「野菜スープ」のおすすめレシピ30選!味つけから具材までアレンジ自在のスープで栄養チャージしよう

2021/09/25

野菜など食材が使い切れず、冷蔵庫に余りがちという人も多いですよね。そんなときは、いろいろ具材を入れられる野菜スープをつくりませんか?今回は、和から洋まで味つけ自在の、野菜スープレシピをご紹介します。

100均アイテム、ファッションアイテム、話題のスポットなどなど。Instagramを始めとしたWEB上で話題...

>>>サンキュ!WEBトレンド班の記事をもっと見る

冷蔵庫にある野菜で!夏野菜のミネストローネ

出典:白ごはん.com

冷蔵庫にある野菜をふんだんに使った具だくさんスープは食べ応え抜群です。夏野菜を使っているので、夏バテ防止にもぴったりなさっぱりした栄養満点スープになります。

新玉ねぎのかつお出汁スープ

出典:白ごはん.com

甘味の強い新タマネギを使った優しい出汁がきいたスープは食欲のないときにもぴったり。味付けもかつお出汁と塩、しょうゆ、オリーブオイルとシンプルなので簡単に作ることができます。

あさりとたけのこのおかず汁

出典:白ごはん.com

あさりの風味とたけのこの食感を楽しめる食べ応え抜群のおかず汁です。たけのこは市販の水煮たけのこを使っているので手間もかかりません。

キュウリのスープ

出典:E・レシピ

あまりスープに使うことがないきゅうりを使ったあっさり味の野菜スープです。家庭菜園などで大きく育ち過ぎたきゅうりも有効活用できるアイデアレシピとなっています。

豆腐と水菜の中華スープ

出典:E・レシピ

豆腐と水菜を使った中華スープは食べ応え抜群なのに低カロリーでダイエットにもぴったりな野菜スープです。比較的安定した値段で購入できる食材ばかりなのでお財布にもやさしいのううれしいポイントです。

サグカレースープの素

出典:E・レシピ

ほうれん草をたっぷり使ったカレースープはスパイスがきいており、体を元気にしてくれるので朝ごはんにもぴったりです。あらかじめスープの素を作っておけば、忙しいときにも水を足して温めるだけなので楽々です。

ミルクスープ

出典:E・レシピ

牛乳と野菜をふんだんにつかったほっこり優しい味わいのスープです。朝ごはんにもぴったりで、残ったスープはリゾットやスープパスタなどにもアレンジできそうです。

カラフルスープ

出典:E・レシピ

パプリカとトマトジュースを使った混ぜるだけの簡単スープです。赤と黄色のパプリカを使うことで色鮮やかで見た目も華やかになり、火を使うことなく簡単に作れるので忙しいときにもぴったりです。

ブロッコリーのスープ

出典:E・レシピ

プロッコリー、ニンジン、プチトマトとビタミンがたっぷりな野菜を具材にすることで体にやさしい健康的なスープになります。サラダにするよりも食べやすくなり、腹持ちもよくなるのでダイエット中の強い味方にもなりそうです。

白身魚とセロリのスープ煮

出典:ふたりごはん

スープの素を使わなくても野菜のだしと魚のだしでしっかりとした味わいになるレシピです。食べ応えのあるスープになっているので、メインのおかずとしても活用できます。

もやしの簡単ごまスープ

出典:白ごはん.com

調理時間5分と、即席感覚でつくれるもやしの簡単ごまスープです。シャキッとしたもやしの食感とごまのやさしい風味が絶品。半端に余ってしまったもやしを消費したいときにもおすすめです。

菜の花の具だくさんスープ

出典:白ごはん.com

菜の花の優しいうま味が染みわたる、菜の花の具だくさんスープのレシピです。だし汁を使わずにベーコンなどの食材をたっぷりと入れて調理。苦みを感じるかたはだし汁を使っても◎。

たっぷり野菜スープ

出典:ふたりごはん

食欲がない日にもおすすめな、野菜と大豆をたっぷり使ったスープです。キャベツや玉ねぎなど身近にある食材でつくることができます。味つけはスープの素と塩こしょうだけで、簡単に仕上がるのも◎。

たっぷり野菜の和風ミネストローネ

出典:白ごはん.com

冷蔵庫の余り野菜を活用できる、たっぷり野菜の和風ミネストローネのレシピです。和風だしベースで和食の献立との相性もバツグン。黄ゆずの皮を刻んで、お吸物の吸い口のように風味をつけるのもおすすめ。

かぶとソーセージのコンソメスープ

出典:つくおき

かぶとソーセージが入った、食べごたえのあるコンソメスープのレシピです。ほっこりと煮えた野菜は、シンプルでありながらもほっと落ち着く優しい味わい。粉チーズや唐辛子パウダーでアレンジしてもいいですよ。

みそで和風に たっぷりきのこのポタージュ

出典:ふたりごはん

きのこのうま味がたっぷりと詰まった、きのこのポタージュのレシピです。隠し味にみそを使い、ほっこりとした和風テイストを楽しめます。きのこをじっくり炒めることがうま味を引き出すポイントです。

ニンジンポタージュ

出典:E・レシピ

少量のお米を加え、とろみをつけたニンジンポタージュのレシピ。体をほっこりと温めてくれる一皿です。よりリッチな風味を味わいたいなら、牛乳や生クリームをプラスするといいですよ。

ミックスベジタブルのミルクスープ

出典:E・レシピ

玉ねぎやベーコンを加えてつくる、ミックスベジタブルのミルクスープ。ベーコンのうま味とバターのコクが相性バツグン。少量のカレー粉も入っているので、野菜が苦手な子どもでも食べやすそうですね。

白菜の春雨たまごスープ

出典:つくおき

白菜と春雨がたっぷり入った、具だくさんな中華風野菜スープ。白菜や卵のうま味が溶けこんだスープがたまりません。白菜は芯を葉よりも細かくカットするのが、時短でやわらかく仕上げるコツです。

春菊の和風スープ

出典:白ごはん.com

個性が強い春菊を和風だしで煮こんで、あっさり飲みやすく仕上げた一品。滋味深い味わいの春菊と、うま味の強いベーコンが絶妙にマッチします。えのきの代わりにささがきごほうを加えると、食感と風味に変化が出せますよ。

丸ごと新玉ねぎとブロッコリーの和風ポトフ

出典:ふたりごはん

丸ごと入った新玉ねぎがインパクト大な、和風のポトフレシピです。スープが染みこんだ、とろとろの新玉ねぎが絶品ですよ。野菜やウインナーから甘みやうま味がたっぷり溶け出すので、少ない調味料で味が決まります。

キャベツ、ベーコン、チーズのコンソメスープ

出典:つくおき

具材はキャベツ、ベーコンだけ。チーズのうま味がたまらない、調理時間10分でつくれるお手軽コンソメスープです。チーズは火を止めてから入れますが、あえて具材といっしょに煮込んで溶かし、スープにとろみをつけるのもおすすめですよ。

夏野菜たっぷり!ラタトゥイユ風トマトスープ

出典:E・レシピ

夏野菜のカラフルな彩りが食欲をそそる、ラタトゥイユ風スープ。パプリカのシャキシャキ感やカボチャのホクホク感、ジューシーなソーセージのコントラストが楽しい一品です。パンをそえれば豪華な朝食やランチメニューになりますね。

パプリカのスパイシースープ

出典:ふたりごはん

トマトジュースを使い、10分程度で仕上がるインド料理のラッサム風パプリカスープです。トマトジュースの酸味と、赤唐辛子のスパイシーさでさっぱりとした味わいに。パンはもちろん、ご飯にもよく合います。

かぼちゃのポタージュ(スープ)

出典:白ごはん.com

かぼちゃと玉ねぎに、牛乳・バターを合わせた4食材でつくるお手軽ポタージュスープ。野菜のうま味や牛乳の甘味が強いので、味つけはシンプルに塩こしょうだけでOK。冷凍保存が可能なので、朝ごはん用などに常備しておくと便利ですよ。

野菜カレークリームスープ

出典:E・レシピ

冷凍のミックスベジタブルを使って、野菜を煮込む手間なしでつくれる、簡単カレークリームスープです。カレー粉のスパイシーさがアクセントになって、野菜やベーコンのうま味、スープのクリーミーな味わいを引き立ててくれます。

長芋のスープ

出典:E・レシピ

体の芯からほっこりと温まる長芋のスープのレシピです。チキンスープの素を使っているので手軽につくることができます。長芋のシャキシャキとした歯ごたえも楽しいですよ。

トマトジュースで白菜のスパイシースープ

出典:楽天レシピ

カレーを作り終えた鍋を活用した、トマトジュースと白菜のスパイシースープ。カレーのお鍋を洗う手間も軽減できる、一石二鳥のアイデアレシピです。トマトジュースがない場合は、トマトを薄切りにして使っても◎。

レンジで時短★まるごとオニオンスープ

出典:楽天レシピ

こちらはコンソメとチーズを使って、濃厚に仕上げた玉ねぎの丸ごとスープです。食べ進めるうちにチーズが溶けて、スープがより味わい深くなります。玉ねぎは電子レンジであらかじめ加熱しておくと、煮込む時間を時短できます。

カラダぽかぽか★白菜のジンジャーコンソメスープ

出典:楽天レシピ

白菜やニンジン、いんげんなど、食べごたえのある野菜をふんだんに使った、ボリューミーなコンソメスープ。しょうが汁がしっかりきいているので、体が芯からぽかぽかになりますよ。最後に加えるパセリが、彩りと風味をアップしてくれます。

野菜スープは余りもの野菜をたっぷり消費できて、食材のうま味を余すことなく味わえるのがいいですよね。味つけや具材をいろいろアレンジできて飽きもこないので、メニューに迷ったときは野菜スープをつくってみてはいかがでしょうか?

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND