新鮮なキュウリのスライスの背景に

大量消費にも困らない!「きゅうり」を使ったおすすめのおかず・おつまみレシピ30選

2020/11/13

サラダ、副菜、メイン料理とオールシーンで活躍するきゅうり。野菜のなかでも比較的安価で、ほぼ毎日お世話になっているご家庭も多いのでは。サンキュ!イチオシのきゅうりを使ったおすすめレシピを一気にご紹介します。

手軽に野菜補給。夏野菜のしょうゆ漬け

出典:つくおき

信州の郷土料理である「やたら」を参考にした夏野菜のしょうゆ漬け。冷奴やそうめん、からあげなどにかけるのもおすすめです。手軽に野菜をたっぷり食べられるのがうれしいですね。冷蔵庫につくり置きしてあると重宝しそうです。

田舎味。きゅうりの赤みそ漬け

出典:つくおき

きゅうりを赤みそに漬けた、どこか懐かしい味の漬物。少ない材料で、簡単につくれるのもポイントです。食べるタイミングによって、調味料の染み込み具合の違いを楽しめます。

塩もみきゅうりと錦糸卵の酢の物

出典:白ごはん.com

色鮮やかな黄色と緑のコントラストが美しい酢の物。シャキシャキとしたきゅうりと、ふっくら焼いた錦糸卵の食感の違いを楽しめる一品です。錦糸卵を入れることで味がまろやかになるので、子どもでも食べやすそうですね。

きゅうりとこんにゃくのキンピラ

出典:E・レシピ

きゅうりをきんぴらにするという意外性のあるレシピですが、こんにゃくの歯ごたえときゅうりのシャキシャキ感がクセになる一品。こんにゃくは、味が染み込みやすいつきこんにゃくを使っています。

むね肉の油淋鶏〜サクサクきゅうりだれ〜

出典:楽天レシピ

通常の油淋鶏で使うネギを、きゅうりで代用したアイデアレシピです。食べごたえバツグンの鶏むね肉の唐揚げに、きゅうりだれをかけるとサッパリした味わいに変身。ジューシーなむね肉とサクサクしたきゅうりのハーモニーを楽しめますよ。

夏野菜のミネストローネ

出典:白ごはん.com

角切りの夏野菜がたっぷり入った、胃も心もホッと落ち着くスープです。じゃがいもやにんじんなどの野菜を加えてもOKなので、冷蔵庫の野菜を使い切りたいときにも便利ですよ。

キュウリの冷スープ

出典:E・レシピ

初夏にぴったりのきゅうりの冷製スープ。きゅうりの青臭さを感じさせない、飲みやすい仕上がりになっています。涼しげなガラスの器などに入れれば、パーティーメニューにもぴったりですね。

サラダうどん

出典:白ごはん.com

具だくさんでボリューム満点のサラダうどん。野菜は細長く切ることで、麺やつゆとよく絡んでおいしく食べられます。手早くつくれて野菜もたっぷりとれるので、おうちランチにおすすめです。

定番常備菜。簡単ピクルス

出典:つくおき

切って漬けるだけの簡単調理で完成する、色鮮やかなピクルス。お好みでいろいろなスパイスを加えると、風味が変わっておすすめです。気軽にチャレンジできて、つくった容器でそのまま保存できるのもうれしいポイントですね。

きゅうりとミニトマトのタイ風サラダ

出典:つくおき

いつものキュウリサラダをエスニックにアレンジ。ピーナッツとナンプラーを使うことで、独特の風味がクセになるタイ風の味つけに仕上げています。お好みでパクチーを加えると、より本格的な味わいが楽しめるそうです。

うざく(きゅうりとうなぎの酢の物)

出典:白ごはん.com

日本料理店で出てきそうなイメージのうざくは、うなぎの蒲焼きにきゅうりの酢の物をのせた料理。アツアツのうなぎと冷たいきゅうりの温度差と、味のハーモニーが楽しめます。市販のうなぎの蒲焼きを使えば、手軽につくることができますよ。

ささみときゅうりのミニ春巻き

出典:つくおき

きゅうりを揚げるという、ちょっと珍しいレシピもご紹介します。きゅうりとささみをミニ春巻きにした、おもてなしや家飲みにもぴったりの一品。たくさんつくって、揚げる前の状態で冷凍保存しておくのもおすすめです。

きゅうりのサンドイッチ

出典:白ごはん.com

朝ごはんや小腹がすいたときの軽食にぴったりのサンドイッチ。シンプルな味つけなので、きゅうりの食感や素材そのもののおいしさをたっぷりと味わえます。お好みでハムやゆで卵を追加して、ボリュームアップさせても◎。

きゅうりとタコのブルスケッタ

出典:E・レシピ

こちらは、きゅうりとタコのさっぱり感が魅力的なブルスケッタのレシピ。おしゃれなホームパーティーにも大活躍しそうな華やかメニューです。ワインはもちろん、日本酒との相性もいいそうなので、おつまみに最適です。

冷や汁

出典:白ごはん.com

暑い時期に食べたくなる冷や汁。煮干しを炒ってからすり鉢でこまかくするつくり方もありますが、こちらは自宅にすり鉢がなくてもつくれるお手軽レシピです。翌日でもおいしく食べられるので、多めにつくるのもおすすめですよ。

イクラときゅうりの軍艦巻き

出典:E・レシピ

ノリの代わりにきゅうりを使った軍艦巻きのレシピ。緑と赤のコントラストがとてもキレイで、おもてなしメニューとしても映えそうですね。きゅうりのシャキシャキ食感とイクラのプチプチ感を同時に味わえる一品です。

きゅうりのピリ辛あえ

出典:サンキュ! NEWS

メインおかずが「ガッツリお肉」のときにおすすめの副菜がこちらのレシピ。きゅうりをたたいて割れば、包丁いらずで味もよくしみこみます。ポリ袋にすべての材料を入れてよくもみ、冷蔵室で1時間以上おけばできあがり。

蒸し鶏の豆腐ソース

出典:サンキュ! NEWS

リーズナブルな鶏むね肉は、家計の心強い味方なうえに、低カロリーでダイエットにもおすすめの食材です。きゅうりとトマトを添えれば、彩りもボリュームもバッチリ!豆腐ソースでさっぱりといただけます。

きゅうりとプチトマトのおかかあえ

出典:サンキュ! NEWS

料理研究家・コウケンテツさんに教わった、20分で同時に2品つくれるレシピから、きゅうりとプチトマトのおかかあえをご紹介。きゅうりはたたいて、プチトマトはざっくりちぎるので、包丁いらず!

きゅうりバー

出典:サンキュ! NEWS

きゅうりをしま目にむき、塩をすりつけて2分おいたあと、めんつゆ大2に漬けて冷蔵室で10分。冷えたきゅうりに割り箸を刺せば、きゅうりバーの完成!まるでお祭りの屋台で見かける「冷やしきゅうり」のようで、子どもたちが喜びそうな一品ですね。

豚しゃぶとレンジ蒸しなすのさっぱりきゅうりだれ

出典:サンキュ! NEWS

夏の定番メニューの1つ「豚しゃぶ&蒸しなす」に、甘酸っぱい「きゅうりだれ」を合わせれば、お口も気分もさっぱりさわやかに!夏バテ気味でちょっと食欲が落ちてきたときでも、もりもりイケますよ。

ポテトサラダ

出典:サンキュ! NEWS

伝説の家政婦「すずきよ」さんが教えてくれた、90分で8品できる「つくり置きおかず」から、ポテトサラダ(画像右上)をご紹介。塩ゆでしたじゃがいもを軽くつぶし、塩もみした玉ねぎ、にんじん、きゅうりと混ぜ、粒マスタード、酢、マヨネーズで調味すれば完成。

シャキシャキグリーンサラダ

出典:サンキュ! NEWS

「ゆる糖質オフ」でダイエットをめざすかたにおすすめの副菜が、こちらのレシピ。ドレッシングに使うオイルをオリーブ油にすることで、糖質オフ効果が見込めます。素材の味が楽しめる一品です。

きゅうりと塩昆布をあえるだけ

出典:サンキュ! NEWS

きゅうりが中途半端に余ってしまったら、こちらのレシピはいかがでしょうか。レシピ名どおりり、塩昆布で味つけするだけだから、失敗なし!きゅうりはめん棒でたたいてから切ると、味がなじみやすくなりますよ。

さば缶のキムチあえ

出典:サンキュ! NEWS

「ゆる糖質オフ」レシピのひとつ、さば缶のキムチあえは、あえるだけのボリューム副菜。魚の缶詰は、手軽にたんぱく質をアップできる便利食材。上手に使って糖質オフを叶えましょう。

大根サラダ

出典:サンキュ! NEWS

人気料理ブロガーのてんきち母ちゃんが「ゆる糖質オフ」ダイエット中に、実際につくって食べていたレシピのひとつ、大根サラダ(画像左上)。大根ときゅうりは太めのせん切りにして、噛みごたえを出すのがポイントです。

きゅうりのわさびあえ

出典:サンキュ! NEWS

いそがしい朝のお弁当づくりには、加熱なしの生のままで完成する「火なしおかず」が便利ですよね。必要な材料はきゅうりと調味料だけ。あっという間に一品完成です!

レタスサラダ

出典:サンキュ! NEWS

できれば毎日食べたい生野菜ですが、同じドレッシングが続くと飽きちゃいますよね。そんなときにおすすめしたいのが、こちらのみそマヨドレッシング。生野菜がもりもり食べられますよ!

チーズたたききゅうり

出典:サンキュ! NEWS

きゅうりの「たたき系」レシピは数多くありますが、こちらはチーズを使った一風変わったレシピ。調理方法も、たたきつぶしたきゅうりと調味料を混ぜるだけ。とても簡単なのでチャレンジしやすいですよね。野菜嫌いの子どもも、チーズ風味なら食べてくれるかも!

たたききゅうり×にんにくのつまみサラダ

出典:サンキュ! NEWS

「食と酒と旅」をこよなく愛する料理編集者、ツレヅレハナコさんが教えてくれたのは、中国料理店で出てくる、おつまみきゅうりの再現レシピ。ごま油とにんにくの香りが食欲をそそります。

以上、きゅうりを使ったおすすめのおかず・おつまみレシピをご紹介しました。どれもサンキュ!がイチオシするレシピなので、おいしさは保証します!ぜひ皆さんも、気になるレシピを試してみてくださいね。

※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。
※IHクッキングヒーターをご使用の場合は、説明書を確認し、指定の油量を必ず守って調理してください。
※気温の高い時期はおべんとうが傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをお勧めします。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND