新鮮なキュウリのスライスの背景に

【保存版】きゅうりを使ったおすすめのおかず・おつまみレシピ14選

2020/02/04

サラダ、副菜、メイン料理とオールシーンで活躍するきゅうり。野菜のなかでも比較的安価で、ほぼ毎日お世話になっているご家庭も多いのでは。サンキュ!イチオシのきゅうりを使ったおすすめレシピを一気にご紹介します。

きゅうりのピリ辛あえ

出典:サンキュ! NEWS

メインおかずが「ガッツリお肉」のときにおすすめの副菜がこちらのレシピ。きゅうりをたたいて割れば、包丁いらずで味もよくしみこみます。ポリ袋にすべての材料を入れてよくもみ、冷蔵室で1時間以上おけばできあがり。

蒸し鶏の豆腐ソース

出典:サンキュ! NEWS

リーズナブルな鶏胸肉は、家計の心強い味方なうえに、低カロリーでダイエットにもおすすめの食材です。きゅうりとトマトを添えれば、彩りもボリュームもバッチリ!豆腐ソースでさっぱりといただけます。

きゅうりとプチトマトのおかかあえ

出典:サンキュ! NEWS

料理研究家・コウケンテツさんに教わった、20分で同時に2品つくれるレシピから、きゅうりとプチトマトのおかかあえをご紹介。きゅうりはたたいて、プチトマトはざっくりちぎるので、包丁いらず!

きゅうりバー

出典:サンキュ! NEWS

きゅうりをしま目にむき、塩をすりつけて2分おいたあと、めんつゆ大2に漬けて冷蔵室で10分。冷えたきゅうりに割り箸を刺せば、きゅうりバーの完成!まるでお祭りの屋台で見かける「冷やしきゅうり」のようで、子どもたちが喜びそうな一品ですね。

豚しゃぶとレンジ蒸しなすのさっぱりきゅうりだれ

出典:サンキュ! NEWS

夏の定番メニューの1つ「豚しゃぶ&蒸しなす」に、甘酸っぱい“きゅうりだれ”を合わせれば、お口も気分もさっぱり爽やかに!夏バテ気味でちょっと食欲が落ちてきたときでも、もりもりイケますよ。

ポテトサラダ

出典:サンキュ! NEWS

伝説の家政婦「すずきよ」さんが教えてくれた、90分で8品できる「つくり置きおかず」から、ポテトサラダ(画像右上)をご紹介。塩ゆでしたじゃがいもを軽くつぶし、塩もみした玉ねぎ、にんじん、きゅうりと混ぜ、粒マスタード、酢、マヨネーズで調味すれば完成。

しゃきしゃきグリーンサラダ

出典:サンキュ! NEWS

“ゆる糖質オフ”でダイエットをめざすかたにおすすめの副菜が、こちらのレシピ。ドレッシングに使うオイルをオリーブ油にすることで、糖質オフ効果が見込めます。素材の味が楽しめる一品です。

きゅうりと塩昆布をあえるだけ

出典:サンキュ! NEWS

きゅうりが中途半端に余ってしまったら、こちらのレシピはいかがでしょうか。レシピ名どおりり、塩昆布で味つけするだけだから、失敗なし!きゅうりはめん棒でたたいてから切ると、味がなじみやすくなりますよ。

さば缶のキムチあえ

出典:サンキュ! NEWS

“ゆる糖質オフ”レシピのひとつ、さば缶のキムチあえは、あえるだけのボリューム副菜。魚の缶詰は、手軽にたんぱく質をアップできる便利食材。上手に使って糖質オフを叶えましょう。

大根サラダ

出典:サンキュ! NEWS

人気料理ブロガーのてんきち母ちゃんが“ゆる糖質オフ”ダイエット中に、実際につくって食べていたレシピのひとつ、大根サラダ(画像左上)。大根ときゅうりは太めのせん切りにして、噛みごたえを出すのがポイントです。

きゅうりのわさびあえ

出典:サンキュ! NEWS

いそがしい朝のお弁当づくりには、加熱なしの生のままで完成する「火なしおかず」が便利ですよね。必要な材料はきゅうりと調味料だけ。あっという間に一品完成です!

レタスサラダ

出典:サンキュ! NEWS

できれば毎日食べたい生野菜ですが、同じドレッシングが続くと飽きちゃいますよね。そんなときにおすすめしたいのが、こちらのみそマヨドレッシング。生野菜がもりもり食べられますよ!

チーズたたききゅうり

出典:サンキュ! NEWS

きゅうりの“たたき系”レシピは数多くありますが、こちらはチーズを使った一風変わったレシピ。調理方法も、たたきつぶしたきゅうりと調味料を混ぜるだけ。とても簡単なのでチャレンジしやすいですよね。野菜嫌いの子どもも、チーズ風味なら食べてくれるかも!

たたききゅうり×にんにくのつまみサラダ

出典:サンキュ! NEWS

「食と酒と旅」をこよなく愛する料理編集者、ツレヅレハナコさんが教えてくれたのは、中国料理店で出てくる、おつまみきゅうりの再現レシピ。ごま油とにんにくの香りが食欲をそそります。

以上、きゅうりを使ったおすすめのおかず・おつまみレシピをご紹介しました。どれもサンキュ!がイチオシするレシピなので、おいしさは保証します!ぜひ皆さんも、気になるレシピを試してみてくださいね。

※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND