1. トップ
  2. 家事
  3. 家事のプロに学ぶ!型崩れしないワイシャツのたたみ方&収納方法

家事のプロに学ぶ!型崩れしないワイシャツのたたみ方&収納方法

2018/08/29【 家事 】

CONTENTS

夫が毎日のように着るワイシャツ。枚数が多いと、すべてハンガーに掛けて収納するのはかなり場所を取りますよね。そこで、ワイシャツをしわなくたたんで上手に収納する方法を、暮らしスタイリストの河野真希さんに教えてもらいました。

ワイシャツのたたみ方を解説!

1.ワイシャツのボタンをすべて留めます。

2. 背中側を上にして広げます。

【ここがポイント!】このあと、手順ごとに手でしわをのばしながらたたんでいくと、仕上がりがきれいになります。

3.そでを縫い目に沿って折ります。

4.左右の脇を背中の中央線に合わせて折ります。

5.すそから10〜15cmほど(前側から見ていちばん下のボタンのあたり)のところで上に折ります。

6.そのままさらに二つ折りにし、すそ部分をそで下に折り込みます。

【ここがポイント!】そで部分を折り込むことで、形くずれしにくくなります。無理やり押し込むとしわがつきやすいので、一度折った裾を開いてからていねいに入れましょう。

7.完成です。

【ここがポイント!】ご自宅の収納スペースに応じて、写真のように仕上がりのサイズは変えてみてくださいね。

ワイシャツの収納方法

衣類は収納ケースやたんすの引き出しに立てて収納すると、物の量や種類が把握しやすく取り出しやすいのでおすすめです。ただし、ワイシャツの場合、立たせて収納するために何枚も詰め込むと、圧迫されてしわや形くずれの原因に。

立たせて収納するときは無理に詰め込まず、余裕をもたせるようにしましょう。重ねて収納する場合は、襟を互い違いにして重ねると、厚みが均一となって収納しやすいです。3〜4枚くらいであればしわにもなりにくいですよ。

出張や旅行先に持っていくときは?

出張や冠婚葬祭、旅行など、ワイシャツを持って出かけるとき、やはり心配なのはしわがつくこと。外出先でアイロンを使えないことも考えると、きれいにたたんだ状態のまま持ち運びたいものです。

そこでおすすめなのが、文具店や100円ショップなどで手に入るクリアーケースを活用した収納術。外出先でもパリッとしたワイシャツに袖を通せますよ!

しわが1つもなく、きれいなワイシャツを着ている人は、他人から見ても好印象。今回ご紹介したたたみ方と収納方法、ぜひご自宅でも実践してみてください!

教えてくれたのは・・・河野真希さん
暮らしスタイリスト・一人暮らしアドバイザー・料理家。料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしをつくる、始めるためのライフスタイル提案を行う。流行や思い込みにとらわれずに、無理なく持続可能で快適な自分らしい暮らしづくりを応援。 『料理教室つづくらす食堂』主宰。

■公式サイト:https://www.kawano-maki.net/

■料理教室インスタグラム:https://www.instagram.com/tudukurasu/

取材・文/有馬未央(KIRA KIRA)

衣類のたたみ方記事・リンク集

■【画像・動画で解説】専門家が教える衣類のたたみ方・収納方法

■Tシャツのたたみ方

■女性用シャツ・ブラウスのたたみ方

■靴下のたたみ方

■男女別・種類別パンツ(下着)のたたみ方

■ブラジャーのたたみ方

■ズボン(ジーンズ・ワイドパンツ)のたたみ方

■スカートのたたみ方

■パーカーのたたみ方

■セーターのたたみ方

■浴衣のたたみ方

■タオルの“ホテル風”のたたみ方

■ネクタイ・ベルトの収納方法

■布団のたたみ方・収納方法

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP