キリッとした風味にノックアウト!「鶏肉のゆずこしょうソテー」レシピ

2020/10/28

『サンキュ!』2020年10月号の「別冊:べんとうにもつかえるおかず」より鶏肉のゆずこしょうソテーをご紹介します。

材料(4人分)

鶏もも肉(常温にもどす)…2枚(500g)
青梗菜…3株
薄力粉…小さじ2
オリーブ油…大さじ1

[A]ゆずこしょう…小さじ1 1/2・白ワイン…50ml・しょうゆ…大さじ1

作り方

■調理時間:20分

(1)下ごしらえをする
鶏肉は皮目に薄力粉をはたく。青梗菜は縦に6等分に切り、長さを3等分に切る。

(2)鶏肉の皮目を焼く
フライパンにオリーブ油を入れて弱めの中火で熱し、(1)の鶏肉の皮目を下にして、へらで押しつけながらしっかりと焼き目をつける。

(3)裏面と青梗菜を焼き、味つけする

裏返して弱火にし、フライパンの空いている所に青梗菜を入れて約8分焼き、中まで火を通す。[A]は混ぜておく。中火に戻して[A]を加え、煮立たせながらからめる。鶏肉を食べやすい大きさに切って青梗菜とともに器に盛り、汁をかける。

(熱量307kcal、塩分1.1g)

<メモ>2日間冷蔵保存可能

【Point】

べんとうに入れるときは、青梗菜にはすりごまをまぶす。ごまが汁けを吸うので汁漏れ防止に。

<教えてくれた人>
ワタナベマキさん
料理研究家。旬を味わうシンプルレシピが大人気。多方面で活躍し、べんとう箱の開発も。中学生男子のべんとうを作っている。

お料理を始める前に
●夕ごはん時に作ったおかずをべんとうのおかずにするときは、電子レンジ(揚げものはオーブントースター)で温め直してさましてから、べんとう箱に詰めるようにしてください。
●気温の高い時期は、べんとうがいたみやすいので注意してください。気温25℃以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをおすすめします。

※熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。 
※塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は7.5g未満、女性は6.5g未満です。

参照:『サンキュ!』2020年10月号「別冊:べんとうにもつかえるおかず」より。掲載している情報は2020年8月現在のものです。調理/ワタナベマキ 撮影/野口健志 熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND