疲労回復効果も期待できる♪豚こまと新玉ねぎのオイスターマヨ炒め

2020/07/06

『サンキュ!』2020年6月号の「特売肉&魚で免疫力UPおかず」より豚こまと新玉ねぎのオイスターマヨ炒めをご紹介します。

材料(4人分)

豚こま切れ肉…500g
新玉ねぎ…2個
貝割れ菜…1パック

[A]塩、こしょう…各少々・酒…大さじ2・片栗粉…小さじ2

[B]オイスターソース…大さじ2・しょうゆ…大さじ1・酒…大さじ3・砂糖…小さじ2

サラダ油…大さじ2
マヨネーズ…大さじ2

作り方

■調理時間:20分

(1)下ごしらえをする
豚肉は[A]をからめて軽くほぐす。玉ねぎは一口大の乱切りにする。[B]は混ぜ合わせる。貝割れ菜は長さ2cmに切る。

(2)玉ねぎを炒め、豚肉を炒める
フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、玉ねぎをさっと炒めて取り出す。続けてサラダ油大さじ1をたし、豚肉を広げて入れ、炒める。

(3)玉ねぎを戻して味つけをする
豚肉の色が変わったら玉ねぎを戻し入れ、[B]を加えて全体にからめる。火を止めてマヨネーズをざっとからめる。器に盛って、貝割れ菜をのせる。
(熱量432kcal、塩分2.2g)

【POINT】

豚肉は切らずに1枚ずつ広げてフライパンに入れてから、炒める。ボリュームのある炒めものになり、香ばしく焼けて、火の通りも早い。

<教えてくれた人>
コウケンテツさん
料理研究家。旅で出合った料理をヒントに生み出されるオリジナルレシピが大人気!1男2女のパパ。夕ごはんは子どもたちと一緒に用意。

※熱量、塩分はそれぞれ1人分で表示しています。 
※塩分の摂取量の成人1人当たりの1日の目安は、男性は8.0g、女性は7.0gです。

参照:『サンキュ!』2020年6月号「特売肉&魚で免疫力UPおかず」より。掲載している情報は2020年4月現在のものです。調理/コウケンテツ 撮影/野口健志 栄養監修、熱量・塩分計算/本城美智子 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND