スーパーマーケットで買い物をする女性の手

食費2万円台の人がスーパーでの買い物前に必ずやっていること5

2022/03/18

食費を減らすポイントは【1】安く買ったものを【2】食べ切ること――究極的には、この2点の集約されます。

「【1】安く買う」が実践できるかどうかは、買い物が勝負。食費を2万円台に抑えている人には買い物前にするルーティンがあります。

食事達人が買い物前にする必勝ルーティンについて、全国の主婦を取材してお金に関する記事を数多く手がける村越克子さんが解説します。

『サンキュ!』を中心に雑誌・ムック・webなどで全国の主婦を取材し、家計のやりくりなどお金に関する記事を数多...

>>>村越克子の記事をもっと見る

買い物前にすること1:買い物に行く曜日を決める

カレンダーの日付に鉛筆マーク付きの手
Kwangmoozaa/gettyimages

食費2万円台の人は、「今日は天気化がいいから」とか「今日はヒマだから」など、その日の気分で散歩がてらに買い物に行くことはありません。買い物に行く曜日を決めて、その曜日に行きます。

買い物に行く曜日は、行きつけのスーパーの特売日に合わせているケースが大半。食費2万円台の人はまとめ買いをする人が多いですが、特売日にまとめ買いをして、そのほか牛乳や卵などを途中で買い足します。

買い物前にすること2:買い物に行く前日に冷蔵庫内をほぼ空にする

買い物に行く曜日が決まっているので、その前日には、在庫食材を食べ切って、冷蔵庫内はほぼ空になるようにします。買い物前日の夕飯は鍋もの、お好み焼き、炒め物など、余った食材を投入できるメニューが登場。食べ切ってから買い物に行くようにして食品ロスを回避します。

買い物前にすること3:在庫で作れる献立を考える

買い物前日に冷蔵庫をほぼ空にすることが基本ですが、それでも何かしら残っている場合があります。食費2万円台の人は、買い物に行く前に、使切れずに残ってしまった食材で作れる献立を考えます。在庫期間が長くなっているので、腐らせないために優先的に消費して食品ロスを出しません。

買い物前にすること4:買い物メモを作る

食費2万円台の人は、手ブラでフラリとスーパーに行くことはありません。買い物前には、買い物メモを作成します。「買い物前にすること3」で書いたように、「家にあるもので作れる献立」を考え、その献立を作るのに足りない食材をメモします。

次に、今回の買い物でまかなう日数分のメインおかずをザックリ考えて、それに必要な食材をメモ。最後に調味料などなくなりそうなものをメモします。

牛乳、ヨーグルト、卵、納豆……など毎回、買うモノは頭の中に入っているのでメモしなくても買い忘れません。

買い物前にすること5:行きつけのスーパーをしぼる

食費2万円台の人は、行きつけのスーパーを決めています。行きつけのスーパーは1~2店舗、多くても3店舗。その中から、今日行くスーパーを決めてGO! 

特売品を求めてスーパーをはしごするのは、むか~しの食費節約法。今どきははしごをする時間、労力、車の場合はガソリン代などを考慮すると、手間がかかる割には節約効果が薄いと考えます。



食費節約を成功させるには、まずは「買い物」から。「必要なもの」を「必要な分量」だけ「安く」買うことが決め手です。消費節約達人さんが買い物前にやっていることをぜひ参考にしてみてください。



■執筆/村越克子さん
『サンキュ!』を中心に雑誌・ムック・webなどで全国の主婦を取材し、家計のやりくりなどお金に関する記事を数多く手がける。『貯められない人の家計管理』(朝日新聞出版)の編集・執筆など。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND