手軽につくれる「うどん」おすすめレシピ10選!和風から洋風までバリエーション豊富なメニューをご紹介

2020/12/01

簡単につくれて値段も安いうどんは、時間がないときのごはんにぴったりですよね。でも、味つけがマンネリ化しやすいことも。そこで今回は、和風から洋風まで、アレンジ豊富なうどんのおすすめレシピをご紹介します。

残り野菜でB級グルメ☆うどん餃子

出典:楽天レシピ

大阪府高槻市のご当地グルメ・うどん餃子のレシピ。うどん、野菜、肉、卵がたっぷり入っているので、ボリューミーで食べごたえバツグンです。そのままでもおいしいですが、こってりしたオーロラソースをつけて食べるのもおすすめですよ。

うどん入り茶碗蒸し

出典:E・レシピ

茶碗蒸しにうどんを入れ、満足感をアップさせたアレンジレシピ。卵とだしのやさしい味わいと、うどんのもちもち食感が楽しめます。卵液の塩を少し強めにきかせるのが、おいしくつくるコツです。

サラダうどん

出典:白ごはん.com

野菜をたっぷりのせた、冷たいサラダうどんレシピです。淡白なうどんと野菜に、しょうゆベースの甘味のあるつゆがよく合います。アスパラやブロッコリー、ささみなど、好みの具材を加えてアレンジするのも◎。

モロヘイヤととろろの冷やしうどん

出典:つくおき

モロヘイヤととろろをたっぷりのせた冷やしうどん。温泉卵のねっとり感とダブルのねばねば食感で、食欲がないときでもスルスルと食べられますよ。ほとんどが電子レンジ調理で、極力火を使わずにつくれるのもうれしいポイントです。

野菜たっぷり焼きうどん

出典:つくおき

冷蔵庫の余りもの野菜とお肉をたっぷり加えた、ボリューム満点な焼きうどん。しょうゆとソースの香ばしい味つけとおかかのうま味で、食欲をそそられます。汁気がほとんどないので、お弁当のメインおかずにするのもおすすめです。

釜揚げ&肉汁つけうどん

出典:白ごはん.com

釜揚げうどんを、野菜と肉をたっぷり入れたつけ汁につけて食べるレシピ。うどんによくからむ、野菜と肉のうま味が溶けこんだつけ汁が絶品です。暑い時季はうどんを冷やして、熱々のつゆにつけて食べるのもおいしいですよ。

あんかけ卵うどん

出典:E・レシピ

寒い時季に食べたくなるのが、熱々のあんかけ卵うどん。うどんによくからむ、とろりとしたつゆと卵のうま味となめらかさがたまりません!ショウガがきいているので、体を芯からぽかぽかにしてくれそうですね。

レトルトカレーを使った☆お手軽カレーうどん

出典:楽天レシピ

市販のレトルトカレーを使って15分ほどでつくれる、お手軽カレーうどんです。カレーに具材や味がついているので、あとはめんつゆで味を調えるだけとつくるのも楽ちん!最後に青ネギを散らして、彩りと食感をアップさせましょう。

レンジで、納豆カルボナーラうどん

出典:ふたりごはん

パスタの代わりにうどんを使い、納豆も加えたカルボナーラのアレンジレシピ。チーズと納豆は意外な組み合わせですが、どちらもうま味の強い発酵食品なのでよく合います。しょうゆベースの和風な味つけなので、さっぱり食べられそうですね。

揚げうどんのおやつ

出典:E・レシピ

一口サイズにカットしたうどんを揚げて、スナック菓子風に仕上げた一品。カリカリの食感と、きな粉や抹茶の甘じょっぱい味つけが後ひくおいしさです。好みで七味唐辛子などを加えて、お酒のおつまみにするのもおすすめです。

だしで煮こむだけでなく、揚げたり炒めたりといろいろな調理法が楽しめるうどん。味も和風から洋風、あっさり系からこってり系までバリエーション豊富なので、今日の献立に悩んでいる人は、ぜひうどんレシピに挑戦してみてください!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。
※IHクッキングヒーターをご使用の場合は、説明書を確認し、指定の油量を必ず守って調理してください。
※気温の高い時期はおべんとうが傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをお勧めします。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND