じゃがいも×特売肉で「満腹おかず」が完成だ!

2019/04/09

人気常備野菜と特売肉を使って、お得においしいおかずを作りましょう。今回ご紹介するのは、ホクホク感がたまらない「じゃがいも」を使ったレシピ。ボリューム満点で家族も喜んでくれるはずですよ。

ポテトとチキンの揚げマリネ

揚げたての鶏肉とじゃがいもを甘酢に漬けて、香り高い仕上がりに。

【材料(4人分)】
・じゃがいも(皮つきのまま硬めにゆで、4~5等分に切る)…3個
・鶏もも肉(大きめの一口大に切る)…1枚(約300g)
・A(酢大さじ4、しょうゆ大さじ3、砂糖大さじ1、ごま油少々)
・小麦粉…大さじ4
・顆粒鶏ガラスープの素…小さじ1
・塩…少々
・揚げ油、貝割れ菜…各適量

【作り方】
(1)鶏肉、じゃがいもは塩、鶏ガラスープの素をもみ込み、小麦粉をまぶす。
(2)揚げ油を低温に熱し、1を入れて揚げる。
(3)バットにAを混ぜ合わせ、2をあつあつのうちに漬ける。貝割れ菜を散らす。

親子肉じゃが

鶏ひき肉で作る「つくね」がふわふわ♪温泉卵をプラスして、新感覚の肉じゃがの出来上がり。

【材料(4人分)】
・じゃがいも(小。硬めにゆで、皮をむく)…10~12個
・鶏ひき肉…300g
・温泉卵(市販品)…2個
・A(ねぎのみじん切り1本分、ごま油小さじ2、塩小さじ1/3 、こしょう少々、おろししょうが適量)
・B(だし汁2カップ、酒、しょうゆ、みりん各大さじ3、砂糖大さじ1~2)

【作り方】
(1)ボウルに、ひき肉、Aを入れてよく混ぜる。
(2)鍋にBを煮立てて、じゃがいもを煮る。火が通ったら1をスプーンで丸めて落とす。
(3)アクを取りながら弱めの中火で10~15分煮て器に盛り、温泉卵をのせる。

しっかり味でご飯が進みます。どちらも工程3つでパパっと作れるので、忙しい日の晩ご飯におすすめ!

●注意事項
・だし汁は、昆布と削り節や市販のだしパックでとるか、和風だしの素を表示どおりに薄めてお使いください。
・揚げ油の温度 低音(160℃)=乾いた菜箸の先を鍋底に当ててしばらくすると、細かい泡がぽつぽつ出る状態。中温(170℃)=乾いた菜箸の先を鍋底に当てると、細かい泡がシュワシュワと出る状態。IHクッキングヒーターをご使用の場合は、取扱説明書を確認し、指定の油量を必ず守って調理してください。

<教えてくれた人>
井澤由美子さん(料理家)
素材そのものの味を生かしたシンプルでアイデアたっぷりの料理が人気。雑誌、テレビなどで活躍するほか、料理教室や企業へのレシピ開発など、幅広く活躍。

参照:『サンキュ!』4月号「速攻!キャベツ&じゃがいも3行レシピ」より。掲載している情報は19年2月現在のものです。調理/井澤由美子 撮影/鈴木泰介 スタイリスト/中里真理子 構成・文/田久晶子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND