1. トップ
  2. 家事
  3. 今すぐ真似したいネクタイ・ベルトの賢い収納術

今すぐ真似したいネクタイ・ベルトの賢い収納術

2018/09/05【 家事 】

CONTENTS

ネクタイやベルト、スカーフなど、長さのあるファッション小物。出し入れがラクで見た目もすっきりと収納できたら理想的ですよね。そこで、暮らしスタイリストの河野真希さんに、おすすめの収納方法を教えてもらいました。

ネクタイ・ベルトはくるくる巻いてボックスに収納

100円ショップなどで手に入るプラスチック製の収納ボックス。ネクタイを巻いて入れると、複数本をまとめて収納可能。見た目も美しく、アイテムがひと目で把握できます。

ベルトも写真のように巻いて収納すると場所を取らずすっきり! これならベルトどうしが絡まり合うこともなく、使うときは目当てのものをサッと取り出せます。

小物用ハンガーに吊せば省スペース&効率的

「巻くのが面倒」「収納ボックスの置き場に困る」という人は、ベルトやネクタイ、スカーフをまとめて掛けられるハンガーを活用しましょう。この方法なら疲れて帰ったあとでも手間をかけずに収納できますし、クローゼットの中で邪魔にならない点もうれしいですね。

ベルトを収納するときは、写真のようにS字フックを掛けて、金具部分を引っ掛けるように収納すると落ちにくく、手に取るときもスムーズです。

毎日使うベルト、ネクタイは「吊す収納」、たまに使うものは「巻いてボックスに収納」など、手持ちの本数やご自宅の収納スペースによって、収納方法を使い分けてもOKです。どちらも今すぐできる収納術なので、ぜひお試しください!

教えてくれたのは・・・河野真希さん
暮らしスタイリスト・一人暮らしアドバイザー・料理家。料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを作る、はじめるためのライフスタイル提案を行う。流行や思い込みにとらわれずに、無理なく持続可能で快適な自分らしい暮らし作りを応援。『料理教室つづくらす食堂』主宰。

■公式サイト

■料理教室インスタグラム

取材・文/有馬未央(KIRA KIRA)

衣類のたたみ方記事・リンク集

■【画像・動画で解説】専門家が教える衣類のたたみ方・収納方法

■Tシャツのたたみ方

■ワイシャツのたたみ方

■女性用シャツ・ブラウスのたたみ方

■靴下のたたみ方

■男女別・種類別パンツ(下着)のたたみ方

■ブラジャーのたたみ方

■ズボン(ジーンズ・ワイドパンツ)のたたみ方

■スカートのたたみ方

■パーカーのたたみ方

■セーターのたたみ方

■浴衣のたたみ方

■タオルの“ホテル風”のたたみ方

■布団のたたみ方・収納方法

関連するキーワード

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP