耐熱ボウルに、鶏肉、マッシュルーム、ブロッコリー、玉ねぎ、生クリームを入れて混ぜる。

(2)レンジ加熱する
ラップを掛けずに電子レンジで10分加熱する。塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、
黒こしょうをふる。

★POINT★
とろみのある生クリームとレンチンすれば鶏胸の水分が流れにくく、しっとり仕上がります。

難しい工程は一切ないので、料理が苦手な人にもおすすめです。忙しい日でもすぐに作れる「電子レンジ鶏胸肉レシピ」、ぜひお試しください。

<教えてくれた人>
藤井恵さん(料理研究家)
シンプルでありながら、センスのいいレシピが大人気。うまみと肉汁がジュワーッとあふれるフライパン&電子レンジレシピを担当。よく作る鶏肉料理は鶏の中国風うまだれレンジ蒸し。

参照:『サンキュ!』3月号とじこみ付録「ジューシーすぎる鶏もも肉vsしっとりすぎる鶏胸肉」より。掲載している情報は19年1月現在のものです。調理/藤井恵 構成/RIKA 取材・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND